サブスクリプション

サブスクリプション導入のカフェとは?

今、急成長をしているビジネスモデルといえば、「サブスクリプション」を思い浮かべる方も多いかと思います。

さまざまな企業が、より多くの利益を求めてサブスクリプションビジネスの導入を始めていることでしょう。

サブスクリプションビジネスは、そもそもデジタルサービスが成功しやすいと言われており、音楽や映像の配信などがメインとされてきましたが、今では非デジタルの場においてもサブスクリプションが用いられていることが多くなってきました。

特に今非デジタルのサブスクリプションとして、注目を集めているものが「飲食店」のサブスクリプションビジネスです。

みなさまは、「サブスクリプションカフェ」を聞いたことがありますか?

たとえばコーヒーが好きな方を考えてみると、コーヒー専門店やカフェでこだわりのある美味しいコーヒーを味わうことが好きな方と、コンビニなどを利用して安くて美味しいコーヒーをテイクアウトすることに利便性を感じる方がいます。

「安くて美味しいコーヒー」がどんどん増えてきており、カフェやコーヒー専門店では顧客を確保し続けることが非常に難しくなってきているので、新たなビジネスモデルが模索されているのです。

そこで発案されたものが、「サブスク導入のカフェ」なのです。

今回は、今増え続けているサブスク導入のカフェについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

自社が運営するカフェをお持ちの方、これからサブスクを導入したカフェを運営したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

システム内容

サブスク導入のカフェのシステム内容は、毎月定められた期間に対する一定の料金を支払うことで、その期間内であればそのカフェ内でのサービスを受けることができるというシステムです。

そのカフェごとにサービス内容は変わってきますが、主にコーヒー飲み放題やサイドメニューのサービスや割引、サブスク利用者専用のコーヒー豆を焙煎した本格コーヒーの用意などがメインとして用いられています。

主に都市部に住まいをおくビジネスパーソンをターゲットとされており、朝の通勤時や会社後のアフターファイブにカフェを利用してもらうことを目的としています。

サブスク設定料金は、月額3,000円から6,000円が平均となっており、店舗ごとに大きな差が見られます。

自社の一杯のコーヒー価格を基に、ユーザーにとってお得に利用できる印象を与えることが重要です。

メリット

サブスク導入のカフェを運営していくことで、得ることができる大きなメリットが二つあります。

一つ目は、収益を安定させることができるということです。

カフェだけでなく、飲食業界全体で考えてみると、どうしても季節によって売り上げを左右されてしまうことがあります。

特に2月や8月といった時期は例年売り上げが低迷してしまう傾向にありますが、サブスクを導入することで、この問題は大きく解決されるでしょう。

定額制であれば、事前に料金を支払ってもらうことができるので、有利でありますし、顧客の来店が不安定な時期であっても、定額制であるからこそ、一定の利用者を見込むことができますよね。

また、来るか来ないか分からない顧客に対しての売り上げ予想をするばかりでは大きな打算を生んでしまいがちですが、サブスク導入後であれば、定額制から売り上げを容易に予想することができますし、サブスク利用の顧客をいかに増やすことができるか、という問題に着目した運営を行うことができます。

二つ目は、サイドメニューの売り上げの増加です。

サブスクならではの相乗効果が期待できるものであり、サブスク利用でコーヒーを注文後、あわせてサイドメニューを購入してもユーザーはお得感を感じることができるので、売り上げの向上を期待することができるでしょう。

なぜ増え続けているのか

サブスク導入カフェは、都市部を中心に年々増加傾向にあります。

なぜ増加し続けているのか、その背景にはコーヒー業界の競争の激化があると言えるでしょう。

少し前であればユーザーは、コーヒーを飲みたい場合は、自宅でインスタントコーヒーや豆を挽いて飲んだり、外出先であればカフェやコーヒー専門店でコーヒーを飲むことが普通でした。

ですが、今ではそれだけでなく、ハンバーガーチェーン店やコンビニエンスストアがコーヒー業界に参入し、「安くて美味しいコーヒー」を提供する時代になってきています。

ユーザーがその格安コーヒーに大きなメリットを感じ、本来コーヒー専門店やカフェの利用者がそういった場所でコーヒーを購入するようになってきました。

こういった市場の変化に、より柔軟に対応するために、サブスク導入のカフェが増えてきているのです。

コーヒー専門店でしか飲むことができない、本格的なコーヒーを安く飲むことができる、ということを利用者に訴えかけることを目的としています。

まとめ

以上、サブスク導入のカフェとは何か、ということについてお話しさせていただきました。

現状は、まだ地方には多く展開しておらず、首都圏に集中して展開を広げているのですが、今後は他のサービス事業の成長と共に、さらに利益を伸ばし続けるサブスクリプションサービスと言えるでしょう。

サブスク導入のカフェの運営を検討されている方は、ぜひ今回お話ししたことを理解して、サブスク導入のカフェを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ