サブスクリプション

サブスクリプションコンテンツマーケティングが成功するポイント

今消費者の価値観の変化に伴い注目を集めているビジネスモデルと言えば、「サブスクリプションビジネス」が挙げられるでしょう。

継続課金型のビジネスモデルであり、ソフトウェアや音楽、動画といったデジタル系サービスではもはや当たり前のものとなっていますし、最近では非デジタルプロダクトにも取り入れられています。

このサブスクリプションビジネスは、人々の購買行動に大きな変化をもたらすと考えられているのです。

モノを購入して所有するよりも、必要に応じて利用するということに価値を感じる消費者が多くなり、今世界的にも注目を集めているビジネスモデルなのです。

このサブスクリプションビジネスを展開するに当たり、見込み顧客との接点を持つためにコンテンツマーケティングを行うことが多くなってきました。

コンテンツマーケティングを行い、顧客や見込み客を対象に自社が積極的にアピールしていくマーケティングは、非常に重要だと考えられているのです。

そこで今回は、サブスクリプションコンテンツマーケティングが成功するポイントについてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションコンテンツマーケティングを行おうと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを発信し自社の見込顧客との接点を増やす戦略です。

ニーズのある見込顧客の問題や悩みを解決し、サポートすることで、自社の名前や技術力、サービスについて把握してもらうことができるのです。

つまり、見込み顧客から積極的にアプローチをしてもらうことこそ、コンテンツマーケティングの目的であるのです。

企業の売り上げを伸ばすためとして、「リード獲得」「ブランディング」「顧客育成」すべてを重視することで、コンテンツマーケティングを成功させることができるでしょう。

コンテンツマーケティングが成功するポイント

明確なコンセプト

まず第一の重要なポイントは、「コンセプトが明確であること」でしょう。

競合他社と被ることのない、ユニークなコンセプトを掲げることで、オウンドメディアの主要集客チャンネルである自然検索よりも、SNSを重視することができます。

そうすることで、シェアによって拡散、共有、共感に重視して進めることができますよね。

また、SNSでシェアされることが第一でなく、課題を持って検索して調べている人に答えることができる実用性を重視する場合もあるでしょう。

コンセプトによって、作成される生地や評価基準が変わってきますので、自社に合った方法はどちらなのか、ということをしっかり考え、明確でぶれないコンセプトを掲げましょう。

コンテンツファースト

コンテンツを最重要師し、優先することも非常に大切なポイントです。

コンテンツマーケティングはその名の通り、コンテンツが重要であることは当然ですよね。

ですが多くのメディアを見てみると、コンテンツファーストであることは少ないことが現実問題でしょう。

コンテンツマーケティングを成功させている企業は、メディアに関してはPV数が重要ではないという意見を持っています。

PV数を重視したコンテンツの発信よりも、オリジナリティのある高品質なコンテンツを発信することのほうが、成功しやすいと考えられているのです。

もしリード獲得を目的としている場合であっても、大量のフォームやバナーを貼りつけてユーザーのコンテンツ希望値を阻害してしまってはいけません。

もちろん、目立つ位置にCTAを設置し、記事途中でバナーを差し込めば一時的にリード獲得はできるかもしれませんが、このような方法ではコンテンツを無駄にしてしまい、一時的な獲得に過ぎないのです。

ユーザーのコンテンツ体験とのバランスを重視しましょう。

長く続ける

成功しているオウンドメディアの共通する特徴は「長く続けていること」でしょう。

コンテンツマーケティングは、他にないほど長期的な取り組みであることが望ましく、メディアとしての効果が見え始めるにも、基本的には100記事以降と言われており、最低10ヶ月はかかると言われているのです。

コンテンツマーケティングのためのメディア開設当初は、一体誰のために難のために発信しているのか分からないほど、アクセスも少ないでしょうし、リード獲得が全くない時期が続くでしょう。

それでも根気よく続けることで、1年以降から少しずつ効果が見えるようになり、さらに2年以降になると飛躍が見えてくるでしょう。

最低1年以上の運営は絶対条件であり、積極的に広告施策を利用していきます。

実際、何年続けても何の成果もない、という事例はほとんどありませんので、コツコツ毎日続けることで、コンテンツという資産は確実に蓄積され、徐々に成果を生むのです。

まとめ

以上、サブスクリプションコンテンツマーケティングが成功するポイントについてお話しさせていただきました。

今、サブスクリプションビジネスを展開する企業の多くは、積極的にコンテンツマーケティングに取り組んでいます。

いきなり成果が出るものではなく、コツコツと工夫しながらより長く継続して続けることで、やっと効果を実感することができるものですので、ぜひこの成功のポイントを参考に、積極的に取り組んでみてくださいね。

まずは気軽に問合せ