単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクリプション競合と差をつけるための、競合分析の方法

従来主流であった売り切り型ビジネスとは異なり、今の時代はサブスクリプションビジネスが多く展開されています。

企業がサブスクリプションビジネスを展開することで、新規参入壁を下げることができますし、安定して継続的な売り上げを確保することができるでしょう。

また、利用ユーザーの趣味嗜好やライフスタイルに関するデータをリアルタイムで細かく得ることができますので、そのデータを元にサービスの改善を行い、利用ユーザーにより良いサービスを提供することもできるのです。

サブスクリプションビジネスはメリットが非常に多くあり、どの業種でも導入することができることから、今大手企業をはじめ、多くの企業がサブスクリプションビジネスを開始しているのです。

ですが、サブスクリプションビジネスを行う企業が多くなったことと、ユーザーはインターネットで簡単に自分が欲しい情報を得ることができるようになっていますので、何かの決断に対しさまざまな情報を検討し、比較することができるようになっていますので、どうしても「競合」が現れ、その競合との比較に勝たなければ、ビジネスが成功する可能性は低くなってしまうのです。

そこで今回は、サブスクリプション競合企業と差をつけるための、競合分析の方法をお教えしていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

なぜ競合状況を把握しなければならないのか

前述した通り、今の時代はある一定以上の年齢になれば、ひとり一台のモバイル端末は当たり前です。

このモバイル端末の普及にともない、インターネットの利用環境が整ったことで、ユーザーは欲しい情報を欲しいときに得ることができるようになっているのです。

さらにサブスクリプションビジネスは、今後もさらに拡大することが予想されるビジネスモデルであるからこそ、サブスクリプションビジネスを成功させるためには、ユーザーが競合他社と自社を比較した際に、その競合他社に勝てるような企業でなければなりません。

そのためには「競合分析ツール」を利用し、競合状況の把握を行い、自社の強みや弱みを正確に理解し、そして強みを伸ばしながら弱い部分を改善していく必要があるのです。

ユーザーを取り巻く環境は日々変わっているからこそ、競合も常に変化していることを理解する必要があるのです。

ターゲットを把握する

競合分析を進めるには、まずターゲットとなるユーザーを把握しなければなりません。

「自社商品やサービスを購入してくれるユーザー」と「競合他社」をターゲットとして考えましょう。

まずは自社の商品やサービスを利用するユーザーはどのような人物が対象となっているのか、これが明確になっていない場合は、競合分析が的外れなものなってしまう場合があります。

他社を知るにはまず自社を知ることが重要であり、自社サイトには年齢層や性別、職業などの顧客属性を調査した上で、ユーザーはどのようなルートで流入し、どのようなキーワードを検索しているのか、ユーザーは何を求めているのか、どのようなニーズを持っているのか、などまずは自社の商品やサービスを利用するターゲットユーザーを設定しましょう。

そしてそのユーザーに対する競合他社を選定しなければなりません。

自社と競合となる他社は、必ずしも同じ業種で同じ規模であるとは限りません。

ユーザーは知りたいキーワードを検索した際に、そのキーワードに合った結果が表示されますよね。

その結果には思いもしないような業種のサイトが上位結果に現れたり、SEO対策をしっかり行っている企業のサイトが現れることがあります。

つまり、自社サイトに流入が多いキーワードで検索した際に検索エンジンの上位に表示されるサイトを運営している企業こそ、自社のインターネット上での競合となるのです。

集客方法を調査する

競合他社サイトがどのような集客方法で人を集めているのか、ということを調査する必要があります。

自社サイトの顧客分析と同じように、どのような人がどれくらい訪問し、アクセス数はどれくらいなのか、訪問者属性や平均滞在時間はどれくらいで、どのような経路で流入しているのか、ということを調べ、強豪他社の状況を把握していきます。

競合他社にはどれくらいのアクセス数があるのかを把握することで、自社サイトと比較し競合他社と格段の差があるのであれば、自社では取りこぼしが多くなっていることが分かりますよね。

また、滞在時間が長ければユーザーにとって非常に魅力的なサイトであることが分かるでしょう。

また、流入経路に関しては、SNSや広告、外部サイトなど、どの経路からどれくらい集客出来ているのかが分かります。

SEO対策に関しても、競合企業はどれくらいSEO対策に注力しているのか、どのキーワードが上位表示に成功しているのか、競合企業とかぶらないキーワードは何なのかということが分かります。

これらを目的に応じて細かく調査していきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプション競合企業と差をつけるための、競合分析の方法をご紹介させていただきました。

競合分析を始めた後は、定期的にデータを分析し、自社と競合他社のデータの変化を分析し続けることで、変化やトラブルに気付きやすく他社のアップデートのタイミングにも気付くことができるのです。

ぜひこれらを参考に、自社サブスクリプションビジネスの競合他社分析を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ