サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに必要な顧客維持方法

今、新たな販売手法がどんどん出てくる中で、「サブスクリプション」を導入する企業がどんどん増えてきましたね。

サブスクリプションビジネスは、今の時代背景に伴った、新しいビジネスモデルのひとつであり、消費者がモノを購入して所有するのではなく、モノを利用するための権利を購入するといった手法です。

利用期間に応じた権利に対する料金を支払います。

サブスクリプションビジネスが成功した主な例として「音楽」「映像」といったデジタルモデルがありますが、今では「車」「アパレル」「院欲店」といった非デジタルの商品であってもサブスクリプションが導入されているのです。

そんなサブスクリプションビジネスを成功させるには、繰り返しサービスや商品の権利を購入し続ける消費者が、最重要となります。

新規顧客を開拓し、そして一度契約してもらったユーザーにいかに長く利用し続けてもらうか、ということが非常に重要で、自動契約をし続けてもらうことで、利益を生むのです。

サブスクリプションビジネスを展開する上で、最も重要な顧客を維持し続けるにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、サブスクリプションビジネスをに必要な顧客維持方法について、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスの展開をご検討されている方、顧客維持についてお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

方法1:コミュニケーションを取る

顧客と企業との間にすきまを作らないようにするため、まずは適度なコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

最近ではSNSでビジネスアピールをしている企業が多くなってきていますよね。

SNSは今、若い世代を中心にほとんどの人が利用していると言われており、日本ですべてのSNSを含めると約80%以上もの人がSNSを利用している時代なのです。

ですのでSNS利用して、商品やサービスをアピールすることは非常に有効的なのです。

ですが、そのアピールが一方的なものになってしまってはいけません。

自分の一方的な情報を発信するユーザーの意見や質問などには即座に答えなければなりませんし、より良く思ってもらうためにも好印象な対応をし続けることを心がけてください。

接触フリクエンシーを上げることで、より企業との親近感やつながりを感じてもらうことができるでしょう。

方法2:ワンストップサービスを行う

ユーザーが自社への満足度を上げるためには、自社が提供するサービスをストレスなくスムーズに利用できるということが大前提に挙げられます。

ユーザーがストレスを感じている部分があれば、すぐに改善し、納得のいくサービスを受けてもらわなければなりません。

そうしなければ、ユーザーの離脱率は上がってしまうのです。

ですので、ひとつの場所で多くのサービスを受けることができる、「ワンストップサービス」を行うことは非常に効果的です。

ワンストップサービスをユーザーに提供し、少しでもストレスを軽減させ、そして顧客満足度を上げていきましょう。

方法3:個々へのアプローチを行う

数多く存在するユーザーは、それぞれ趣味趣向が違いますので、好むものが違います。

そうなると、最適なアプローチ方法も、もちろん異なってきますよね。

ですので、既存ユーザー個々へのアプローチをするには、ダイレクトマーケティングを用いてアプローチを行っていきましょう。

アプローチ方法が少しでも違ってし合うと、ユーザーに求めている情報を届けることができないので、離脱率が上がってしまいます。

たとえばあなた自身に置き換えて考えてみてください。

どこの商品を購入する場合でも、「あなたは特別」という扱いをしてくれた時は、とても良い気分になりませんか?

そのアプローチをするために、個々の情報をひとつでも多く仕入れ、その情報を活かしたアプローチを行っていきましょう。

方法4:ロイヤルティプログラムを取り入れる

自社提供サービスをユーザーが長期間利用してくれた場合、そのユーザーに対しての感謝の気持ちとして特別なサービスや還元を行うべきですよね。

このサービスを「ロイヤルティプログラム」と言います。

個々ユーザーの情報をしっかりと把握し、どのようなサービスや還元を求めているのか、ということをしっかりと理解していきましょう。

その需要に合ったロイヤルティプログラムを提供することで顧客満足度を上げることができますよね。

ユーザーが自社に期待しているものを良い意味で裏切り、自社により大きな愛着を持ってもらうようにしましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに必要な顧客維持方法についてお話しさせていただきました。

他のビジネスでももちろん顧客維持は重要なキーワードとなるのですが、特にサブスクリプションビジネスではかなり重要になってくるのです。

サブスクリプションビジネスを展開し、成功させるには「顧客」は無くてはならない存在です。

ぜひ今回ご紹介した方法を積極的に取り入れ、自社の工夫を加え、顧客維持に取り組んで下さいね。

まずは気軽に問合せ