サブスクリプション

サブスクリプションビジネスで知っておくべき「キーワードプランナー」とは

今の時代、ユーザーの需要が所有から利用へと移り変わっており、その背景のもとサブスクリプションビジネス市場が非常に大きくなっています。

サブスクリプションビジネスが拡大し始めた当初は、ソフトウェアのみのサブスクリプションビジネス化が進んでいたものの、

最近ではモノのサブスクリプションサービスも始まっており、今後もさらにサブスクリプションビジネスが拡大していくだろうと考えられています。

サブスクリプションビジネスを行う上でWebサイトを運営するかと思いますが、このWebサイトの運営にはGoogleが推奨するGoogleキーワードプランナーをSEOに効果的に活用していくべきでしょう。

自社でのWebサイトを所有している場合は特に、アクセス数が増えることは集客に繋がりますので、アクセス数を増やすためのSEO対策が重要なのです。

このSEO対策をしっかり行うには、キーワードプランナーを理解しておくべきでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスで知っておくべき「キーワードプランナー」とは何か、ということについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスで効率よく売り上げを上げていきたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーとは、広告出稿のコストをシミュレーションする機能であり、主に広告ツールとして用いられるものです。

アフィリエイトやWebサイトの運営でもキーワードの調査ツールとして活用することができますので、使い方次第ではSEO対策にも十分有効に活用できるのです。

キーワードプランナーを活用することで、

  • 実際どれだけWebサイト上でキーワードが検索されているのか
  • そのキーワードに関係の深い新たなキーワードは何なのか
  • 自社Webサイトに関連する重要なキーワードは何なのか
  • ターゲットキーワードに対する競合度合

  • 以上を知ることができます。

    SEO対策のための手法は数多くあるのですが、まず第一ステップはキーワード選別でしょう。

    キーワードへの理解を深めることは、最終的にSEO対策に繋がっていきます。

    また、キーワードプランナーと合わせることで、Googleアナリティクスやサーチコンソロールを上手に合わせて活用することでキーワードの修正を行うことができます。

    もちろん、記事制作時、最初に狙うキーワードを間違えなければ、大幅に修正することはありませんので覚えておきましょう。

    キーワードプランナーの基本的な用語

    特に初心者の方がキーワードプランナーを活用していると、聞き慣れない専門用語が多く出てくるでしょう。

    全てを覚える必要はありませんが、正確なキーワードのマーケティングを行うためには基本的な用語は覚えておくべきです。

    代表的な専門用語としては、

    「月間平均検索ボリューム」「入札単価」「競合性」

    以上の3つでしょう。

    月間平均検索ボリュームとは、指定した月単位と検索ネットワーク上での地域であり、そのキーワードと類似パターンが検索された平均回数であり、これを基に、設定した1年間を通してキーワードの検索回数がどの時期に多いのか、ということを分析することができます。

    特に季節や流行に特化しているキーワードの場合、1年を通して検索数に差が生じてきますので、どうしてもおおよその数値になるでしょう。

    そして、入札単価とは、基本的に広告運用の際に用いられる用語であり、Google広告で言うと、広告掲載主は広告リンクがクリックされるたびに掲載料を支払い、その料金をクリック単価と言います。
    そして入札単価はこのクリック単価から算出されるものであり、その金額を支払うことで、広告を掲載することができる
    という目安になります。

    ですが、絶対的に広告が掲載されるというものではないので、実際に入札する際は注意しなければなりません。

    収益化を見込むことができるキーワードに関しては高額な掲載料が支払われますので、入札単価も高額になり、収益化が難しいキーワードの場合は入札単価が低くなります。

    そして、競合性に関しても、基本的に広告運用の際に用いられる用語であり、月間平均検索ボリュームに対し、入札している広告主の数によってキーワードの価値を表すものです。

    「高」「中」「小」の三段階に分けられており、高が一番広告主の多いキーワードであることを示しています。

    広告主が多いことは、そのキーワードが魅力的だということが分かり、企業がコストを費やしてSEO対策に取り組んでいることが分かるでしょう。

    まとめ

    以上、サブスクリプションビジネスで知っておくべき「キーワードプランナー」についてお話させていただきました。

    キーワードプランナーは、無料で利用することができ、サブスクリプションビジネスにも大いに役に立つツールです。

    SEO対策と聞くと、知識がなくてができないもの、というイメージもありますが、実際はキーワードプランナーなどの簡単なツールを活用することで、誰でも対策をすることができるのです。

    ぜひサブスクリプションビジネスにもキーワードプランナーを有効活用し、上手く集客に繋げ、売り上げを向上させてくださいね。

    • おすすめの投稿がありません
    まずは気軽に問合せ