単品リピート通販

単品リピート通販においてサブスクリプション導入を検討したときのチェックポイント

サブスクリプションビジネスとは今、非常に注目を集めているビジネスモデルであると言えるでしょう。

サブスクリプションサービスを提供することで、企業は継続的に安定した収益を得ることができますし、ユーザーにとってもお得で便利に快適な生活をサポートしてくれるツールになりますので、企業にとってもユーザーにとっても非常にメリットが大きいビジネスモデルですよね。

サブスクリプションと言えば、数年前に音楽や動画のデジタル配信サービスが大きな注目を集め、サブスクリプションの代表とも言われています。

そこから今では、日本でも数多くの企業にサブスクリプションモデルが導入されており、非デジタルサービスであってもサブスクリプションが導入され、次から次へと成功を納めているのです。

もちろん、撤退せざるを得ない企業も数多く、成功する企業と失敗してしまう企業に分かれてしまいますよね。

まだ日本では売り切り型のビジネスが多いのですが、それでも今後サブスクリプションは大きく注目されることが予想されますので、導入を検討されている企業も多いことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション導入を検討したときのチェックポイントについてお話ししていきたいと思います。

今後サブスクリプションの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:企業とユーザーにメリットはあるか

まず第一のポイントとしては、企業とユーザー双方にメリットがあるか、ということです。

サブスクリプションを導入するに当たって、双方にメリットが見込まれなければ、導入する意味がありません。

そしてそのメリットを得られるのは企業だけでは意味がなく、もちろんユーザーだけでもいみがありません。

双方に高いメリットを得られるビジネスもでるであるからこそ、サブスクリプションを導入する価値があるのです。

自社が提供しようとするサブスクリプションサービスには、すべての関係者にとってメリットがあるかをしっかり考慮する必要があるでしょう。

顧客が手頃な値段でサービスを利用することができるか、自分で管理することに手間はかからないか、幅広く楽しむことができるか、という顧客目線と、企業が顧客開拓を図ることができるか、長期的に利用してもらえることができるか、利益を得ることができるか、ということを重視して考えていきましょう。

ポイント2:顧客との継続した関係を築けるか

サブスクリプションサービスを契約してもらう場合、年契約と月契約があります。

ひとつではなく、さまざまなプランを提案することで、顧客の負担を減らすことができますし、自主的にも長く継続してもらえることができますよね。

そしてもしユーザーが解約を検討した場合のことを考え、解約金などは設けないようにしておきましょう。

解約金を設けないでおくと、顧客は自由に解約をすることができるという安心感を感じることができますので、継続して利用したいという気持ちに繋がるのです。

そしてユーザーにより長く利用してもらおうと思う場合には、顧客との「信頼関係」が非常に重要になってくるでしょう。

規定を確立させ、正しい管理を行い、セキュリティを強化することで、顧客が理解しやすくサービスを利用しやすくなるのです。

ユーザーが常に安心して利用することができ、信頼度を下げる行動は絶対にしないことこそ、サブスクリプションビジネスの売り上げに繋がってくるのです。

ポイント3:気軽に利用することができるか

サブスクリプションサービスの良さを理解し、自社のサービスを気に入ってもらうには、まずはユーザーに気軽に利用してもらわなければなりません。

そのためにもまずは新規顧客獲得のために、サービス利用のハードルを大きく下げてみましょう。

よくある例としては、お試し期間として「無料期間」を設けることです。

数週間~数ヶ月の無料期間を設けることで、実際にユーザーにサービスを利用してもらい、利便性を感じてもらい、そして無料期間が終わるころにはユーザーの生活にしっかり浸透している、という形が理想ですよね。

登録の手間を取らせないためにもSNSアカウントと連携させ、ユーザーの抵抗を少しでもなくすことも、有効的な手法です。

サービスの利便性だけでなく、実際の利用料金の手軽さ、気軽さを感じてもらいましょう。

これを完璧に行うには、事前にサービス料金の適切さや競合他社の提供内容をリサーチすることが大切です。

まとめ

以上、サブスクリプション導入を検討したときのチェックポイントについてお話しさせていただきました。

今注目を集めているビジネスモデルであるからこそ、早速導入ではなく、導入前に入念にチェックし、ミスが無いようにビジネスを開始しなければなりません。

サブスクリプションビジネスを成功へと導くためにも、これらのチェックポイントは非常に重要なことですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ