サブスクリプション

車サブスクリプションとカーリースの違いとは

サブスクリプションビジネスにご興味のあるみなさま。

数年前から、日本企業にもサブスクリプションビジネスが浸透しており、デジタル業界を始め、さまざまな分野において、サブスクリプションを導入し成功を納めていますよね。

音楽や動画などのデジタルサブスクリプションは、今ではもうすでにユーザーの生活の一部になっている場合が多く、ビジネスとしては非常に成り立っています。

そして、飲食業界やアパレル業界においては、サブスクリプションを導入し、ノウハウを学んでいる場合であれば、確実に成功することはできていることでしょう。

そして今話題のサブスクリプションと言えば「車」のサブスクリプションではないでしょうか。

車業界にてビジネス展開を検討されている方にとっては、サブスクリプションは非常に気になる分野なのではないでしょうか。

車業界でビジネス展開を行うには、まず企業者自身が知識を得ていなければなりません。

そこで今回は、車サブスクリプションとカーリースの違いについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

注目を浴びている分野だからこそ、しっかりとした知識を得るためにぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

車サブスクリプション

利用者の価値観の変化が追い風となり、車サブスクリプションは徐々にビジネスを拡大させています。

特に欧米では先行してビジネス展開がされており、高級車ラインを中心に、需要が高まって来ており、エリアを限定し、車サブスクリプションビジネスを展開している企業も多くあります。

たとえば、アメリカのアトランタで実験的なサブスクリプションとサービスとして「ポルシェ」が提供されています。

月額料金を支払うことで、ケイマン、ボクスター、マカン、911カレラなどの人気高級車を、自由に好きな回数だけ乗り換えをすることができ、1ヶ月の利用も可能で、解約も自由です。

専用のアプリで車を頼めば、コンシェルジュによってユーザーの希望する場所に届けられ、さらにコンジェルジュがピックアップしてくれるのです。

日本ではトヨタが先行してサブスクリプションを導入し、ユーザーに新しいカーライフを提供していますよね。

ユーザーにとっては、車サブスクリプションサービスを利用することで、新しい車に乗り続けられること、そして初期費用を抑えることができること、保険料や税金も含まれていることがメリットと感じるでしょう。

企業にとってももちろんサブスクリプションビジネスならではのメリットが大きいのですが、サービスの提供方法を間違えてしまえば大幅にコストがかさむ場合があります。

車サブスクリプションとカーリースの違い

車サブスクリプションとカーリースは非常によく似ており、よく間違えられたり、勘違いをして認識される場合が多いのですが、大きな違いがあり、サブスクリプションにはユーザーへのメリットが多くなっています。

違いのメリットに関しては、ユーザー目線で見てみましょう。

1:中途解約

カーリースの場合であれば、リース期間内の契約内容により、月額料金や総額が決まっています。

ですので、基本的には中途解約は認められません。

そして、免許返納や交通事故のなど、ユーザーの理由で中途解約をしなければならない場合には、違約金を請求されてしまいます。

ですが、車サブスクリプションの場合であれば、免許返納や交通事故などの場合でも、それに対応する書類を提出すれば、解約金は不要で途中解約をすることができるのです。

この理由は大きく、「中途解約ができるのならばサブスクリプションを利用しよう」と思うユーザーが増えてきているのです。

2:違約金

上記で説明した通り、免許返納や交通事故、ユーザーが死亡した場合などに加え、海外転勤の場合でも、カーリースであれば違約金や解約金を支払わなければなりません。

ですが、車サブスクリプションであれば急なライフステージの変更にも柔軟に対応しており、海外転勤であっても違約金を支払う必要はありません。

3:任意保険

車を運転する場合、必須となるものが任意保険ですよね。

運転する方は、必ずしも任意保険に入っておくべきだと言われているのですが、カーリースの場合であれば、月額料金には任意保険費用は含まれておらず、月額料金とは別で任意保険費用を支払わなければなりません。

ですが、車サブスクリプションでは、保険料に任意保険が含まれているので、別途で支払う必要はありません。

ですが、等級の引継ぎが出来ない場合がありますので、注意しましょう。

まとめ

以上、車サブスクリプションとカーリースの違いについて、お話させていただきました。

車サブスクリプションとカーリースには非常に大きな違いがあることをお分かりいただけたかと思います。

提供企業は、この違いをメリットとして上手くユーザーに伝え、車サブスクリプションを利用すれば、お得に便利に車を利用することができると思ってもらわなければなりません。

顧客ニーズをしっかり把握し、柔軟に対応できるようなサブスクリプションビジネスを展開してくださいね。

まずは気軽に問合せ