サブスクリプション

国内サブスクリプション企業がグローバル化を図るには

今、日本の国内企業において、サブスクリプションビジネスが非常に注目をされていることでしょう。

国内でも商品やサービスに対してのサブスクリプションの需要が、年々増加傾向にあるため、さまざまな商材を扱う企業がサブスクリプションの導入を開始しています。

サブスクリプションは、顧客にとってもお得に便利にサービスを利用することができますし、企業にとっても顧客により長くサービスを利用してもらうことで、安定した収益を得ることができますので、企業にとっても顧客にとっても非常に利点が多いビジネスであると言えるでしょう。

今日本国内でのサブスクリプションビジネスの展開が多くなってきており、成功企業もどんどん増えてきていますよね。

そうなると、企業の中では「グローバル化」を検討されることもあるでしょう。

ビジネスをしている者としては、今後のグローバル化というものは無視することが出来ないかと思いますが、国内企業がグローバル化を検討した場合には、どんなことに対する理解が必要になってくるのでしょうか。

そこで今回は、国内サブスクリプション企業がグローバル化を図るにはどうすれば良いのか、ということについてお話ししていきたいと思います。

国内企業にてサブスクリプションビジネスを行っている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

グローバル化の現状

そもそもグローバル化とは、ビジネスなどの社会や経済に関するものが、国や地域を越えて世界的に拡大し、変化をもたらすことです。

ここ数年、テクノロジーが目まぐるしく発展しているので、グローバル化が急速に進んでいるので、企業としては注目しておきたいところでしょう。

ですが、実際のところ供給連鎖こそグローバル化が進んでいますが、マーケティングに関しては十分に進んでいないと言えるでしょう。

ですので今、どんなに盛り上がりを見せている国内のサブスクリプション企業であっても、なかなかグローバル化には踏み切れないということなのです。

国内企業がグローバル化に対応するための課題

1:企業文化と価値観

まず挙げられる課題は、企業文化と価値観です。

この企業文化と価値観に関しては、国内企業がグローバル化に踏み切らない最大の要因といわれており、この意識を変えることこそ、最も重要なポイントなのです。

これらは運営者の思考が第一となりますが、もしグローバル化を図ることを検討されている場合には、企業文化や価値観がグローバル化を視野に入れていない場合には非常に難しいと言えるでしょう。

2:日本人人材のグローバル化

もし企業がグローバル化を図りたいと思っていても、企業内にグローバル化に対応できる人材がいなければグローバル化は難しいですよね。

たとえば企業内に外国語を話すことができる人がいないとなると、対応に時間がかかってしまいますし、ビジネスとしては非常に不向きであることでしょう。

今これは非常に大きな課題になっており、総務省の調査によれば、1,000社の企業のうちおよそ70%もの人が、海外事業に必要な人材が不足していると回答しているのです。

そしてもし、外国語を話すことができる人を確保できたとしても、その人が海外赴任を希望しない場合も考えられるのです。

もし本気で企業のグローバル化を図りたい場合には、自社の従業員の海外事業向けの教育を行ったり、外国人を積極的に雇うことを前向きに検討していきましょう。

3:国外でのブランド構築

そもそも日本の企業は、グローバルそのものを意識することが出来ていない場合が多いのです。

ブランド戦略を立てて成功させている国内企業は多いのですが、それ以上のアジアレベルでの戦略や世界レベルでのブランド構築を行っている企業は非常に少ないと言えるでしょう。

さまざまな課題がありますが、グローバルの視点で見たときに、今現在はどの位置にいるのか、世界的に日本企業はグローバル化に通用するのか、という考えが重要なのです。

まずは企業をグローバル化するという強い思いと共に、視野を大きく広げて世界の多くの企業と勝負をする、という意識を持つことが大切なのです。

まとめ

以上、国内サブスクリプション企業がグローバル化を図るには、ということについてお話しさせていただきました。

国内ではサブスクリプションビジネスのシェアが拡大しており、グローバルを意識する企業も多いかと思います。

そもそも、サブスクリプションビジネス自体、世界的に流行しているビジネスモデルであるため、「自社もいつかは世界へ」という目標を持つことでしょう。

そのためにはまず、客観的にグローバル化について考え、そして現状の課題をどう解決することができるのか、ということをしっかり検討し、ビジネスをスタートするべきなのです。

グローバル化に成功している企業もありますので、ぜひそれらの成功事例を参考に、より良い成果を出して下さいね。

まずは気軽に問合せ