サブスクリプション

サブスクリプション運営者必見!自社の強みと弱みがわかる競合分析ツール

今世の中に定着しつつあるビジネスモデルといえば「サブスクリプション」ですよね。

従来までの商品販売であれば、商品やサービスを買い取ることが主流でありましたが、時代とともに消費者の価値観に変化が見られ、今はモノを購入して所有するよりも、モノを利用することに価値を感じるようになってきているのです。

企業にとってもサブスクリプションを展開することで、安定した収益を得ることができますし、顧客にとっても低価格で利便性が高いので、双方にとってメリットが大きいビジネスモデルと言えるでしょう。

サブスクリプションビジネスを展開する上では、商品やサービスの改善のための施策を考案するために、自社と競合他社とを比較して自社の強みと弱みというものを知っておくべきだと考えられます。

アクセス解析やWebサイトの改善において、競合サイトを分析することはかなり重要なことなのです。

そこで今回は、自社の強みと弱みがわかる競合分析ツールをご紹介したいと思います。

どれも簡単に利用することができ、利便性の高いツールですので、サブスクリプション運用者の方は必見ですよ。

ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Similar Web(シミラーウェブ)

Similar Webは競合分析ツールとしてかなり知名度が高く、多くの方に利用されているツールですよね。

「Similar=似ている」という意味を持っており、自社サイトと似ている業界や業種のWebサイトのデータを蓄積しています。

Similar Webを利用することで、自社サイトと競合を比較し、何が良くて何が悪いのか、ということを知ることができるのです。

Webサイトの競合比較分析を行うのであれば、今は必須のツールともいえるでしょう。

eMark+

eMark+の競合分析ツールは、約20万人のモニターから成る消費者パネルを保有していることが特徴です。

自社Webサイトと競合Webサイトを比較することはもちろん、消費者のパネルデータによってどのような人がWebサイトを利用しているのか、ということが詳しく分かるようになっているのです。

さらにeMark+独自の強みと言えば、Webサイトの一部のユーザーに関してパネルデータに基づいて詳細かつ正確な属性データを知ることができることでしょう。

有料版は月額10万円からですが、一部の機能は無料トライアルとして利用することができますので、まずはお試しとして試してみてくださいね。

SEOチェキ

SEOチェキは、WebサイトのSEO対策の分析に役に立つ競合分析ツールです。

自社サイトや競合サイトのタイトル、概要、内部リンクと外部リンクの数、検索エンジンのインデックス数、SNSブックマーク数、キーワードの出現数など、SEO対策において必要となる情報を数多く取得することができるのです。

競合企業が行っているSEO対策をすべて把握することができますので、もしSEO対策に力を入れているWebサイトを運用している場合は使うべきでしょう。

利用方法に関しても、分析したい競合WebサイトのURLを入力するだけですので、誰でも非常に簡単にその場で欲しい情報を得ることができ、さらに完全無料で利用できることが嬉しいポイントですね。

検索順位チェックツールGRC

検索順位チェックツールGRCは、その名の通り検索順位の動きをモニタリングすることができ、それに特化したツールになります。

複数のURLとキーワードを登録することができ、ボタン一つだけでそれらの検索画面における検索順位が表示されます。

スケジュールを指定することで自動でデータ取得をしてくれる機能も備わっていますので、毎日同じ時刻を設定することで、毎日検索順位の変動を確認することができます。

自然検索の掲載順位だけでなく、そのキーワードで表示されるリスティング広告の数やその掲載順位の変動までも確認することができますので、かなり優れていますよね。

GRCは無料で利用することができますが、無料版の場合は利用制限がかかってしまっています。

有償ライセンスを購入することで、その制限を緩和することができますので、自社サイトの規模や目的に応じてライセンスを選定してくださいね。

キーワードプランナー

キーワードプランナーとは、Google広告機能の一つとして組み込まれている無料ツールです。

キーワードを入力することで、そのキーワードの月間検索ボリュームや、競合性の高さ、リスティング広告の入札単価の目安まで表示してもらえるのです。

基本的には無料で利用することができますが、広告を出稿している場合は詳細な数値を見ることができるのですが、広告を出稿していない場合は検索ボリュームなどの数値は大まかにしか表示されません。

大まかな数値でも十分に活用できますし、ビッグワードの獲得を狙うのか、それともミドルワードやスモールワードを狙いのかによってSEO対策の戦略が異なってきますので、一度試してみることをおすすめします。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスのため、自社の強みと弱みがわかる競合分析ツールをご紹介させていただきました。

競合分析ツールを有効活用することで、自社のみの分析ツールでは思いつかなかったような施策が出る場合がありますし、自社サイトの強みと弱みを明確にすることができますので、ぜひ活用してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ