サブスクリプション

サブスクリプションコマースに必要な手法と仕組みとは

今どの業界においても注目すべきビジネスモデルと言えば、サブスクリプションコマースが挙げられます。

サブスクリプションコマースは、顧客が毎月一定の利用料金を支払うことで、その企業が提供するサービスや商品を自由に利用することができる、継続課金システムです。

サブスクリプションとしてのサービスや商品の提供方法は、本来デジタル業界で非常に大きな成功を納めましたので、デジタル商材こそサブスクリプションにふさわしいと考えられてきましたが、特に最近ではデジタル業界以外の業界であってもサブスクリプションの余波が広がり、成功している企業が多くなってきていることから、どの事業者においてもビジネスチャンスがあると言えるのです。

もちろん、新たなビジネスモデルであるからこそ、十分なノウハウが蓄積されていなければ、撤退せざるうを得ない状況になってしまいますので、確実に成功へと進むように、サブスクリプションコマースについての理解を深めなければなりません。

そこで今回は、サブスクリプションコマースに必要な手法と仕組みについて、詳しくお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている企業の方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

手法1:既存定期通販の強化

まず第一のサブスクリプションコマースの手法としては、既存定期通販の強化が挙げられます。

従来の定期通販であれば、期間を定め定期的に顧客が購入した同じ商品を定められた数だけ配送することが普通でしたが、今インターネット上ではサービスが多様化しているため、従来の方法では新規顧客獲得の難易度が上がってしまいます。

ですので、サブスクリプションコマースとしてこの既存定期通販を強化することは、非常に重要なポイントであり、それを叶えるためには顧客満足度を高めるための工夫と努力が必要なのです。

コンテンツのオプションやサービスをより充実させたり、新しい付加価値を付けると有効的ですね。

定期通販だけではどうしても商品がパターン化しやすいという課題がありますので、顧客に飽きられないための工夫を凝らすことで、リピート化を促進することができます。

手法2:シェリングエコノミー

サブスクリプションコマースの手法として、シェアリングエコノミーの導入もひとつでしょう。

シェアリングエコノミーとは、乗り物や場所において、誰かが所有しているモノをインターネットを経由して貸し借り、もしくは交換をするサービスです。

たとえばオフィスの会議室、クルマなどのシェアが可能であれば、どんな商材でもシェアリングエコノミーとして応用することができます。

このシェアリングエコノミーは、顧客にとって、好きな時に好きなものを定額で気軽に利用することができる、インターネットを通じてさまざまな情報が共有できる、必要なときにだけ利用できる、初期費用や維持費がかからない、というメリットが多いサービスなのです。

提供する側に非常に柔軟な対応が求められますので、そういった仕組みを作ることで、販促と顧客獲得に繋がるのです。

手法3:リテンションマーケティング

リテンションマーケティングとは、顧客維持や顧客保持に特化したマーケティングです。

今既にビジネスを行われている方は、すでにリテンションマーケティングを行っている方が多いかと思いますが、それをより強化することが重要です。

サブスクリプションコマースでは、いかに長く顧客との良好な関係を築くことができるか、ということが、企業にとって安定した収益を得るために重要になってきますので、既存顧客に飽きられない工夫が必要なのです。

新規顧客獲得には膨大なコストが必要になりますが、既存顧客の維持はコストとして考えても非常にメリットが大きいので、まずはどうすればリピート率が向上するか、ということを考えていきましょう。

コンテンツ内容を強化、増強する、もしくはオリジナル商品やサービスの提供する、商品の付加価値を高める、といった取り組みがリピート率を向上するポイントになるでしょう。

サブスクリプションコマースに必要な仕組み

サブスクリプションコマースでは、ネット通販の枠組みに合ったビジネスを行わなければなりませんので、ビジネスを円滑に行うための仕組みが必要になります。

より効率良く、サブスクリプションコマースを行うためにも、ネットショップサイトを構築するためのツール、そしてアクセス解析、分析ツールなどは必須になるでしょう。

このようなツールを有効活用し、ページ内でユーザーがのどのような行動をしているのかを見ることで、サイト自体の改善点が明確になります。

そして、サブスクリプションコマースを行うのであれば、今までのビジネスとは比べものにならないほどの詳細な顧客データを得ることができますので、それらを管理するためのCRMツール、MAツールが必要でしょう。

そして決済の仕方も簡単であることが重要ですので、顧客がスムーズに決済ができるツールも必要になってきます。

このように、サブスクリプションコマースの土台となる仕組みを明確に設置することが重要なのです。

まとめ

以上、サブスクリプションコマースに必要な手法と仕組みについてお話しさせていただきました。

サブスクリプションコマースの手法や仕組みはさまざまなあり、その多様性が魅力的なビジネスモデルですが、これらの手法を正しく理解していなければ、有効活用をすることは難しいのです。

まずはこれらの手法と仕組みを明確に理解することから始めてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ