サブスクリプション

飲食サブスクリプション、新規顧客獲得のための基本

動画や音楽配信サービスの登場によって注目を集めている、サブスクリプションサービス。

今ではデジタル商材だけでなく、洋服やおもちゃ、飲食業界までもサブスクリプションサービスが広がっており、導入事例が続々と多くなっています。

サブスクリプションビジネスを成功させるには、価格の安さだけではない価値の提供をすること、顧客の固定化と主力商品の購入に注力すること、状況に応じて柔軟に対応することができるプランの提供が重要になってきます。

特に今注目されているサービスは、飲食業界のサブスクリプションサービスでしょう。

都心を中心に、カフェや居酒屋などでもサブスクリプションサービスの提供がはじまっており、ユーザーにとっては利用すれば利用するほどお得になっていますので、今後さらに需要が拡大することが予想されています。

飲食サブスクリプション事業者にとっては、何とか顧客を増やしたい、売り上げを向上させたいと思いますよね。

そこで今回は、飲食サブスクリプションにおける新規顧客獲得のための基本についてお話させていただきたいと思います。

飲食サブスクリプションで集客の課題を感じられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

新規顧客獲得のための基本

コンセプト

飲食店で効率よく集客しようと思えば、まずはその店が持つコンセプトを明確にすることです。

コンセプトとは、その店の定義であり、方向性となるものです。

そのコンセプトが分かりにくいものでは意味がなく、誰でもすぐに理解できるような単純なものであることが理想でしょう。

明確で確実なコンセプトを持っておくことで、その店に一貫性ができ、ユーザーはその一貫性を魅せのこだわりや個性と理解しますし、さらにそのコンセプトに沿った商品をかいはつすることで品質が高まり、ブランドとして成立するのです。

コンセプトを定める際は、
何を提供するのか
どのユーザー層をターゲットとするのか
ユーザーにどう思われたいのか

という3つのポイントを意識しましょう。

コンセプトがブレず、こだわりを持った店は、ユーザーにとって魅力的であり、存在価値のあるブランドになるのです。

戦略

今、成熟した一般消費者が多くなってきていますし、飲食店の数も非常に多くなっている中で集客をしようと思うのであれば、戦略的な視点が非常に重要になります。

まずは、自社が足を入れる市場のリサーチとコンセプトの立案でしょう。

類似する店の市場は今どのようなものなのか、今後利用してもらえるユーザーの属性はどうなのか、ということをしっかり分析し、客観的なデータを確保しましょう。

そしてそのデータをもとに、新規顧客開拓の戦略を考案し、SNSなどを活用して積極的にプロモーションを打つことで、効率的で無駄のない集客活動を行うことができるのです。

認知度

飲食店で集客率を向上させるには、インターネットを活用して店の認知度を向上させることが効果的です。

そのためにはグルメ情報サイトなどに掲載してもらったり、ホームページを作成することが効果的でしょう。

グルメ情報サイトは、料理やドリンクのメニュー、口コミなどが掲載されていますので、ユーザーはその店を利用する前にまずグルメ情報サイトをチェックするという方も多いのです。

また、ホームページを作成することも、認知度を向上させるには良い方法でしょう。

店のアピールしたいポイントやこだわりの点などを自由に掲載することができますので、グルメ情報サイトでは載せきれない情報も多く載せることができます。

ですがホームページを作成しただけでは集客効果が十分とは言えませんので、Webマーケティングを得意とする集客コンサルティングなどに依頼し、どうすれば効果が得られるのかをしっかり考え、アドバイスを求めることをおすすめします。

ベンチマーク

多くのユーザーは、どの店が一番良いサービスを提供してくれ、良心的な価格設定をしているか、ということを判断基準としていますので、数点を比較しています。

だからこそ、自店の見込みユーザーが持っている判断基準をクリアにすることで、それらの見込み顧客が固定客になりますので、その判断基準をしっかり理解しなければなりません。

そのためには、競合となる店や人気の店のメニューやサービスを熱心に研究し、
なぜその店が人気であるのか
顧客ニーズに対応するためにはどのようなことを行っているのか
ということを把握することができます。

まとめ

以上、飲食サブスクリプションにおける新規顧客獲得のための基本についてお話させていただきました。

どのような業種によっても集客というものは課題になってくるのですが、飲食業界の場合は賞味期限がついた日々の在庫を抱えやすく、
人件費も必要になりますので、特に集客施策が成功するか否かは店の将来を抱える深刻な課題です。

だからこそ、サブスクリプションとして安定した売り上げを確保したいですよね。

新規顧客獲得のため、ぜひこれらの基本をしっかり理解し、効率よく新規顧客を獲得してくださいね。

まずは気軽に問合せ