サブスクリプション

サブスクリプション集客に効果的な「ジオターゲティング」とは

今、デジタル領域を中心にサブスクリプションビジネスがトレンドになっています。

非デジタル領域でもどんどんサブスクリプションが展開されており、サブスクリプションは国内でも大流行の兆しを見せていることでしょう。

サブスクリプションは多くの企業が展開しているからこそ、いかにして自社商品やサービスを認知してもらい、集客をするのかが非常に難しいポイントになりますよね。

ここ数年で主流になった広告手法もさまざまにあるのですが、中でも特に注目を集めている「ジオターゲティング」という手法をご存知でしょうか。

ジオターゲティングは、スマートフォンなどのモバイル端末が普及するに伴って目立ってきた手法でありますので、今の時代にふさわしい広告手法だと言えるでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション集客に効果的な「ジオターゲティング」についてお話ししていきたいと思います。

新しい広告手法で、サブスクリプションWebサイトへの集客を図りたいという方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「ジオターゲティング」とは

ジオターゲティングとは、GPSやビーコンを利用してユーザーの位置情報を割出、広告を配信する手法です。

そもそもジオターゲティングの「ジオ(geo)」とは、「土地」を表す英語であり、土地を利用したターゲティングのことを言います。

ユーザーの位置情報を利用して、特定の場所にいるユーザーに限定して広告を配信することができます。

なぜそのようなことができるのか、ジオターゲティングの仕組みは、パソコンユーザーの場合はIPアドレス、そしてスマートフォンユーザーの場合はGPS、さらに最近ではビーコンを利用して、ユーザーの位置情報を特定し、ターゲティングに活用しているのです。

ユーザーの現在地を把握することはもちろん、過去に検索したことがある場所や、過去に滞在したことがある位置なども把握することができますので、それらすべての情報をターゲティングに活用できます。

これらの細かな情報は、広告配信のためにユーザーの行動を把握する上で、かなり重要な価値を持つものになるでしょう。

たとえばFacebook広告の場合、広告配信エリアを指定する際、「この地域すべての人」「この地域に住んでいる人」「最近この地域にいた人」「この地域を旅行中の人」という項目が存在します。

この場合、同じ場所であっても「この地域に住んでいる人」と「この地域を旅行中の人」ではまったく異なるニーズを持ったユーザーですよね。

だからこそ、それぞれのユーザーニーズに応えることができる広告を配信するために、非常に役に立つのです。

メリット

ジオターゲティングを行う際、もっとも良く分かりやすい例としては、実店舗からWeb広告を出稿している場合でしょう。

実店舗でのユーザ―との距離感というものは、ユーザーが店舗に来店してくれるかどうか、ということが大きく影響します。

ですので、できるだけ実店舗に近い位置にいるユーザーに広告配信をすることこそ効果的で自然な形なのです。

もし来訪率の低いユーザーにまで広告配信を行ってしまえば、その分広告コストもかかってしまいますし、効果的なアプローチをすることができませんよね。

このように、来訪の可能性が高いユーザーに対して効果的なアプローチを行い、そして来訪する可能性が低いユーザーに対してアプローチを弱めることで、広告費を削減することができるということこそ、ジオターゲティングの最大のメリットでしょう。

また、ユーザーの過去の滞在場所を把握することで、ユーザーの趣味趣向を見ることができますので、これも大きなメリットになるでしょう。

たとえば、ある時刻に特定の場所に多くのユーザーが集まっている場合、その場所で何らかのイベントが開催されていたことがわかりますよね。

そのイベントがどのような内容のイベントであったのかを把握できれば、そこの場にいた多くのユーザーの趣味趣向も分かります。

サブスクリプションビジネスとして活用する場合には、これはイベントに限らず競合他社の店舗などにも置きかえることができますよね。

そこからユーザー群をターゲティングし、的確に広告配信を行うことで、自社店舗に来訪する可能性が高いユーザーに効果的なアプローチをすることができるのです。

多くのユーザーの趣味趣向を把握することができる点において、サブスクリプションビジネスにはかなり有力なデータになることでしょう。

また、位置情報に関しても、比較的ユーザーは位置情報を個人情報であるという意識が低いため、心理的障壁が低いのです。

今やスマートフォンなどでマップアプリなどを利用する場合には、当たり前のように位置情報を提供しますが、この際多くのユーザーは自身の個人情報を利用しているとは思わないでしょう。

だからこそ嫌悪感を抱きにくいからこそ、これらの情報は得やすいのです。

まとめ

以上、サブスクリプション集客に効果的な「ジオターゲティング」についてお話しさせていただきました。

最近では、実店舗を運営しながらサブスクリプションサービスを提供する、という店舗も多くなってきましたので、ジオターゲティングはサブスクリプション集客にかなり有効活用できると考えられるでしょう。

ぜひジオターゲティングを活用して、効率の良い集客活動を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ