サブスクリプション

サブスクリプションビジネスにおける顧客管理システムの活用方法

ユーザーが定額料金を支払い商品やサービスを利用する、サブスクリプションビジネスが今多くの企業から注目を集めています。

ここ数年で考えてみてもBtoBやBtoCに関わらず、ソフトウェアや音楽、動画に限らず、多くの業界に浸透しています。

なぜここまでサブスクリプションビジネスが増加しているのか、それは消費者のモノを所有することのステータスよりも、モノの使いやすさを重視する消費者形態の変化が大きく影響していることでしょう。

企業にとっても非常に魅力的なビジネスモデルでありますので、サブスクリプションビジネスを導入する企業、もしくは導入を検討する企業が多くなってきていますね。

サブスクリプションビジネスを行う上で、より顧客ニーズに沿ったサービスを提供するためにマーケティングを行うことは必須であるのですが、このマーケティングの効果を上げるためには「顧客管理」が重要になってきます。

そして顧客管理だけではなく、顧客管理を行った上でのアプローチ方法も検討しなければなりません。

そのために非常に便利になるものが、「顧客管理システム」なのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスにおける顧客管理システムの活用方法について詳しくご説明していきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを効率よく進めたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

顧客管理とは

顧客管理とはさまざまな顧客情報を管理することであり、購入履歴を残すことはもちろん、顧客情報を収集し顧客と良好な関係を築くことを目的としています。

個々の顧客に合わせた対応を実現するために、顧客ニーズを知り理解することで少しずつ信頼関係を築き、顧客の要望を叶えていきます。

つまり、顧客管理を行うことで顧客満足度の向上に繋がることであり、顧客属性や購入履歴、問い合わせだけでなく、メールマガジンやDMに対しどれほど反応しているかという細かい内容を記録していきます。

もうすでにサービスを利用している顧客はもちろんですが、見込み顧客に対してもその人に合ったアプローチを行い、マーケティングを行うことが重要なのです。

顧客管理システム(CRM)が重要

顧客管理を行う上では、顧客管理システムが重要です。

顧客管理システムは、顧客ひとりひとりの属性や過去の購入履歴、サポートなどをしっかり記録し管理するシステムであり、それぞれの顧客に合わせた対応を行うことができるようシステム化をします。

顧客情報をひとつにまとめることで、営業やクレーム対応などに関してもスタッフ間で共有することができますし、顧客の特徴を見極めることで最適なタイミングを知ることができるのです。

顧客の情報管理を徹底して行い、顧客を満足させることができればマーケティングの成功率も高くなります。

限られた時間と予算の中でいかに効率よくアピールすることができるかということが重要ですので、しっかり情報管理し最適なタイミングを見極めなければならないのです。

顧客管理システムの活用方法

新規顧客獲得と継続利用顧客を増やす

顧客管理システムを導入しWebサイトの閲覧回数やメールの開封率を知ることで、その商品やサービスに興味を持っている人に積極的にアプローチすることができますので、新規顧客獲得に繋がります。

新規顧客を獲得し継続利用を促すには、顧客管理システムによって顧客が希望する内容をリサーチしていきましょう。

自社を成長させる

もし顧客からクレームや意見を頂いた際、それらの情報を管理することで改善すべきポイントを把握し同じ失敗をしないようにすることができますので、自社の成長に繋がりますよね。

さらに顧客管理システムを活用して売り上げを予測することで、無駄な広告費を削減することもできるでしょう。

顧客データを一元化する

顧客管理システムを活用することは顧客データを一元化することですので、購入回数やクレーム、問い合わせの有無を一元化し、顧客はどのような商品が好きなのかということを把握することができますし、前もった積極的な営業活動も行うことができるでしょう。

顧客データを一元化しシステム化することで、無駄のないマーケティングを行うことができるのです。

顧客に合わせたアピールをする

顧客管理システムを活用することで顧客ひとりひとりのニーズやタイミングを合わせたアプローチをすることができますので、最適な提案をすることができます。

そうするとより効率の良いマーケティングを行うことができ、結果的に売り上げの向上にも繋がるでしょう。

サブスクリプションビジネスでは特に顧客ニーズを見極めることが重要だと考えられていますので、顧客満足度を向上させるアプローチを続け、そしてもし不満があるようであれば、新しいアプローチ方法を検討し「タイミング」の重要性を理解しておきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスにおける顧客管理システムの活用方法についてご説明させていただきました。

サブスクリプションビジネスに顧客管理システムを導入し最大限に活用することで、非常に多くのメリットが得られます。

特にマーケティングに課題を感じられている場合は、ぜひ顧客管理システムを導入し活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ