サブスクリプション

実店舗を運営するサブスクリプションにおすすめの「ローカル検索広告」

今、消費者は商品を購入して所有し、使用するのではなく、そのモノを利用したいときに利用した分だけの料金を支払うサブスクリプションビジネスが注目を集めています。

サブスクリプションが拡大し始めた当初は、ソフトウェアやデジタルコンテンツが中心であったのですが、今では非デジタル領域にまでも広がり、自動車や飲食、アパレルなどにもサブスクリプションが浸透しつつあるのです。

特に最近では実店舗を運営しながら、サブスクリプションサービスを提供するということも多くなってきましたよね。

サブスクリプションビジネスは、消費者と企業双方にとって大きなメリットがありますので、導入を検討されている方もきっと多いことでしょう。

ですが店舗型ビジネスを運営している場合、Web広告を出稿して自社Webサイトに誘導するよりも、直接店舗に足を運んでほしいと考える方も多いでしょう。

そこで今回は、実店舗を運営するサブスクリプションにおすすめの「ローカル検索広告」について詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションとして実店舗商品を提供しようとお考えの場合は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ローカル検索広告とは

ローカル検索広告とは、Google広告に用意されている広告メニューのひとつです。

店舗型ビジネスに特化した昨日を持った配信方法であり、リスティング広告のひとつでもあります。

Google広告にはWeb広告でありながらも実店舗への来店を誘導することができるうえ、来店をコンバージョンとして計測までできる仕組みが用意されているのです。

ローカル検索広告では、GPSに基づいた位置情報、そしてあらかじめ登録しておいた店舗住所や電話番号などの詳細な情報を紐付けて、自社店舗周辺でインターネットを利用していたり自社店舗周辺地域について検索をしているユーザーに対して広告を配信することができるのです。

そして検索結果だけでなく、Googleマップにも広告が掲載されますので、よりユーザー行動にアプローチをすることができるのです。

つまり実店舗を運営する上ではローカル検索広告での広告施策は必須になることでしょう。

メリット

ローカル検索広告の最大のメリットは、「位置情報を利用することができる」ということでしょう。

店舗とユーザーの位置情報に基づいた広告掲載を行うことができますので、ターゲットとしたユーザーに店舗まで足を運んでもらいやすくなるのです。

もし店舗が複数ある場合であっても、その場のユーザーに最も近い場所にある店舗の住所を表示することができますので、ユーザーに対し的確にアピールすることができますよね。

また、「Googleマップ」に掲載することができるということにおいても、大きなメリットと考えられます。

たとえばユーザーがGoogleマップで検索を行った際に、その検索ワードと自社店舗の情報があっていれば、自動的に検索候補の一番上に自社広告が掲載され、さらにGoogleマップ状にもピンが掲載されるようになっています。

そうなるとユーザーからの視認性が高くなりますので、自然と興味を持ってもらいやすくなるでしょう。

また、「効果計測の精度が高い」という点もメリットです。

ローカル検索広告では、オフラインとオンラインのさまざまなユーザーの行動をコンバージョンとして計測することができます。

オフラインのコンバージョンの計測の場合、通常であればオフライン上で記録されたデータをGoogleにアップロードしなければなりませんが、ローカル検索広告はそれをする必要がありません。

ですが、実店舗への来店コンバージョンは、すべての広告主が利用できるわけではありませんので、Google広告ヘルプを読み、条件を確認しておきましょう。

ローカル検索広告の効果計測

ローカル検索広告を設定することで、自動的に店舗ビジネスのためのコンバージョンが設定されます。

「通話ボタンをクリック」「Webサイトへの訪問」「その他のエンゲージメント」「経路」「実店舗への来店」がローカル検索広告のコンバージョンポイントになります。

ローカル検索広告の目的は、あくまでも実店舗への来店でありますので、通常のWeb広告とはコンバージョンの数値については異なることを理解しておきましょう。

まとめ

以上、実店舗を運営するサブスクリプションにおすすめの「ローカル検索広告」について詳しくお話させていただきました。

ローカル検索広告は、Googleのマイビジネス設定さえ行えば、すぐに掲載することができる非常に手軽で簡単な広告ですので、もし店舗を運営しさらにサブスクリプションサービスも提供しようと考えられているのであれば、ぜひ利用することをおすすめします。

大きなメリットを得ることができますし、ローリスクハイリターンの広告手法ですので、実店舗を運営するサブスクリプション企業の方は、ぜひさっそく取り入れてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ