サブスクリプション

サブスクリプションを長期運用するため、離脱率を低くする方法

サブスクリプションを長期運用するため、離脱率を低くする5つの方法

今、新たな商品サービス販売手法として、企業からの注目を集めているものが、「サブスクリプションビジネス」ですよね。

従来であれば、ユーザーが欲しいモノを購入して「所有」することに価値を見出していたのですが、モノを持たない時代になり、所有するよりも「利用」することに価値を見出すようになってきました。

ですので、サブスクリプションビジネスは今の時代背景に非常に伴っているビジネスモデルであると言えるでしょう。

そして、今ではあらゆる業界において、サブスクリプション界への参入を始めています。

サブスクリプションビジネスは、長期運用をしていくことこそ、収益の増加を見込むことができます。

そしてその長期運用を行っていくには、いかに「離脱率」を低くするか、ということが非常に重要になってくるのです。

そこで今回は、サブスクリプションを長期運用するため、離脱率を低くする5つの方法についてお話しさせていただきたいと思います。

これからサブスクリプションの導入をお考えの企業担当者の方はもちろん、今サブスクリプション運用にお悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:ターゲット層を明確にする

サブスクリプションサービスを提供する企業によっては、新規顧客率が向上しているにも関わらず、離脱率が高いという場合があるかと思います。

そういった場合には、ターゲット層が明確になっていないことが要因に挙げられるでしょう。

自社はどんな企業であるのか、提供サービスのターゲットとなるユーザーはどんな人なのか、サービスを利用することでユーザーにはどのようなメリットがあるのか、どこでターゲットユーザーを見つけるのか。

以上のことがはっきりと明確になっているでしょうか?

もし明確でないものがあるのであれば、すぐに設定をし直す必要があるのです。

自社がターゲットとするユーザーにしっかりアプローチするようにしましょう。

2:お得なプランを用意する

提供するサブスクリプションサービスに、複数の料金プランを用意する場合、そのプラン内容に差をつけなければなりません。

高額なプランほど、ユーザーがサービス内容をより満足だと感じるようにする必要がありますし、「お得だ」と感じてもらうことが重要なのです。

たとえば月額プランと年間プランがあるとしましょう。

この場合には年間プランをお得にする必要があります。

年間プランを契約してくれるユーザーは、より長くサービスを利用してもらえますし、そのサービスが生活の一部分となり、習慣化してくれる可能性が高いですよね。

割引やサービスを用いて、「お得なプラン」を提供しましょう。

3:便利機能を追加する

より多くのユーザーに長く利用し続けてもらおうと思った場合には、日々機能の追加のための機能開発が非常に重要になってきます。

とくに、ユーザーに便利だと感じてもらえる機能は非常に有効的であると言えるでしょう。

たとえば、有料ユーザーのみ対応サービスや、サービス内容をより細かく利用するコツのメールでの情報配信や解説のためのYoutubeチャンネルなどが有効的です。

ブランドロイヤリティを生み出すことができれば、ユーザーに長期的にサービスを利用してもらうことができる可能性も、必然的に向上するのです。

4:離脱ユーザーの把握

サブスクリプションビジネスで収益を上げるには、離脱率をより低く抑えることができるか、ということが非常に重要なポイントです。

ユーザーは不満を持てば簡単に解約することができるので、いかに離脱を防ぐことができるかという問題があります。

離脱を防ぐためにも、離脱ユーザーを把握することが重要です。

たとえば、サービスの使用頻度が低いユーザーや、新機能に反応が無いユーザー、賞金支払が定期的でないユーザー、メールの返答率や開封率が低いユーザーは、離脱してしまう可能性が高いので、注意が必要です。

こういったユーザーに対しては、積極的にメールを配信し、ユーザーとのコミュニケーションを取っていきましょう。

上手くコミュニケーションを取り、より良いサービス内容を説明することができると、離脱を回避することもできるのです。

5:接客業務を重要視する

類似するサブスクリプションサービスが多いからこそ、ユーザーは簡単に他社サービスへ乗り換えてしまう場合があります。

その他社へ乗り換える理由の多くに、「接客の質が悪い」という意見が多くあることをご存知でしょうか。

そういったことを防ぐためにも、日々複数のプラットフォームでユーザーが望む対応を心がけたり、ユーザーからの意見を積極的に求めていきましょう。

そして、ユーザーの問題を解決した後は、フォローアップをすることも重要です。

このようにユーザーひとりひとりと良い関係を構築することも、離脱率を低くするきっかけになるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションを長期運用するため、離脱率を低くする5つの方法についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションは離脱率を下げてこそ、収益の伸びを感じることができるビジネスモデルです。

もし今収益が伸びないとお悩みの方は、ぜひ今回ご紹介した5つの方法を早速取り入れてみてくださいね。

まずは気軽に問合せ