サブスクリプション

サブスクリプションとは、メリットとデメリットについて

最近、新たなビジネスモデルとして「サブスクリプション」という販売形態が注目を集めています。

インターネット上で商品販売を行っている方であればぜひ、取り組んでみたいと思う販売手法ではないでしょうか。

「サブスクリプション」とは簡単に説明すると、お金を払って商品を購入するのではなく、自身が体験することに価値を感じお金を支払うことを言います。

商品を販売することを主としていた時代から進化したものであり、「ユーザーの生活をより豊かになる新しいライフスタイル」とも言われています。

このサブスクリプションは、今とても注目を集めているものですので、きっとご興味のある方も多いことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションとは何か、分かりやすいよう詳しく解説していきたいと思います。

そしてあわせて、サブスクリプションを行う上でのメリットとデメリットについてもお話していきたいと思いますので、サブスクリプションにご興味がある方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションとは

まず、サブスクリプションとは何かについてお話していきたいと思います。

顧客は商品を購入し、お金を支払うということが既存の販売手法ではありましたが、サブスクリプションは商品やサービスを利用している間、それを利用する「権利」に対して料金を支払う、といった新しいビジネスモデルなのです。

いわゆる「定額制サービス」に類似するものと考えてよいでしょう。

毎月決まった金額を支払うと利用できるものと言えば、電子新聞、映画やドラマの配信サービスが多かったのですが、最近では音楽や自動車、ファッションなどにもサブスクリプションは用いられています。

一定期間使用する金額を支払い、さらに引き続き使用したい場合はまた再契約をして使用を続ける、という場合が多いですね。

音楽や映画など、常に新しいものが求められるカテゴリーではサブスクリプションは非常に相性が良いと言えるでしょう。

「物を所有する」から「物が必要な時だけ利用する」というユーザーのライフスタイルの変化から広まった形態であると言えるでしょう。

メリット

新規顧客が利用しやすくなる

流行に関わるものや、後には必要なくなるもの、または高額なものに関して、契約する前に必要な料金が明確になっているので、ユーザーにとって今までハードルが高くなかなか利用できなかったものでも挑戦しやすくなります。

売り上げが安定する

サービス内容がしっかりしていれば、それに合い定まった金額が支払われるので、安定した入金を期待することができるのでしょう。

通常の商品販売であれば、販売できるか出来ないかが定かではないため、おおよその売り上げを計算することしかできませんが、定額と定まっているからこそ、売り上げが安定しますし、しっかりとした売り上げ計画も立てやすくなっているのです。

提供サービス内容の需要が増えやすい

ユーザーは定額を支払っているので、契約したサービス内においては「使用すればするほど得をする」「利用しなければもったいない」という心理が働きます。

ですので、自然とサービス内容を利用する回数が増えやすくなるでしょう。

どんな業種でも取り入れることができる

一時期と比べ、サブスクリプションはさまざまなサービスの販売に用いられております。

良く見る映画や音楽配信サービスはもちろんですが、ファッション関係や、車などにもサブスクリプションは取り入れることができるのです。

ですので、一般的なサブスクリプション手法を学んでおくと、その後の応用が効きやすいので、さまざまな業種でのサブスクリプションに挑戦することができるので、効率よく希望業種販売の運営を行っていくことができます。

デメリット

サービス提供開始直後殻の集客が困難

サブスクリプションは、その価値を生み出すことができて初めて利用するユーザーが生まれます。

ですので、サービスの提供開始直後であれば、まだまだ認知度が低いので、集客に困難を感じることがあるでしょう。

開始直後は即利益にも繋がりにくいですので、根気よくサービス内容を更新し、利用者が一定数に達するまでは集客に力を入れなければなりません。

常に新しい情報を提供しなければならない

サブスクリプションを利用するユーザーは、利用する金額に見合った価値、もしくはそれ以上の価値を求めます。

たとえば音楽配信サービスを提供すると考えると、ユーザーは常に新しい音楽を取り入れたいと思っていても、サービス内容に含まれない、またはなかなか更新されないとなってしまうと、すぐに離脱してしまいます。

そして常に新しい情報を用意するには、ある程度のコストが必要になる場合もあります。

運営者自身が流行に敏感でなければなりませんし、ユーザーが望むものを望む通りに提供できるような工夫が必要なのです。

まとめ

以上、サブスクリプションとはなにか、そのサブスクリプションのメリットとデメリットについてお話させていただきました。

サブスクリプションとは今の時代の流れに伴った画期的なサービスであり、運営者側にとってもメリットが非常に多いものだと思いますが、もちろんデメリットも存在します。

サブスクリプションにご興味がある方は、ぜひこれらをしっかり理解した上でサービスを開始してくださいね。

まずは気軽に問合せ