サブスクリプション

サブスクリプション型のビジネスが注目されている理由とは

この記事では、昨今の社会において、なぜ「サブスクリプション型ビジネス」が注目されているのかについてご紹介しています。

「サブスクリプション」と言えば、「定期購入」や「定額サービス」と言った印象をお持ちの方は多いと思います。

有名どころだと、「Amazonプライム」や「Spotify」などになります。

また、近年では自動車業界も「サブスクリプション型ビズネス」に参入してきていることから、今まさに旬なビジネスモデルでもあると思います。

今回は、そんな「サブスクリプション型ビジネス」がなぜ注目されているのか・今後どのように発展していくのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「サブスクリプション型ビジネス」は日本人の感覚に合ったビジネスだから

日本人なら、一度は通販を利用したことがある方も多いと思います。

何より、日本には昔から通販の定期便や定期購読・郵便局などの頒布会などが広く浸透しています。

ですので、日本人にとって通販は非常に馴染みやすく抵抗の少ないものです。

そこに、近年のネット社会の目覚ましい発展や使い勝手の良さなどから、様々な商品やサービスのIT化が急速に現時点でも発展していっています。

例えば、

シングルCDやアルバムを買わなければ聴くことが出来なかったアーティストの曲を「Amazonプライムミュージック」や「Spotify」などを利用して聴けるようになる
DVDを借りないと観ることが出来なかった映像を「Netfix」などで観ることが出来るようになった

と言ったように、様々なコンテンツやサービスを定額で、しかもネット上で完結出来るサービスを皆が当たり前のように利用していると思います。

つまり、「サブスクリプション型ビジネス」は通販の定期購読や頒布会の延長線上に展開しているビジネスであると言えます。

ですので、日本人にとって抵抗なく馴染んでいき、国内のあらたなビジネスモデルとして浸透していっているのではないかと思います。

これからのサブスクリプション型ビジネスの形

では、これからの時代に「サブスクリプション型ビジネス」はどのように発展していくかというと、まず現時点でも上記で紹介した商品以外も「サブスクリプション型ビジネス」を取り入れている商品はたくさんあります。

例えば、既に始動し始めている「自動車業界」の他にも「化粧品」・「家具・家電」の「サブスクリプション型ビジネス」は存在しています。

また、レンタルサービスのような「コト消費」と言われる「モノ」ではないビジネスも「サブスクリプション型ビジネス」の一つでもあると思います。

例えば、何らかの商品を購入しようと思っても、似たような種類がたくさんあったり、レストランに行けば美味しそうなメニューがたくさんあったりすると、どれを選ぶか迷うと思います。

もちろん選ぶのは楽しいことでもありますが、選びきれずにストレスになってしまうことも少なくありません。

しかし、「サブスクリプション型ビジネス」だと先手でお客様にサービスや商品を提供しているため、お客様が選ぶ手間を省くことができます。

そして、先手を打って商品を提示・提供することが出来るということは、事業者側としても手間を省くことが出来ます。

ですので、事業者側も様々な部分でコストなどを削減することが出来るというメリットも発生するのです。

このように、「サブスクリプション型ビジネス」は日本国内の既存のビジネスに浸透しやすく、事業者側も新たな事業として展開しやすいのも、「サブスクリプション型ビジネス」の特徴だと思います。

そして、日本人が抵抗なく利用していけるのも「サブスクリプション型ビジネス」を急速に発展させていく要因の一つではないかと思います。

ですので、今後はますます「サブスクリプション型ビジネス」の需要は高まるでしょうし、市場規模も拡大していくと思います。

まとめ

今回は、「サブスクリプション型ビジネス」が何故注目されているのか・また今後どのような発展を遂げていくかについてご紹介してきました。

まず、サブスクリプション型ビジネスは日本に昔から浸透している「定期購読・定期販売」や「頒布会」の延長線上にあるビジネスであるため、日本人に馴染みやすく抵抗なく気軽に利用出来る要因になっていると思います。

そして、今後は現段階では想像もしていない「商品」や「サービス」がどんどんサブスクリプション型ビジネスとして発展していくと予想されます。

「サブスクリプション型ビジネス」は、消費者が一定金額を支払うことによって様々なサービスや体験をすることが出来るサービスでもあります。

ですので、商品そのものの価値を越えた「付加価値」がいかに消費者に指示されるかが、「サブスクリプション型ビジネス」を成功させるポイントになるのではないかと思います。

まだまだ、発展していくと予想されている「サブスクリプション型ビジネス」なので、参入を検討しているのでしたら、早め早めの行動を起こした方が良いかもしれません。

まずは気軽に問合せ