サブスクリプション

増え続けるサブスクの中で生き残るには?顧客管理が重要!

サブスクリプションビジネスは、近年著しく成長しているビジネスモデルです。

現在もその成長は続いており、あらゆるサービスが提供されていますが、その一方で、サブスクサービス同士の競争も激化しています。

そのような状況の中で生き残っていくためには、顧客に選ばれるサービスとなることが必要であり、そのために重要となるのが顧客管理なのです。

そこで今回の記事では、サブスクにおける顧客管理について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクサービスの現状

サブスクリクション(サブスク)は周知の通り、一定の金額を支払うことで一定の期間商品やサービスを利用できる権利を得ることができるという仕組みのビジネスモデルであり、近年急速な成長を遂げています。

このサブスクが注目を集めたのは、ソフトウェアや音楽、動画などのデジタル領域における配信サービスがきっかけですが、現在ではあらゆる分野のサービスが展開されています。

現在もこのサブスクビジネスの勢いは衰えておらず、市場の拡大化は続いています。

そのため、サブスクサービスの間での競争も激化しているのです。

サブスクビジネスが誕生した当初は、サブスクサービスというだけで、様々なメディアに取り上げられ、注目を一身に集めることができましたが、現在ではサブスクサービスが増加しすぎて注目を集めることも少なくなっています。

消費者のサブスクへの関心も当初より薄れており、サブスクというだけで消費者から選んでもらえる状況ではなくなってきているのです。

また、サブスクサービスを利用している消費者の中には、お得だからといっていくつものサブスクサービスを利用し過ぎてしまうというケースも増加しており、消費者のサブスク疲れという言葉も良く聞かれるようになっているのです。

そもそも、サブスクサービスが消費者に受け入れられたのは、市場に溢れている膨大な商品の中から、商品を選択することに疲れたからということも一因と言われています。

従来の売り切り型のビジネスでは、商品を大量に生産し、できるだけ多くの消費者に商品を購入してもらうことが一般的であったのです。

しかし、現在では、消費者は商品を購入すること自体に関心を示さなくなっており、商品が以前のように売れなくなってしまったのです。

そのような状況の中で登場したのが、サブスクサービスであり、従来のビジネスに疲弊していた消費者の多くがこのサブスクサービスに飛びついたのです。

選ばれるサブスクになるためには顧客管理が重要

しかし、現在のサブスク市場も、従来の市場と同様に、商品やサービスが溢れるように存在し、消費者は膨大な商品やサービスの中から選択をしなければならなくなってしまっています。

また、サブスクサービスが増えすぎることで問題となるのは、従来のように購入した商品を所有するわけではないため、サービスを契約しすぎてしまうということです。

いくら、サブスクサービスがお得だとしても、消費者が月々支払うことができる金額には限りがあります。

サブスクサービスは、商品を所有する必要がなく、月に一度支払うだけで良いというメリットがありますが、便利であるが故、自身の契約しているサービスを把握できないという事態も起こってしまうのです。

ここで問題となるのは、サブスクが増え過ぎている事だけではありません。

消費者の限られた予算の中で、どれだけシェアを得られるかという問題でもあるのです。

前述のように、消費者がサブスクにかけられる予算は限られていますし、必要がないと判断されれば予算内であっても切られてしまうのです。

このようなことにならないためには、消費者から選ばれることが必要ですし、さらに、その選ばれたサービスの中でも選ばれる必要があるのです。

では、選ばれるためには、何が必要なのかというと、消費者の満足度を上げることが必要です。そしてそのために重要となるのが、顧客管理なのです。

顧客管理とは、文字通り、顧客に関するデータを管理し、活用することです。

サブスクでは、サービスを契約する必要があるため、住所や氏名、属性など顧客の個人情報を容易に入手することができます。

さらに、サービスを利用してもらうごとにそのデータは蓄積されていきますし、顧客とのコミュニケーションを増えていきますので、詳細なデータを入手することも可能なのです。

従来のビジネスでは、消費者と企業の繋がりは商品を購入するときやサービスを利用するときに限られていることが多く、個人情報を入手できないケースも多くありました。

しかし、サブスクサービスであれば、一般的な飲食店など個人情報の収集が難しかったケースでも、詳細なデータを入手することができるのです。

まとめ

多くのサブスクサービスの中で選ばれるためには、この顧客データを効果的に活用することが重要なのです。

顧客の詳細なデータを基にすれば、顧客一人一人が満足できる商品やサービスを提供することが可能となり、顧客の満足度を高めることができます。

従来のビジネスのように、企業対消費者としてではなく、個々の顧客と向き合うことが、これからのサブスクビジネスに最も重要なことなのです。

まずは気軽に問合せ