単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクリプションを導入しやすい企業と、向いていない企業

今さまざまな企業から、サブスクリプションビジネスが注目されています。

デジタルサービスの展開が主流になっていたのですが、ここ数年このビジネスモデルが急成長を遂げており、今では非デジタルサービス業界までもサブスクリプションの導入が始まっています。

サブスクリプションビジネスは、大きく分けて「定額制」「従量制」の二種類があり、日本でもどんどん成功事例が多くなってきています。

定額制サブスクリプションは、デジタル系サブスクリプションにて成功することが多いのですが、今後多くなってくると予想されているものは、使った分だけの料金を支払う「従量制課金」だと言われているのです。

どんどんと分野を拡大し実績を上げているので、まだサブスクリプションを導入していない企業の方にとっては「ぜひうちもサブスクリプションを導入したい」と考えられていることでしょう。

ですがすべての企業にサブスクリプションが合うというわけではありません。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに向いている企業と、向いていない企業について詳しくお話ししていきたいと思います。

今後自社のサブスクリプション業界への参入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションに向いている企業

サブスクリプションビジネスは「課金システム」が非常に多いので注目されていますが、そもそもサブスクリプションの本質を追求すると「顧客と企業の相思相愛関係を契約として表す」ということになります。

顧客が企業に対し愛着を持ち、そして満足し続けてこそサービスを長期にわたって利用しますよね。

そして企業はその顧客に寄り添い、生活の一部になるようなサービスを提供しなければなりません。

いわゆるサブスクリプションビジネスを成功させるには、この企業と顧客の間にある「つながり」をいかに長く維持することができるか、ということが重要なのです。

ですので重要な判断基準としては、今のビジネスにおいて顧客とのつながりを維持することが出来ているか、もしくは維持する努力をしているか、という企業こそ、サブスクリプションビジネスを導入しやすい企業と言えるでしょう。

サブスクリプションに向いていない企業

サブスクリプションビジネスに向いていない企業は、顧客と企業の関係は「一期一会」であると考えている企業です。

このような考えを持っている企業は、サブスクリプションを導入したとしても決して成功することはないでしょう。

顧客と企業の良好な関係性のためにコストをかけない、もしくは商品やサービスを販売した後、顧客から意見があったとしてもその対応に注力しない企業であれば、サブスクリプションには向いていません。

もちろん、常連顧客が多くそのような経営方針で成功している企業であれば、現状は十分な利益を得ることができていますし、すでに継続性も高いことがありますので、サブスクリプションを導入してもあまり良いメリットは無いと考えられますので、逆に導入すべきでないと考えられるでしょう。

サブスクリプションの将来性

サブスクリプションは今、世界的に見ても非常に大きな広がりを見せていますよね。

サブスクリプションビジネスを成立させるにはやはり、顧客との関係を長期的に維持することにあります。

契約がされたその瞬間から顧客との関係が始まり、顧客はいつでも解約をすることができるので、少しでも不満を抱いてしまえばすぐにその関係が終わってしまいます。

関係が終わってしまえばもちろん、企業の収益も下がってしまいますので、いかに顧客に寄り添ったサービスを提供し、満足し続けてもらうことができるか、ということが重要になってくるでしょう。

ですので、顧客との長期的な関係を築くには、まずそのサービスを利用することで顧客が感じることの利便性だけでなく、そのサービスを利用することでもたらされる良い変化を提供する必要があるでしょう。

ですので、サブスクリプションビジネスを拡大させるには、蓄積して得たデータを基に顧客が自社に本当に求めているものをしっかり理解し、常にサービスを改善し続け、顧客の望みを実現するような方法を提案し続けることが求められるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプションを導入しやすい企業と、向いていない企業についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションは今注目度の高いビジネスモデルであるからこそ、より多くの収益を求めてサブスクリプションの導入を検討される方が多いかもしれませんが、このように導入可能な企業と導入すべきでない企業があることを理解しておかなければ、失敗に終わってしまう場合があるのです。

サブスクリプション業界への参入をお考えの方はぜひ、このような項目に注意して、適切な判断をしてくださいね。

まずは気軽に問合せ