サブスクリプション

サブスクリプションビズネスを行う上で大切なたった一つのポイント

この記事では、サブスクリプションビジネスを行う上で非常に大切なたった一つのポイントをご紹介しています。

現在、サブスクリプションサービスへの関心が非常に高まっており、参入する企業も年々増加しています。

しかし、サブスクリプションサービスは決して簡単なビジネスではありません。

そこで、今回はサブスクリプションビジネスを行う際にとても大切になってくるポイントをご紹介したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクビジネスを行う上で大切なこと

結論から言うと、サブスクリプションビジネスを行う上で最も大切なポイントは「ユーザーとの繋がり」です。

例えば、よくありがちなのが「単品売り切り商品」をサブスクリプション型に切り替えると、収益が安定すると考えている場合が非常に多いのですが、「単品売り切り商品」を「サブスクリプションビジネス」に切り替えても、所詮「サブスクリプション的なサービス」にしかなりません。

なぜなら、サブスクリプションとはそもそもユーザーが手を出せないような商品やサービスを定額制にすることで初めて価値が出て契約に繋がります。

「単品売り切りの商品」の場合、ユーザーはわざわざ継続的な契約をして課金する必要性を感じないと思います。

ユーザーは価値があると思うものでないとお金は支払わない

当たり前と言えば当たり前のことなんですが…、元々「単品売り切り商品」は売り切りというのだから、ユーザーが購入可能なものです。

わざわざサブスクのような定額料金を支払わなくても、手に入れることは可能なのだから「単品売り切り商品」をサブスクビジネスで展開しても上手くいくことはありません。

上記でも書いている通り、「単品売り切り商品」をサブスクビジネスに展開するなら、「単品売り切り商品」に関連する価値のある付加価値を付けなければ、ビジネスとして成功することは少ないでしょう。

サブスクビジネスで最も大切なのは「ユーザーとの繋がり」

そして、圧倒的に必要なのがユーザーとの繋がりです。

定額制とも言われるサブスクビジネスは、ユーザーに継続的に利用して頂かなければ利益を上げることは出来ないと思います。

「単品売り切り商品」をサブスクビジネスとして展開していくなら、関連する付加価値の他に、そのサービスや商品を購入したユーザーがそのサービスや商品を購入した後にどのようなことをすればよいのかと言った先のビジョンを見ておく・知る必要があります。

なぜなら、サブスクビジネスはネット上のビジネスでもあるので、会員登録などをしてしまえば簡単に契約することが出来る一方で、簡単に契約が出来るなら簡単に解約することも出来るからです。

この「簡単に契約・解約することが出来る」ユーザーを、いかに手放さないようにするかと言う点で重要になってくるのが「ユーザーとの繋がり」です。

では、ユーザーとの繋がりを強めるにはどうしたら良いかというと、地道にユーザーの生の声を聴くのが一番です。

ユーザーの生の声は、時に耳が痛くなるような内容もあると思いますが、ユーザーの生の声ほど参考になるものはないと思います。

ユーザーの望むものを知り、その望むものをいかにサービスとして・商品として提供するか。

そして、そのサービスや商品を提供した先に次はどのようなビジョンが見えてくるのか。

ということまで先読みしてビジネスを展開していけば、例え「単品売り切り商品」であってもサブスクビジネスで成功すると思います。

例えば、「このサービス(商品)を利用すれば、自分の生活は豊かなものになる・充実したものになる」とユーザーに思わせることが出来れば、そのサブスクビジネスが成功する確率は格段に高まります。

しかし、それを分からずに自社の利益だけを見て展開してもユーザーの心に響くことはないと思います。

だからこそ、ユーザーの生の声や要望・またユーザーとの繋がりが一番重要になってくるのです。

まとめ

今回は、サブスクリプションビジネスを行う上で大切なたった一つのポイントとして「ユーザーとの繋がり」をご紹介してきました。

サブスクビジネスは、今や様々な企業が導入しブームといってもおかしくないくらい身近なものとなっています。

それだけ、ユーザー側にとっても身近なサービスなのだから競争が激しくなるのは必至です。

そこで、成功するか失敗するかの分かれ道が「ユーザーとの繋がり」です。

サービスをいかに充実させてもユーザーの望むものでなければ、意味がありませんし利益を上げることも出来ません。

これはサブスクビジネスに限らず、あらゆる面で共通していることだと思います。

しかも、ただユーザーを満足させるだけでなく、ユーザーが満足した先に望むものまで先を見越した上でビジネスを展開しなければ必ず行き詰ると思います。

ですので、ビジネスである以上もちろん利益も大切ですが、いかにユーザーと繋がり、ユーザーの声を拾い上げることが出来るかがサブスクビジネスを行う上で非常に大切なポイントになってくるのではないかと思います。

まずは気軽に問合せ