サブスクリプション

サブスクでは継続したサービスの改善が必要!

サブスクリプションは従来のビジネスとは異なり、長く継続して利用してもらうことで収益を上げていくビジネスです。

現在では、このサブスクビジネスは誰もが知るビジネスとなりつつありますが、利用者が同じサービスを継続して利用してくれているかと言うと、そうとは言えないのです。

サブスク市場が拡大化するにつれ同じようなサービスが増えており、利用者の多くはより良いサービスを求めてサブスクサービスを渡り歩くのが一般的となっています。

このような利用者を繋ぎ止めるには、同じサービスを提供し続けるのではなく、常にサービスを改善し続けなくてはならないのです。

そこで今回の記事では、サブスクで求められる継続したサービスの改善について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクでは継続したサービスの改善が求められる!

サブスクリプションは従来のようにモノを売るのではなく、モノやサービスを利用する権利を提供するビジネスであり、モノが売れなくなっている現代において主流となりつつあるビジネスモデルです。

このサブスクの流れは今後も続いていくことが予想されており、さらに多くの企業がこのビジネスに参入すると考えられます。

しかし、サブスクビジネスは従来のビジネスとは根本的な考え方から大きく異なる特徴を持っています。

そして、それ故にビジネスの転換を上手く図ることができずに苦戦している企業も多いのです。

サブスクビジネスが従来のビジネスとは大きく異なるのは、顧客との関係性の構築を重要視するという点です。

従来の売り切り型のビジネスではモノやサービスを売る事だけが目的であり、顧客と企業の関係は売ってしまえばそこで終わりとなるのが一般的でした。

一方このビジネスは、モノやサービスを売ることを目的とするのではなく、モノやサービスを長く利用してもらう事を目的としており、そのために顧客と友好的な関係を構築していく事を重要と考えるのです。

この顧客重視の考えに完全にシフトすることができなければ、いくらビジネスを転換しても上手くいくわけはありません。

顧客の為に顧客の求めるモノやサービスを提供し、その顧客の求めるモノやサービスを理解するために顧客との関係性を構築し、それを継続していくのがこのビジネスの基本的な考え方であり、それをまず正しく理解することが重要なのです。

そして、この関係性を長期的に継続していくためには、サービスを常に変化させていくことが求められます。

顧客のライフスタイルなど顧客を取り巻く環境は常に変化しており、そのため、顧客のニーズも絶えず変化していきます。

また同じように市場も絶えず変化を続けており、これらの変化に合わせて提供するサービスも変化させていく必要があるのです。

これにより、顧客との長期的な関係の継続が可能となるのです。

継続したサービスの改善とは何か?

実際にどのようにサービスを変化させていけば良いかと言うと、まず考えられるのが、新しい価値を提供し続けるということです。

この新しい価値とは、配信サービスであれば機能を追加する、改善することやコンテンツを拡充させることなど、モノのサブスクであれば商品の種類を増やすなど、顧客が飽きないように、常に新しい価値を提供することが重要なのです。

次に考えられるのが、メニューやプランの追加、見直しです。

前述のように、顧客のニーズは変化していくものであり、そのニーズに合わせるためにプランやメニューを増やしたり、見直したりする必要があるのです。

また、このメニューやプランと同様に、サービスの価格体系も常に見直していく必要があります。

顧客にサービスを長く継続して利用してもらうためには、提供しているサービスに価格が見合っているかを常に考えることが重要なのです。

顧客は価格が安いことだけを求めているのではありません。

サービスの内容に対して価格が適切であることを求めており、その点を常に意識し続ける必要があるのです。

さらにこの価格体系を考える際には、顧客にメリットを与えることができているか、顧客に損をさせていないかを意識することも必要です。

長く利用してくれている顧客に対しては、長く継続すればするほどお得になるようなメリットを提供する、特に手続きをしなくても利用がない月には支払いが発生せず、顧客が損をしない仕組みを提供するなど、顧客が長く継続利用しやすい環境を整えることが必要なのです。

まとめ

サブスクリプションは収益を上げやすいビジネスなどと言われ、企業側にメリットの多いビジネスのように捉えられているようですが、それは事実ではありません。

どのようなビジネスであっても簡単に収益を上げることなどできませんし、これはサブスクでも同様なのです。

このビジネスは従来とは異なる特徴があり、それ故に収益を上げやすいと言われているようですが、収益を上げるためには、今回説明したように、継続したサービスの改善が必要であり、それを地道に積み重ねていく必要があるのです。

そしてこの点を疎かにすれば、サブスクビジネスで成功することはできないのです。

まずは気軽に問合せ