サブスクリプション

サブスクリプション集客に欠かせない「ランディングページ」について

サブスクリプション集客に欠かせない「ランディングページ(LPO)」について

世の中が次々のIT化が進み、消費者行動に大きな変化が見られるようになってきました。

だからこそ、ここ数年でサブスクリプションビジネスが大きくクローズアップされるようになり、今多くのビジネスがサブスクリプションの導入を始めていることでしょう。

サブスクリプションビジネスにおいて集客活動は非常に重要になってくるのですが、集客施策に注目した場合、「ランディングぺ―ジ」を重要視しなければならないことをご存知でしょうか。

ランディングページの最適化という意味を表す「LPO」は、WeマーケティングやWeb集客において欠かすことの出来ない用語です。

ランディングページは、ユーザーがWebサイトに訪問した際に一番最初にみるページであり、このランディングページを改善することこそ、成果を向上させることができるのです。

そこで今回は、サブスクリプション集客に欠かせない「ランディングページ(LPO)」について、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスの集客に課題を持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

LPOとは

LPOとは、「Landing Page Optimization」という言葉の頭文字を取った略語であり、ランディングページ最適化を意味します。

ランディングページは上記で説明した通り、ユーザーがWebサイトに訪れた際に、まず最初に見るページであり、Web広告を出稿する際には広告をクリックしたユーザーに向けたランディングページを用意することもあるでしょう。

LPOに取り組むことで、コンバージョン率の向上を得ることができますので、サイトに訪れたユーザーをいかにしてコンバージョンまで誘導するか、ということこそLPOの役割と言えるでしょう。

どれだけコンバージョン率が重要なのか、例えば今コンバージョン率が0.5%の場合、2.0%まで改善することができれば、同じ広告費であっても売り上げに4倍もの差が生じるのです。

つまり、ランディングページにてLPOを実施することは、欠かすことのできない施策なのです。

LPOはコンバージョン率を上げることを目的とあいており、結果的に投資収益率であるROIの向上を目指しています。

Webサイトにに訪れたユーザーにいかにサイトに留まってもらうか、いかに次のページに移動してもらうか、ということを考える必要があるでしょう。

LPOの重要性

Web広告はクリック課金型のものが多く占めるためクリックされて初めてコストが発生しますので、広告が表示されるだけではコストは発生しません。

つまり、Web広告から自社サイトへ訪れている場合であればその時点でコストが発生するのです。

Webサイトへ集客するには、決して少なくはないコストが発生するにも関わらず、サイトに訪問してすぐに離脱してしまうユーザーが多ければ、せっかくのコストが成果に結びつかないのでもったいないですよね。

だからこそLPOに取り組み、自社サイトに訪れたユーザーにランディングページのコンテンツを最後まで読んでもらい、最終目的に近いページへ移動してもらうことによって、コストを成果に結び付けなければなりません。

LPOはランディングページ内でのユーザー行動を変化させることはもちろん、広告活動全体の費用対効果を最大化させるのです。

LPOの手順

LPOにて注視すべきなことは、対象のランディングページの直帰率、そして滞在時間、コンバージョン率でしょう。

もちろんそれぞれのサイトによって基準が異なるので、一概には言い切れないこともあるのですが、直帰率が極端に高いもしくは滞在時間が極端に短い場合には、ランディングページのどこかで離脱してしまっていることがあるでしょう。

ページのどこが良く読まれていて、逆にどこで離脱してしまっているのか、というようなユーザーの細かな行動を見るために「ヒートアップツール」を利用しましょう。

ヒートアップツールを利用してユーザーの離脱の原因を見つけます。

それがわかれば次に、競合他社のランディングページを収集し、競合はどのようなランディングページを制作しているのか、ということを調べてみましょう。

そこでもし競合が実施していて自社が実施していないことがあれば、それを真似して行ってみることをおすすめします。

「ファーストビュー」「CTA」「フォーム」を意識して優先的に取り組み、段階を踏んで進めてくださいね。

まとめ

以上、サブスクリプション集客に欠かせない「ランディングページ(LPO)」についてお話しさせていただきました。

LPOは終わりなき改善施策の繰り返しではありますが、コンバージョン率を上げるためには非常に重要なことです。

ランディングページに十分に取り組めていない、という方はその重要性をしっかり理解して、LPO施策に取り組んでみてくださいね。

まずは気軽に問合せ