サブスクリプション

サブスクリプションにて収益を安定させるための「囲い込み戦略」

サブスクリプションビジネスとは、企業が顧客に対して一定期間商品やサービスを提供し、月単位、もしくは年単位で利用料金を回収するビジネスモデルのことを言います。

サブスクリプションビジネスが広がり始めた当初は、特にIT業界が盛り上がりを見せていたのですが、今では製造業界や小売業界においてもサブスクリプションが新しいビジネス形態として新しいサービスが多く生まれているのです。

サブスクリプションビジネスは、先行して投下したコストを後々の顧客のサービス利用で利益を回収すること、多くの顧客が一つのサービスを利用すること、継続的に売上が積み上がりますので売上予測が立てやすいことが特徴ですね。

サブスクリプションビジネスにおいても、経営を安定化させるには「囲い込み戦略」は欠かすことができません。

サブスクリプションビジネスでは、安定的な売上を得ることがメリットの一つでもありますので、顧客の囲い込みが重要な課題の一つになることでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションにて収益を安定させるために「囲い込み戦略」について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスに関する知識を増やしたい、ビジネスを成功させたいという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「囲い込み戦略」とは

まずは囲い込み戦略について説明していきます。

囲い込み戦略は、既存顧客を維持しながら固定客に誘導するための戦略です。

この誘導が成功し、自社の固定客になってもらうことができれば顧客が競合他社の商品やサービスに流れてしまうことを防ぐことができるのです。

また、サブスクリプションとして継続して利用し続けてもらうことで、安定した収益を期待することができますので、新規顧客をいかに固定客にするか、ということが重要なのです。

さらに新規顧客獲得のためには、かなりの労力とコストがかかってしまいますが、既存顧客獲得であれば、新規顧客ほどの労力とコストがかからないので、業績改善を目指す企業にとってはかなり重要なビジネス戦略なのです。

「囲い込み戦略」のメリット

収益が安定する

囲い込み戦略の第一のメリットは、収益の安定化でしょう。

顧客が固定客になり企業やブランドのファンになることで、その顧客は自社商品やサービスを継続的に購入し、利用し続ける可能性が高まります。

安定した利益も期待することができますので、今後の事業計画も立てやすくなるのです。

そうなると、リスクの高い新規顧客開拓もチャレンジしやすくなりますよね。

新規顧客獲得活動が少し楽になることで、ビジネスに対しても大きな安心感を感じることができるのです。

コストを削減することができる

サブスクリプションビジネスでは新規顧客獲得は欠かすことができません。

ですが、新規顧客獲得のための十分な戦略を実践するには、それ相応のコストがかかってしまいます。

ですが顧客の囲い込みは、既にターゲットが明確になっているため、対象となる範囲も限られているので、囲い込み戦略はコスト削減に繋がり、より少ないコストでより多くの収益を得ることができるのです。

顧客データを蓄積することができる

顧客に商品やサービスを継続して利用してもらうことができれば、それに応じて企業にも顧客データが蓄積されていきます。

蓄積されたデータは、今現状の問題点の改善にも役立てることができますし、さらに新たな販売戦略の考案や、新商品の開発にも活かすことができますよね。

近年、人口が減少しつつあり、さらに情報技術が発展していることで、企業間での顧客の奪い合いが激化しています。

だからこそ得た顧客データから、顧客ニーズをしっかり汲み取り、いかに顧客ニーズに沿った商品やサービスを提供することができるか、ということが企業の生き残りを左右するでしょう。

また顧客データを用いて、それをもとにそれぞれの顧客にきめ細やかなサービスを提供することができますので、さらに固定客の満足度が高まりますし、商品やサービスの継続利用にも繋がるのです。

客単価が向上する

囲い込み戦略は、「優良顧客」へと導く戦略でもあるのです。

優良顧客は、新規顧客よりも高額な商品やサービスを継続して購入し続けてもらうことができますので、優良顧客を増やせば増やすほど、客単価は向上していくのです。

現状、自社が提供する商品やサービスに満足している顧客がいるのであれば、その顧客は優良顧客になってもらいやすいと考えられます。

まとめ

以上、サブスクリプションにて収益を安定させるための「囲い込み戦略」についてお話させていただきました。

競合他社との競争で優位に立ち、サブスクリプションビジネスとして経営を安定させるためには、囲い込み戦略が必須であることをお分かりいただけましたでしょうか。

ぜひこの機会に囲い込み戦略とは何か、どのようなメリットがあるのかということをしっかり理解して、サブスクリプションビジネスの役に立ててくださいね。

まずは気軽に問合せ