サブスクリプション

サブスクリプションでクラウド型請求管理システムを活用するメリット

サブスクリプションでクラウド型請求管理システムを活用する4つのメリット

サブスクリプションビジネスと言えば、今ビジネス業界に新たな風を吹かせる、非常に人気のビジネスモデルです。

従来の売り切り型ビジネスとは違い、企業が顧客に対し商品やサービスを利用するための「権利」を売り、顧客は利用するための権利を購入することで、モノやサービスを購入し所有するよりも、はるかにお得に利用することができるのです。

もちろん、このビジネスモデルには企業にとっても大きなメリットがあり、継続型従量課金制であるため、安定的に収益を得ることができるのです。

ですので、サブスクリプションサービスの導入を検討する企業も多いことでしょう。

基本的にサブスクリプションビジネスは、特に労力を使う必要が無いことも魅力的なポイントなのですが、サブスクリプションだからこそ、売掛金の請求業務に多大な労力を費やさなくてはならない場合があるのです。

もちろん、請求管理はExcelにて管理することも可能なのですが、ビジネスの拡大に応じて契約件数が増えると、Excelでの管理は非常に困難になってしまいます。

そんな時におすすめの方法が、「クラウド型請求管理システム」を導入することなのです。

そこで今回は、サブスクリプションでクラウド型請求管理システムを活用する4つのメリットをご紹介していきたいと思います。

今後自社ビジネスに、サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

メリット1:人手不足を解消し、コストの削減に繋がる

まず第一のメリットとしては、人手不足を解消し、コストの削減に繋がることが挙げられます。

サブスクリプションでは、売り切り型ビジネスとは違い、顧客の数が比較的増加しやすく、増加スピードが早いことが特徴です。

ビジネスの拡大期になると、どうしても「人手不足」という問題が生じてしまうことでしょう。

ですが、クラウド型請求管理システムを活用することで、顧客数に左右されることのないビジネス体制が整いますので、一定のスタッフ人数に加え、システム料金や人件費は初期に定めたコストで対応することが可能なのです。

メリット2:負担が軽減される

二つ目のメリットとしては、クラウド型請求管理システムを活用することで、人のミスがなくなりますので、結果的に負担が軽減されることです。

サブスクリプションであれば特に、請求管理はかなり複雑であり、大変なことですよね。

顧客数や提供サービスの増加につれて、業務が増えてきますので、もちろん人的ミスも多くなってしまいます。

企業にとっての人的ミスは、非常に大きな損失になってしまいますし、そのミスのフォローから担当者の疲弊に繋がってしまい、悪循環を生み出してしまいます。

システムを導入し、活用することで人的ミスがなくなりますので、スタッフの負担が軽減されるのです。

メリット3:締め処理に活用することができる

クラウド型請求管理システムにて得た請求データは、そのまま締め処理に活用することができるという点も、メリットでしょう。

もちろん、絶対に同じデータを用いる必要はありませんが、自社で得た確実なデータを活用することで、必要データの作成はもちろん、請求金額の算出までシステム上で行うことができるようになるのです。

この流れを用いれば、より効率的なオペレーションが可能になりますし、締め処理に関しても自動化にすることができるので、請求業務全体にかかる労力が非常に少なくなるでしょう。

さらに、そのシステムに自動でアラート送信機能を導入することで、請求漏れを防ぐこともできるのです。

メリット4:他部署と連携ができる

クラウド型請求管理システムを導入することで、企業内の他部署との連携が可能になります。

自由なカスタマイズで、柔軟性が高いシステムを導入することで、請求管理はもちろんですが、サービス管理業務や顧客管理業務に追う様することができます。

特に良い点は、カスタマーサポートと連携することで、顧客のニーズをしっかり捉え、的確に踏まえたサービスの提供ができるようになりますよね。

これはサブスクリプションビジネスにおいて、非常に重要なポイントであり、売り上げ向上に大きく繋がる可能性があるのです。

他部署との連携を図ることで、より良いサービスの提供に繋がりますし、最終的にロイヤルカスタマーの育成にも繋がるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションでクラウド型請求管理システムを活用する4つのメリットをご紹介させていただきました。

クラウド型請求管理システムは、請求業務だけでなく、経理業務などのさまざまな業務の自動化機能を備えられたものもありますので、業務効率化を実現することができるのです。

このようなメリットをしっかり踏まえ、サブスクリプションビジネスを成功に導くためにもぜひ、クラウド型請求管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ