サブスクリプション

サブスクリプション集客のため、メールマガジンの基本のルール

動画配信サービスの「Netflix」や、音楽配信サービスの「Spotify」、Amazonの「Amazonプライム」など、近年サブスクリプションサービスが非常に多くの注目を集めています。

新たなビジネスモデルとしても注目を集め、大手企業をはじめサブスクリプションを導入する企業が多くなっていますので、自社にも導入を検討されている方が多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスが注目されだした初めの頃、デジタル商材こそサブスクリプションビジネスに合っていると考えられていたのですが、今ではデジタル商材だけでなく非デジタル商材までもサブスクリプションビジネスとして展開されていますので、その市場がどんどん拡大していることが分かるでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う際、集客に関する課題を感じる方も多いかと思います。

特に認知度の低いサブスクリプション企業であれば、ある程度の売上を得るためにはまず、認知度を高めながら集客施策を図らなければなりませんよね。

効果的で取り組みやすい集客施策として「メールマガジン」を思い浮かべる方も多いでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション集客のため、メールマガジンの基本のルールについおてお話していきたいと思います。

サブスクリプションビジネスに関する集客にお悩みの方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

メールマガジン書き方

まずはメールマガジンの書き方の基本のルールを見ていきましょう。

メールマガジンを書くために、テキストエディターを用意し、準備しましょう。

この段階で文章の編集に特化したソフトやフリーウェアを入れておきます。

その次には、メールマガジンの基本の形式を選択していきます。

メールマガジンの配信方式には、「テキスト形式」「HTML形式」の二種類があります。

ビジネスとしてメールを用いる場合、テキスト形式を選定する方が多いかと思います。

テキスト形式は文字データのみで構成されているシンプルなメールでありますので、受信者の環境を選びませんし、セキュリティに掛かる確率も低いので、確実にメールを届けることができますが、開封率やリンクのクリック数などの効果計測ができません。

一方、HTML形式ではフォントや大きさ、色を変えることができますし、画像やボタンなどを設置して、多くの情報を視覚的に伝えることができますし、効果測定が可能です。

最近では通信速度などの環境が整ってきましたので、最近のメールマガジンはHTML形式を選定している企業も多いでしょう。

そして改行の位置と行間ですが、文章は全角35文字以内の適切なところで改行しましょう。

余白のない長い文章のメールマガジンでは、ユーザーは読みにくく内容が入ってきませんので、内容によって3~4行に分け、空白行を挟むことが重要です。

メールマガジンの構成

基本的にメールマガジンは、「件名」「本文」の二つに分けられ、その本文には「ヘッダー」「リード文」「フッター」で構成されています。

メールマガジンはどれだけ配信数が多くても開封されない場合にはまったく意味がありません。

つまり、メールマガジンにおいて最も重要なのが「件名」なのです。

開封されやすい件名は、限定感や知りたい欲求をくすぐる言葉、お得感がある言葉を入れていきましょう。

またヘッダーは、ユーザーがメールマガジンを開封した際のファーストビューになりますので、記号などを用いて装飾し、読者へ印象を残すことが大切です。

ポイントとしては毎回同じヘッダーを用いることで、同じ配信者から配信されていることが分かりますので、覚えてもらいやすいですね。

リード文は内容の本題ではなく、季節の話や時事、挨拶などの文章を入れていきます。

メールマガジン配信ツールを使って、ユーザーの名前を入れることで特別感や親しみが増しますのでおすすめです。

本文では、ユーザーに対し最も訴求したいコンテンツをひとつ用意し、もし訴求したいコンテンツがふたつあるのであれば、サブコンテンツとして記載しましょう。

あまりに文章が長いメールマガジンではユーザーに読まれにくく、上にあればあるほど読まれやすい傾向にありますので、読んでほしいコンテンツ、重要なコンテンツは先に記載するようにしましょう。

ユーザーの理解度を重視した配信をすることが大切です。

そして、フッターはそのメールマガジンの発行元のホームぺージや連絡先、配信停止方法などを箇条書きで記載しましょう。

ヘッダーと同じように毎回同じフッターを入れることがポイントです。

まとめ

以上、サブスクリプション集客のため、メールマガジンの基本のルールについてお話させていただきました。

今は多くのサブスクリプションサービスが提供されていますので、メールマガジンを有効活用することでかなり集客に良い影響を与えるものになるでしょう。

サブスクリプションビジネスにおいて集客に関する課題を持たれている方は、ぜひこの記事を参考に、ユーザーに好まれるメールマガジンを配信してくださいね。

まずは気軽に問合せ