サブスクリプション

サブスク3.0とは?1.0、2.0との違いを解説!

サブスクリプションは、近年急成長しているビジネスモデルであり、一般的には定額制のモデルとして広く知られています。

しかし、このサブスクは日に日に進化し、今やいくつもの種類に分かれており、サブスク1.0.サブスク2.0、サブスク3.0と言ったように分類されています。

そして、現在この中のサブスク3.0が高い注目を集めているのです。

そこで今回の記事では、サブスク3.0について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションの分類

サブスクリプションは、定められた料金を支払うことにより、商品やサービスを利用できる権利を得ることができると言う仕組みのビジネスモデルです。

このビジネスモデルは、近年急速に成長し、現在では消費者の日常の生活に定着しつつあります。

さらにこのビジネスモデルは、日に日に進化しており、今では複数の種類の仕組みが誕生しています。

一般的には、定額制の仕組みとして知られていますが、実際には、様々な種類があるのです。

上記のように、サブスクリプションには、複数の種類が存在し、基本的には、サブスク1.0、2.0、3.0と言うように分類することができます。

サブスク1.0とは、
商品を購入することに対して定められた料金を支払うサービスであり、サブスクと言う名前が認知される以前から広く普及していた仕組みのことを指します。

代表的なものに、新聞の定期購読、配達牛乳などがあり、これらは消費者が一度を利用したことのある古くから親しまれている仕組みです。

サブスク2.0とは、
商品やサービスを利用することに対して定められた料金を支払うサービスであり、サブスクの名前が広まるきっかけとなったデジタル配信サービスが主なサービスとなります。

このデジタル配信サービスとは、ソフトウェア配信、動画配信、音楽配信、電子書籍などのことを指しており、これは、サブスク1.0とは異なり、購入するのではなく利用する権利を得るサービスとなっています。

サブスク3.0とは、
消費者それぞれの嗜好や関心に合わせた商品やサービスを購入することに対して定められた料金を支払うサービスであり、
消費者一人一人のニーズに合わせたサービスを提供する仕組みになります。

消費者の利用履歴や個人情報などデータを収集、解析し、消費者が求めるサービスを導き出すのです。

このサービスは、現在最も注目を集めており、今後さらなる進化が期待できます。

今後はサブスク3.0が中心となる!

サブスクは、以上のように分類することができます。

サブスク1.0は、
昔から行われ誰もが知っている仕組みのことを指しています。

サブスク2.0は、
現在最も一般的に知られているサブスクの仕組みであり、所謂定額制使い放題のサービスを指しています。

ここ数年の間に急激に広まっているのは、このサブスク2.0のことであり、現在でも高い支持を得ています。

サブスク3.0は、
最近広まりつつあり消費者の注目も高くなっている仕組みです。

このサブスク3.0が注目されるのは、サブスク1.0やサブスク2.0とは異なり、
消費者の好みが如実にサービスに反映されるからです。

現代では消費者のニーズが多様化しており、消費者は一律に同じサービスが提供される事を求めなくなっています。

サブスク2.0は、消費者が選択しやすいサービスをいくつか用意し、その中から消費者が好みに近いものを選択していくサービスです。

しかし、消費者は自分の好みに近いものではなく、好みに合った自身のためだけに用意されたサービスを求めているのです。

そして、それを提供することができるのがサブスク3.0なのです。

現在、広く普及しているのはサブスク2.0ですが、今後はこのサブスク3.0がサブスクの中心的なサービスとなっていくものと思われます。

現在の日本は、以前のようにはモノが売れなくなってきています。

年々少子高齢化が進み、人口が減少していくわけですから、今後さらモノは売れなくなります。

また、今後消費の中心となる若い世代が、消費にあまり積極的でないことも、モノが売れなくなっている一因です。

この世代は、モノを所有するよりも利用することを好み、より自身のニーズに即したサービスを好む傾向が強いのです。

これらの世代に対し、従来の方法で対応しようとしても効果は得ることはできません。

そこで登場したのがこのサブスクと言うビジネスなのです。

そして、このサブスクは時代に合わせて進化していくビジネスでもあります。

サブスクは、利用者とのコミュニケーションを重視し、データを活用するビジネスです。

利用者とのコミュニケーションによりデータを蓄積させ、そのデータを最適なサービスの提供のために利用するのです。

この特徴が、現代の消費者のニーズに合致し、消費者に受け入れられているのです。

そして、その特徴を最大限に活用しているのが、サブスク3.0なのです。

このような理由から、サブスク3.0は、今後広く普及していくと考えられているのです。

まとめ

サブスクリプションは、定額制の仕組みとして知られていますが、実際には、今回説明したように、いくつかの仕組みに分かれているのです。

そして、その中でも現在最も注目されているのが、サブスク3.0と呼ばれるサービスです。

現在広く普及しているのは、サブスク2.0ですが、今後はサブスク3.0がサブスクビジネスの主流となっていくのです。

まずは気軽に問合せ