サブスクリプション

サブスクリプション専用アプリ開発時に必要な費用は?

従来のような売り切り型ではなく、サービスや商品の利用期間、もしくは利用量に対して大家を支払う課金提供型ビジネスモデルである「サブスクリプション」が大きな注目を集めています。

従来までは、商品やサービスを一回ごとに売り切るビジネスモデルが中心であったのですが、このビジネスモデルでは、単発的な売上は発生するものの、継続的な売上につなげるためには営業の努力が必要になっていました。

サブスクリプションビジネスでは継続的で安定的な売上を見込むことができますので、今シェアを広げているのでしょう。

サブスクリプションビジネスを行い、より多くの集客を狙うためには、サブスクリプションビジネス専用アプリが必要だと考える方も多くなってきましたよね。

自社専用のアプリを開発することで、顧客により愛着を持ってもらうことができますし、自社の存在を忘れられてしまう可能性もかなり下がります。

ですが専用アプリの開発の際、問題となることが、「開発費用」ですよね。

どれだけ良いアプリを開発したとしても、コストがかかりすぎてしまえば意味がありません。

そこで今回は、サブスクリプション専用アプリ開発時に必要な費用についてお話していきたいと思います。

開発費用の相場や、費用の抑え方についてもお話していきますので、ぜひ最後までお読みになって、アプリ開発時の参考になさってくださね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

専用アプリ開発費用の相場

専用アプリ開発費用の結論を言うと、実際のところは幅があるのですが、一般的な費用の相場は「100万円~2,000万円」そして平均費用は「250万円」です。

価格の上下に大きな差が見られますが、これにはアプリ開発時の様々な費用が変わる要素が関わってくるからなのです。

アプリ開発費用の変動要素

アプリタイプ

「アプリ」と一言で言っても、実際にはさまざまなアプリがあります。

たとえば、カメラや電卓のような便利機能アプリ、通話やメッセージ機能アプリ、店舗系会員アプリ、EC系アプリ、ゲームなどのエンタメ系アプリなど、作るアプリによって開発費用が異なってきます。

「便利機能アプリ=100万~150万円」
「通話・メッセージ機能アプリ=100~500万円以上」
「会員アプリ=100~150万円以上」
「EC系アプリ=150~300万円以上」
「エンタメ系アプリ=300~1,500万円」

さらに仕様によっても異なってきますし、かなりの幅が生じる場合がありますので、こちらの要望を制作サイドに明確に伝えなければなりません。

アプリ種類

アプリには、デバイス内のアプリストアなどからダウンロードして利用する「ネイティブアプリ」、Webブラウザにアクセスして利用する「Webアプリ」、両方の特徴を備えた「ハイブリッドアプリ」の3種類があります。

この3つの中で最も普及しているものが「ネイティブアプリ」なのですが、これはiosとAndroid両方に対応する必要があります。

iosとAndroidはそれぞれ開発言語が異なり、それぞれを別に開発しなければなりませんので、さらに費用がかかります。

「Webアプリ」と「ハイブリッドアプリ」はそれほど費用は掛かりませんので、低コストでアプリを開発したい場合は、このどちらかを選ぶことをおすすめします。

開発期間と人件費

アプリ開発期間も、費用を大きく左右する要因になるでしょう。

なぜならば、開発期間が伸びれば伸びるほど、人件費も多くかかってしまいますよね。

開発費用は「人件費×開発期間」になります。

人件費に関しては、主にプログラマーとシステムエンジニアであり、それぞれに関わるスタッフのレベルやタイプによって異なってきます。

プログラマーの場合、下請けや個人であれば月に約40~60万円、社員であれば50~80万円、さらに大企業社員の場合は月100万円以上という場合もあります。

システムエンジニアも同様に、初級は60~100万円、上級は100~150万円以上でしょう。

開発に関わるスタッフのレベルを上げたり、時間がかかるアプリなどにすると、どんどん開発費用が膨らんでいくのです。

アプリ開発費用の抑え方

アプリ開発時の費用は、さまざまな要因で増加してしまうことがお分かりいただけたでしょう。

当初の予算をオーバーしてしまい、開発自体が困難になってしまわないように、許容範囲内に費用を収めるよう努力しなければなりません。

そのためにはまず、設計や機能を見直してみましょう。

アプリ開発時、まず最初に行うことは、要件定義や設計ですよね。

この段階で細かい部分までしっかり詰めておかなければアプリの機能や目的があいまいなまま開発を依頼してしまうでしょう。

そうなると、抽象的で具体性のない指示しか与えられませんので、大まかな見積になってしまい、余計な費用が発生してしまうのです。

コストカットのためにも、再度アプリの使用目的や設計、機能を見直しましょう。

また、低価格のサービスを探すこともおすすめです。

アプリ業者は数多くあり、どの業者も価格は大きく異なります。

だからこそ、過去の実績や自作アプリなどをしっかり確認し、より良いアプリを低価格で開発できるようなサービスを見つけましょう。

コストカットのためには、多くの業者から見積を取ることが大事なのです。

まとめ

以上、サブスクリプション専用アプリ開発時に必要な費用についてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスを成功させるためには、アプリを使い効率よくビジネスを進めることこそ、かなり有効な手法と考えられていますが、費用が余計にかかってしまっていては意味がありません。

だからこそ、まずはアプリ開発に必要な費用を知り、多くの見積を取りにいき、さらにそこからいかにして費用を抑えるか、ということを考えることが大切なのです。

ぜひこれらを専用アプリ開発の参考になさってくださいね。

まずは気軽に問合せ