サブスクリプション

サブスクリプションリード獲得のため「ランディングページ」を最適化する方法

今、世界ではサブスクリプションブームが起こっており、世界的な大手企業をはじめ続々とサブスクリプションの導入が始まっています。

サブスクリプションビジネスを展開することで、顧客は定額課金料金を支払うと、モノを持つことなくいつでも利用したいときに利用したいものを利用することができますし、企業にとっても安定した収益を得ることができますので、双方にとってかなりメリットが大きいビジネスモデルであると言えるでしょう。

このサブスクリプションビジネスを成功させるためには、「質の高いリード」を数多く獲得することが重要であり、これこそ売り上げに直結するものなのです。

つまり、サブスクリプションマーケティングにおいて、リード獲得を最適化することこそ、最重要ポイントなのでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションリード獲得のための「ランディングページ」を最適化する方法についてお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを成功させたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リード獲得における「ランディングページ」

そもそもリードとは、将来の取引相手となり得る見込み客のことであり、この見込み客を獲得することが、リード獲得です。

リード獲得は、「集客」「提案」「CTA」「ランディングページ」「フォーム」の5つの要素で成り立つのですが、特にその中でも効果的なランディングページを用いて魅力的な提案をすることこそ、ユーザー情報のフォームへの入力に繋がるのです。

つまり、いかにランディングページを効果的に活用し、ユーザーが名前とメールアドレスを教えてでもコンテンツを得たいと思ってもらえることができるか、ということが重要なのです。

「ランディングページ」の最適化

もうすでにサブスクリプションの広告運用を行っている方であればお分かりであるかと思いますが、優れた広告戦略を持っていたとしても、ランディングページの質が悪ければ成果に繋がることはありません。

つまり、どれだけCTAで魅力的な提案をしたとしても、それをクロージングすることができるランディングページの質が悪ければ、無駄になってしまうということなのです。

ランディングページはリード獲得ページであるからこそ、いくつかのテクニックを学ぶ必要があるのです。

気が散る要素はすべてカットする

ランディングページというものは、ユーザーが新しいコンテンツを発見するためのページではなく、惹きつけたユーザーに対しクロージングをかけるためのページです。

ですので気が散るような余計なナビゲーションなどは徹底的にカットする必要があるでしょう。

すでにこれを意識しているサブスクリプション企業のランディングページを見てみると、サービスに申し込む、ダウンロードする以外の要素がほとんどないことが分かります。

もしここに通常にブログなどと同じように他の情報を掲載していれば、他のコンテンツに目を奪われ移動されてしまう可能性がありますよね。

別の目的としてサイト内を回遊率を上げたい場合では多くのページを見てもらわなければならないのですが、リード獲得を目的とするのであれば、ナビゲーションを大体にカットする必要があるでしょう。

CTAとランディングページに一貫性を保つ

もしCTAで「ダウンロードをする」と記載したのであれば、ランディングページもダウンロードをするためのものにする必要があるでしょう。

これはかなり重要なポイントであり、ユーザーに「このリンクで合っているのか?」という疑問を抱かせないように工夫しなければなりません。

このようにCTAとランディングページに一貫性を保つことは非常に重要であり、ユーザーがCTAをクリックした後は余計な手間を感じさせたり、ユーザーの期待を裏切るようなランディングページであってはいけません。

シンプルで分かりやすい

この場合のランディングページは、ユーザーはもうすでにある程度ニーズを持ち、内容を理解した上で訪れていますので、派手さを重視するよりもシンプルで分かりやすいことが大切です。

広告用のランディングページであれば、競合他社よりも選ばれることを目的としていますので、派手なデザインにしたり強いキャッチコピーが必要になるのですが、もうその段階はすでにブログなどによってコンテンツに触れており、その上でCTAをクリックしてランディングページに訪れています。

だからこそランディングページは、この提案はどのようなもので、誰のために、どんな価値があるのか、ということをシンプルに簡潔に伝え、必要最低限を意識しましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションリード獲得のための「ランディングページ」を最適化する方法についてお話しさせていただきました。

ランディングページは、ユーザーにとってのメリットを伝えるページに特化していることを忘れてはいけません。

これらのテクニックがあるか、ないかでは成果に大きな違いが見られますので、ぜひこれらのポイントを意識してランディングページを作成してくださいね。

まずは気軽に問合せ