サブスクリプション

サブスクリプション売り上げ向上のため、おすすめのLPOツール

今インターネット上の商品やサービスの販売において、サブスクリプションビジネスが多くの注目を集めていることでしょう。

サブスクリプションビジネスは、顧客が企業に一定の料金を支払うことで一定期間サービスを受けることができるビジネスモデルであり、定期購読、定期課金とも言われています。

消費者の購買行動が大きく変化し、価値観に変化が見られているからこそ、好きな時にすきなものを利用する、という需要が高まって来ているのでしょう。

サブスクリプションビジネスを行う企業にとって、安定した収益を得ることができることこそ最大のメリットと言えるのですが、既存顧客を確保しながらも新規顧客を集客することこそ、サブスクリプションビジネスの売り上げを向上させることに繋がりますよね。

サブスクリプションの売り上げを向上させるには、WebサイトのLPO(ランディングページ最適化)が大きなカギを握っていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、サブスクリプション売り上げ向上のため、おすすめのLPOツールをお教えしたいと思います。

今後サブスクリプションビジネスの展開を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

Googleオプティマイズ

Googleオプティマイズは、Googleが提供しているLPOツールです。

無料で利用することができ、ABテストなども可能であること、Googleアナリティクスと連携することで、正確な顧客データを収集することができることが特徴です。

複雑なテストを行うことはできませんが、必要最低限の機能は十分に備わっています。

必要最低限の機能が十分に揃っていながらも、無料で利用することができるということは、LPO開始時の初期段階にはぴったりのツールだと言えるでしょう。

Visual Website Optimizer

Visual Website Optimizerは、VWOと呼ばれており、非常に知名度が高く信頼されているLPOツールです。

海外企業が展開しているツールなのですが、日本で公式に代理店が存在しているため、日本語でのサポートを受けることができますので、日本企業でも安心して利用することができます。

世界中で15億人以上ものテストユーザーを対象にしており、同一URLで2つのランディングページをテストすることができるだけでなく、リアルタイムで改善率を把握することができる、ということが特徴ですね。

ユーザー目線の分析をすることができる機能を備えているため、非常に充実したツールだと言えるでしょう。

かなり充実しているLPOツールなのですが、だからこそ利用料金は少し高く月額10万円~になっています。

もちろん無料お試し版もあるのですが、その利用は1週間のみであり1,000ユニークユーザーまでしか分析することができません。

個人事業には向いていないかもしれませんが、大規模なWebサイトを構える場合や高度なLPOを実施したい場合にはおすすめのLPOツールです。

SiTest

SiTestは、アクセス解析ツールであり、基本的なABテストはもちろん、多変量テストやヒートマップ解析、ユーザーの視線の動きを解析するゲイズプロットなどの役に立つ既納を多数備えています。

LPOを行うことはもちろんですが、Webサイト全体のアクセス解析やEFOにも使える機能が備わっていることが特徴ですね。

それぞれのページにおいてユーザーの視線がどのように動いているのか、ということを分析し、どのような改善策が必要なのかを正確に把握することができますので、次に行うべき施策を明確にすることができるでしょう。

このSiTestを利用するには、無料お試し版、もしくは月額5万円~で利用することができるので、利用料金も一般的だと言えるでしょう。

もうすでに他のツールを用いてアクセス解析を行っているという場合には、このSiTestを用いてアクセス解析を強化する、という方法も有効でしょう。

KAIZEN Platform

KAIZEN Platformは、クラウドプラットフォームです。

LPOとしてのABテストの方法やデザインの変更案などを募集することができることが特徴です。

Webサイトに蓄積したデータを元に、10,000人以上のグロースハッカーがそれぞれのアイデアを出し合い、特に優れたものを自社サイトに採用することができます。

かなり効率良くテストを実施することができますよね。

ただ単にLPOというわけではなく、「改善」を目的としたクラウドプラットフォームであると言えます。

見積もりによっても異なりますが、月額利用料金は50万円程度で、上記で紹介した中で最も高い設定になっています。

ですが、グロースハッカーからの意見は自社内だけの知見では辿り着くことのできないものが多いので、かなり価値のあるものが集まることが予想されます。

利用料金が高いとしても、それに見合った成果は期待できるでしょう。

まとめ

以上、サブスクリプション売り上げ向上のための、おすすめのLPOツールについてお話しさせていただきました。

LPOツールを導入する場合は、その多くがコストがかかってしまうことがほとんどです。

もちろん初心者の方であれば「Googleオプティマイズ」を利用することをおすすめしますが、経験者であってもLPOに成功すれば、費用対効果を期待することができますので、ツールの料金をただのコストとして考えるのではなく、今後の投資として考えてみてはいかがでしょうか。

サブスクリプションビジネスとして、より売り上げを向上させたいと思われている方は、LPOに重要視し、これらのツールを試してみてくださいね。

まずは気軽に問合せ