サブスクリプション

サブスクリプションビジネスSEO対策のための、Webライティングのコツ

どのビジネスにおいても、いかにして効率よく収入を得ることができるか、ということは非常に重要なポイントになるでしょう。

そのための手法のひとつとして今、サブスクリプションビジネスが非常に大きな注目を集めています。

サブスクリプションとは、一定の料金を支払うことで、定められた期間内であれば商品やサービスを自由に利用することができる「権利」を得ることができる仕組みです。

音楽や動画などのデジタル領域だけでなく、非デジタル領域までもサブスクリプションビジネスが進んでおり、消費者からのサブスクリプションサービスに対する需要も年々高まっています。

ですので、サブスクリプションビジネスの展開を検討されている企業も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネスを行う際、多くの場合はWebサイトを構築し、集客や販売促進のためにオウンドメディアを活用するでしょう。

特にブログやWebマガジンにおいては、良質なコンテンツを発信することで、SNSでの拡散にも期待することができます。

ですがどれほど魅力的なコンテンツを作成したとしても、検索エンジンで上位表示されなければ多くの人から見てもらうことができず、意味が無くなってしまいます。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスSEO対策のための、Webライティングのコツをお教えしたいと思います。

サブスクリプションビジネスでオウンドメディアを有効活用したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Webライティング

ユーザーが知りたい情報がある場合、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、それに関連するキーワードを入力し、それを探し出して表示させますよね。

この際、表示されるWebサイトの順番は、検索した人にとって価値があるか、信頼できるものなのか、という検索エンジン側の評価によって決まります。

ここ数年でインターネットの普及に伴い、Webサイトの数が増加しているため、ユーザーにとって有益な情報がより多く掲載されているWebサイトが、検索エンジンから高く評価される傾向にありますので、コンテンツ自体を充実させることが重要になってきます。

そこで重要であるものが、「Webライティング」なのです。

適切なWebライティングを作成しなければ、たとえどれほど魅力的な情報であったとしても、検索エンジンからの評価を得ることができませんので、検索結果の表示順位が大きく変わってくるのです。

Webライティングのコツ

1記事につき1テーマ

ユーザーにとっても検索エンジンにとっても、そのページを一目見ただけで、何についてかかれているのか、ということを分かるようにしておくことがポイントです。

だからこそ、1つの記事につき1つのテーマに絞り込んでおくことが重要です。

1つの記事に色々と盛り込んでしまうと、何を伝えたくて書かれた記事であるか、ということが分かりにくくなってしまいます。

代名詞を使わない

たとえば、文章内で「この価格は」と記載したとしましょう。

この場合、ユーザーは理解できたとしても、検索エンジンからするとどの価格であるかが判断できませんので、「〇〇の価格は」というように正確に表記し、
代名詞を使わない表現を意識することで、検索エンジンから評価されやすくなるでしょう。

魅力的なタイトルを付ける

Webライティングを行う上で、どのようなタイトルを付けるか、ということは非常に重要になってきます。

タイトルは、検索順位に影響するだけでなく、ユーザーのクリック率にも大きく影響しますので、検索エンジンとユーザーの両方をしっかり意識してタイトルを付けることが重要です。

そして、タイトルには、上位表示させたいキーワードを盛り込むことが重要です。

検索エンジンがそのページを評価する上で、「タイトル内に最適なキーワードが入れられているか」ということを重要視していると考えられていますので、28文字前後を目安に、しっかりキーワードを盛り込んだ魅力的なタイトルを付けましょう。

見出しタグを適切に使用する

検索結果の順位は、見出しの付け方も大きく影響するでしょう。

通常、見出しのタグを用いてページ内の見出しを表示させるのですが、検索エンジンは他の本文よりもこの見出しタグが重要視されますので、見出しタグを適切に使用することで、SEO効果に期待することができるのです。

また見出しは、ユーザーに対しページを見やすくしたり、ページ構成を分かりやすくするためにもありますので、ユーザビリティの向上にも期待することができます。

まとめ

以上、サブスクリプションSEO対策のための、Webライティングのコツをお教えいたしました。

お分かりいただいたかと思いますが、同じような内容の記事を作成したとしても、意識すべきポイントを意識していなければ、まったく意味がなくなってしまい、SEO効果に大きな違いが生じてしまいます。

魅力的な記事を作成し、その記事を多くの人に読んでもらい、集客と販促に繋げるためにも、ぜひこれらのコツをしっかり意識して、Webライティングを行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ