サブスクリプション

サブスクを軽視する企業は生き残れない?!

サブスクリプションビジネスは、近年新しいビジネスモデルとして急速に成長し、あらゆる分野に普及しています。

現在では、多くの企業がこのビジネスモデルに注目し、新たなビジネスを展開しているのです。

今後もこのサブスクの流れは続いていくと予想されており、生き残っていくためには、この流れに乗ることが重要と考えられています。

しかし、中には新しいビジネスへの転換をためらう企業も多くあるのです。

そこで今回の記事では、サブスクビジネスを軽視する企業のこれからについて説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクビジネスが普及した理由

サブスクリプションビジネスは、一時の流行とは言えないほど広く普及し、消費者の生活に定着しつつあります。

その背景には、消費者の消費活動やニーズが大きく変化したことがあります。

これまで、消費者はお金を支払うことで、商品を購入し、それを所有することが当たり前となっていました。

しかし、この所有するということに現代の消費者は関心を持たなくなっているのです。

これまでの所有するのが当然という考えが、必要な時に利用すれば良いという合理的な考えへと変化しているのです。

この変化を分かりやすく説明すると、従来であれば、消費者が音楽を聴きたいときには、音楽CDを購入し、それを所有するのが一般的となっていました。

しかし、現在では音楽を聞くためには配信サービスを利用し、好きな時に聴くことが一般的となっています。

若い世代の中には、音楽CDの存在自体を知らないという人もおり、音楽に関わる世界は大きく変化しているのです。

そして、この音楽CDを知らない世代は、今後消費の中心となっていく世代でもあります。

つまり、これからのビジネスは、この必要な時に利用すれば良いと考える世代のニーズに合わせて変化していかなければならないのです。

そして、このニーズに即したビジネスと言うのが、サブスクビジネスであり、今後ビジネスの中心となっていくと考えられているのです。

このように、既にビジネスはサブスクビジネスを中心として動いており、サブスクビジネスを導入していない企業であっても、このビジネスを無視することはできなくなっていると言うのが現状なのです。

現在も、サブスクビジネスを導入する企業は増え続けてはいますが、中にはサブスクビジネスを一時のものと軽視し、従来のビジネスに固執しているケースも多くみられます。

しかし、既に消費者は従来のビジネスから離れており、現代の消費者が求めているものを提供できなくてはビジネスとして成立しなくなってきています。

例えば、小売業界であれば、いまだに、質の良い商品を取り扱っていれば売れると考えているところも多いようですが、質の良い商品など、国内の市場には溢れかえるほど存在しているのです。

それでも、商品が売れなくなってしまっているがために、新たなビジネスモデルが必要とされているのであり、商品の質が良いだけでは何の売りにもならないのです。

日本は、そもそも製造業の盛んな国であり、商品の質は優れています。

日本の消費者は商品の質の良さに慣れており、質が良いのは前提となっている傾向があるのです。

そのため、これからのビジネスでは、商品の質の良さにさらに付加価値をもたせなくては、消費者の支持を得ることはできないのです。

この付加価値というのが、サービスの利便性の高さであったり、商品やサービスによって得られる良質な体験なのです。

そして、商品やサービスの質とともに、これらを提供することができるのがサブスクビジネスなのです。

これからの時代を生き抜くビジネスとは?

また、サブスクビジネスを導入していない企業の中には、サブスクに関心はあっても、業種から導入が難しいと考えているケースもあるようです。

しかし、サブスクビジネスは、向き不向きはあるとされていますが、導入できない業種はないと言われているのです。

確かに、サブスク向きの業種は存在します。

サブスクビジネスの代表的なサービスである配信サービスは、サブスクビジネスが飛躍したきっかけであり、サブスクの特性を最も活かせるサービスです。

このサービスがサブスクに向いているのは、デジタルを活用したサービスであるため、顧客が何人増えたとしても、コストが増えないという点です。

また、デジタルを活用することで、顧客データの収集が容易となり、それをサービスに最大限に活かせるという点もサブスクに適しています。

それゆえに、この配信サービスは、サブスクビジネスの中でも特に消費者の支持を得ることができており、それを維持することができているのです。

一方、飲食店などの店舗型のビジネスがサブスクを導入する場合、顧客が増えれば、その分コストも増えてしまいます。

この点から言えば、飲食店はサブスクに不向きと言えますが、これまで簡単に入手することができなかった顧客データの収集は可能となりますし、それを利用して新たなサービスを提供することができるようになるのです。

これは、飲食店にとっては大きなメリットであり、サブスクを導入する大きな意味があるのです。

飲食店に限らず、サブスクに不向きのように思われている業種であっても、工夫次第でサブスクを導入することは可能であり、その恩恵を享受することはできるのです。

この努力を怠り、サブスクを導入しないのであれば、それらの企業は、現在最も重要となる消費者を囲い込む手段を失うことになるのです。

これからのビジネスでは、サブスクビジネスの導入によって、消費者をどれだけ囲い込むことができるかが重要であり、それができない企業は、生き残ることが困難となるのです。

まとめ

現在では、多くの企業がサブスクビジネスを導入し、日々様々なサービスが登場しています。

サブスクを導入していない企業の多くも、サブスクへの関心を高めており、今後も続々とサブスクを導入する企業が増えると考えらています。

しかし、中には従来のビジネスにこだわり、サブスクを軽視する企業もあるのです。

これらの企業は、サブスクビジネスは一時の流行と考えているようですが、このビジネスは流行で終わるようなビジネスではないのです。

それを理解せず、サブスクビジネスを軽く考えている企業は、これからの時代を生き抜いていくことは困難と言えるのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ