サブスクリプション

サブスクリプションビジネスで「クーポン」を活用し集客効果を最大化する方法

どのようなビジネスを行う上でも重要となることが、いかに効率よく収入を得ることができるか、ということでしょう。

このための方法の一つとして今、「サブスクリプションビジネス」が大きな注目を集めています。

サブスクリプションとは、顧客が企業に対し所定の料金を支払うことで、一カ月間などの定められた期間において、企業が提供する商品やサービスを自由に利用するための「権利」を得る仕組みになっています。

「定額制ビジネス」と同様の考えを持つ方も多いのですが、定額制ビジネスでは単に企業がモノを提供するだけというシンプル仕組みなのですが、サブスクリプションの場合はいかにして顧客と良好な関係性を維持することができるか、ということを重視しているため、豊富な料金プランやユーザーフレンドリーの制度を設け、顧客の取り組みを図る仕組みになっているのです。

サブスクリプションの集客施策として「クーポン」を導入する企業も多いかと思います。

顧客にとってクーポンは非常にうれしいものですが、実際企業としては売上が下がってしまうのではないか、という不安がありますよね。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスで「クーポン」を活用し集客効果を最大化する方法について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにおける集客に課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:有効期限を決める

まず一つ目の方法は、有効期限を決めるということでしょう。

クーポンに有効期限を定めることは、ショップへの集客率を上げるためには非常に重要なポイントです。

企業によっては顧客が使いたいときに使えるよう考慮し、有効期限を決めない場合もあるのですが、もしあなた自身が有効期限のないクーポンを貰った際、いつそのクーポンを思い出し使用しようとしますか?

たまたま目に入った時、そのショップにたまたま訪問した際などに限定されてしまうでしょう。

つまり有効期限が決まっていないクーポンは、顧客の記憶に残り辛く、そのクーポンが来店のきっかけにはなりにくいのです。

だからこそ、しっかり適切な有効期限を定め、顧客の記憶に残りやすく、かつ来訪を促せるようなクーポンを提供しましょう。

クーポン期限の目安としては、既存顧客の来店サイクルと企業が希望する来店周期の短縮機関を考慮して決めましょう。

2:顧客の利用状況に合わせる

二つ目の方法は、顧客の利用状況に合わせるということです。

クーポンは出し方を間違えてしまえはショップの損失になってしまうでしょう。

来訪数を上げたいと思い、お得なクーポンを配信したとしても、実際に使用する顧客は既存顧客ばかりで新規顧客が増えない場合もありますよね。

お得なクーポンを配信しているからこそ、利益だけが減ってしまう状態にもなるのです。

ショップの損失にならないようにするためには、クーポンを使用することができる対象者を明確にしなければなりません。

利用対象者や利用条件を決めずにクーポンが発行されている場合も多いのですが、これは非常に危険です。

どんな人に使ってもらいたいのか、どんな人に使われると困るのか、ということをしっかり考えましょう。

3:クーポン特典は割引だけにしない

三つ目の方法は、クーポン特典を割引だけにしないということです。

クーポンは、「1,000円引き」「30%オフ」などが多いため、割引をイメージされる方も多いので、クーポンを出すことに抵抗を感じている方も多いでしょう。

確かにクーポンは「割引」というイメージが強いので、割引率が高ければ高いほど反響を得やすい場合が多いのですが、だからと言って割引でなくては効果がないというわけではないのです。

たとえば「2杯目無料サービス」「オリジナルグッズプレゼント」など、顧客がそのクーポンを取得して嬉しいと思ってもらうことができるのであれば、どんなものでも特典にすることができるのです。

顧客に喜んでもらえ、それでいてショップ自体へのマイナスも少ないものは何か、ということを基準に考えると、良いアイデアが浮かぶでしょう。

自社の商品やサービスを考慮し、どのような特典があれば顧客は「嬉しい」「お得だ」と感じ、自社にとってもメリットが多いクーポンは何か、ということを考えなければなりません。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスで「クーポン」を活用し集客効果を最大化する方法についてお話させていただきました。

サブスクリプション集客のため、クーポンを配信するには、上記のことをしっかり守ることが重要です。

より良いクーポンというものは簡単に見極めることができるわけではありませんが、クーポンは重要な集客に大きな影響を与えることができる手段なのです。

ぜひこの機会に、自社にはどのクーポンが効果的なのかしっかり考え、集客のために有効な方法を考え実施してくださいね。

まずは気軽に問合せ