サブスクリプション

サブスクリプションに必要不可欠「キャッシュレス決済」主なサービスとは

今消費者のニーズに的確に応えるサービスである「サブスクリプション」が注目を集めています。

サブスクリプションビジネスを行うことで、従来のビジネスモデルでは叶えることができなかった「安定した収益」を得ることができるようになりますので、非常にメリットが大きいビジネスモデルであると言えるでしょう。

もちろん消費者にとっても、今までの利用方法同じであっても、より便利に安く利用することができるようになりますので、双方にメリットがあるビジネスモデルなのです。

このサブスクリプションと言えば、支払いは主に「キャッシュレス決済」であることがほとんどでしょう。

キャッシュレス決済とは、その名の通りキャッシュ(現金)を使用せずに、クレジットカードや電子マネーなどを用いて支払いを済ませるということですが、これはサブスクリプションには必要不可欠であり、消費者の購買行動にも大きく影響を与えるものなのです。

そこで今回は、サブスクリプションに必要不可欠な、「キャッシュレス決済」の主なサービスについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

キャッシュレス決済サービス

Amazon Pay

Amazon Payとは、日本国内での利用ユーザーがトップクラスであるAmazonが展開しているキャッシュレス決済サービスです。

Amazonにユーザーの住所とクレジットカード情報を登録したアカウントを所有していればすぐに利用することができます。

このAmazon Payは、Amazonのみの利用ではなく、多くのショッピングサイトでの利用が可能であることも特徴ですね。

たとえばAmazonユーザーは、あるサイト内の「支払い方法を選択」などのページでは、Amazon Payを選択し購入ボタンを押せば購入が完了する、というかなりスピーディな対応が叶えられるのです。

つまり、Amazon Payをネットショップサイトに導入することで、莫大な数のAmazonユーザーが便利に支払いを済ませることができるようになるということなのです。

Amazonのアカウントに登録されている情報をもとに支払いを済ませることができますので、新たに情報を入力する手間が省けますので、ユーザーに選ばれやすい決済サービスでしょう。

LINE Pay

月間アクティブユーザー8,400万人以上を誇るLINEが展開する、キャッシュレス決済サービスLINE Payは、コンビニや銀行口座でお金をチャージして利用することができます。

LINE Payを利用するには、アプリケーションをインストールし、新規登録をするだけですぐ利用することができますし、LINEの友達同士であれば、お金を送金し合うこともできることが特徴ですね。

特にLINEは10代~30代の方であれば、ほぼ全員が活用していると思われるコミュニケーションツールでありますので、若いユーザーに選ばれやすい傾向があるでしょう。

キャッシュレス決済サービスを利用するメリット

サブスクリプションビジネスは、オンライン上での取引が多いのですが、今では実店舗でもどんどん導入されているため、決済手段をどうすれば良いのか迷われることもあるかと思います。

ですが、キャッシュレス決済サービスを利用することで、決済のミスが減ること、管理コストが減ること、お金の流れを把握することができることこそ、最大のメリットと言えるでしょう。

キャッシュレス決済サービスでは、人為的ミスを避けることができますので、ミスや損失を最低限に抑えることができますし、お金がどこからどこに流れているのか、ということが記録に残りますので、間違いなく把握することができますし、ユーザーも安心して利用することができるでしょう。

政府も支払い方改革宣言を発表しているため、今後はさらにキャッシュレス決済サービスを利用するユーザーが多くなってくることが予想されています。

マーケティング戦略としても無視することができないので、ビジネスに与える影響も非常に大きいと考えられるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションに必要不可欠な「キャッシュレス決済」の主なサービスをご紹介させていただきました。

今回は特に日本でも利用者が多い「Amazon」と「LINE」を紹介させていただきましたが、これらの他にも「Apple Pay」や「楽天Edy」など、さまざまなキャッシュレス決済サービスが存在します。

それぞれが異なった強みを持っていますし、ユーザーが好むキャッシュレス決済サービスも異なりますので、自社が提供する商品やサービス、そして主な利用ユーザーを的確に把握して、自社にとって最適なキャッシュレス決済サービスを導入してくださいね。

まずは気軽に問合せ