サブスクリプション

サブスクはお得さではなくワクワク感で選ぶ時代へ

サブスクリプションサービスは、ここ数年で消費者の日常に広く普及したサービスです。

このサービスが、短期間でここまで成長することができたのは、従来のサービスよりも利便性が高く、お得であった事も理由の一つです。

しかし、現在では、似たようなサービスが急激に増加しており、それだけでは消費者の支持を得ることができなくなってきています。

そのような状況の中で、今後のサブスクに必要と考えられているのが、消費者に心が躍るような体験を提供することなのです。

そこで今回の記事では、今後のサブスクに必要な体験について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクとは?

サブスクリプションは、近年急速に成長したビジネスモデルであり、現在では様々なサブスクサービスが提供されています。

このサービスは、ソフトウェアや動画、音楽などの配信サービスから一般に広く普及したものですが、現在は、この配信サービスにとどまらず、あらゆるジャンルのあらゆる商品やサービスがサブスク化しているのです。

このサブスクサービスには、いくつかの種類があり、それぞれに仕組みが異なります。

代表的なサービスである配信サービスの場合、一定の料金を支払うことで、一定の期間商品やサービスを利用できる権利を得ると言う仕組みであり、簡単に言えば定額使い放題の仕組みです。

サブスクと言うと、この仕組みのサービスを思い浮かべる人が多いと言うほど広く普及しています。

次によく知られているのが、消費者が選択した商品が定期的に届けられると言う仕組みのサービスです。

これは、従来の定期購入と同じ仕組みであり、消費者にとってもなじみ深いサービスです。

この仕組みでは、ミネラルウォーターやコンタクトレンズなど、定期的に購入する必要がある商品が取り扱われることが多くなっています。

この定期購入と似た仕組みであるのが、サービスを提供する側が商品を選択し、その商品が定期的に届けられるサービスです。

これは、従来の頒布会と同様の仕組みであり、これも消費者にとってはなじみ深いサービスです。

この仕組みのサービスでは、スイーツや果物などの食品や雑貨など様々な商品が取り扱われています。

これらのサービスは、以前からあった仕組みのサービスであり、サブスクを初めて利用する消費者にとって、利用しやすいサービスとなっています。

しかし、利用しやすいサービスである反面、新しいビジネスであるにもかかわらず、目新しさがないと言うのも事実です。

これからのサブスクにはワクワク感が必要!

サブスクと言うと、新しいビジネスと言うイメージが強く、目新しいサービスを求める消費者も多いのです。

そういった消費者は、以前から存在するサービスであれば、わざわざサブスクを利用する必要がないと考えるのです。

そのような考えの消費者に支持されるためには、従来のサービスにはなかった新しさが必要となります。

そして、それに重要となるのが消費者がワクワクするような体験なのです。

現在は、サブスクサービスに限らず、様々な商品やサービスをECで利用することが可能です。

しかし、ただ、商品を購入し、サービスを利用するだけではワクワクすることはありません。

消費者をワクワクさせるためには、これまでのサービスにはないような体験を提供することが必要なのです。

実際に、既存のサブスクサービスにおいても、ワクワク感を提供しているサービスは存在しています。

それらのサービスは、消費者のデータを活用し、消費者それぞれに合わせた商品を選び出し、定期的に届けるサービスを行っています。

このサービスにおいて取り扱われる商品は、食品から雑貨、アパレル商品など様々あり、届けられるまで、どのような商品が届くのかが分からないのが特徴です。

そして、それが消費者にワクワク感を与えているのです。

このサービスでは、毎月届く商品が変わりますが、利用すればするほどデータが蓄積されるため、より自身の嗜好を反映した商品が届けられます。

このように毎回何が届くか分からないと言うワクワク感を味わうために、消費者はこれらのサービスを利用するのです。

また、このサービスでは自身で商品を選ばなくてよいと言うメリットもあります。

現代の消費者は、溢れるように存在する商品から、自身に必要な商品を選択すると言う行為に疲弊していることが多く、そのような消費者は、自身に必要と思われる商品を選んでほしいと考えるのです。

さらにこのサービスが、消費者から支持される理由として挙げられるのが、消費者自身では選択しないような商品が届けられるということです。

例えば、アパレル商品であれば、自身には似合わないと思っていたデザインの商品などが届けられるのです。

消費者にはそれぞれ好みがありますが、それがその消費者に最適とは限りません。

第三者から見た場合、自身の好みとは異なるデザインの方が似合うということもあり、それが新たな発見に繋がるのです。

自身の隠された嗜好や魅力を、これらのサービスによって発見できることもあるのです。

これは、消費者にとって、非常に心が踊る体験であり、このような体験を得たいがために、多くの消費者がこれらのサービスを利用するのです。

まとめ

サブスクサービスは、消費者の日常に根付きつつありますが、サービスが増えすぎていると言うの事実です。

同じようなサービスが増えれば、競争は激しくなるのが当然であり、他のサービスとの差別化が必要となります。

ただ、便利でお得に商品やサービスを利用できると言うだけでは、増えすぎたサービスの中で選択してもらうことはできないのです。

そして、その差別化に重要となるのが、今回説明したワクワク感のあるサービスを提供することなのです。

日常に必要なものを購入するだけであれば、サブスクサービスでなくとも良いのです。

サブスクでなければできない体験を提供することが、今後のサブスクビジネスにおいて重要なことなのです。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ