サブスクリプション

サブスクリプションを展開する上でおすすめの管理方法とは

サブスクリプションビジネスは、大枠で囲むとネット通販などのECサイトの枠組みに入ります。

そのため、サブスクリプション事業を行う場合、ECサイト運営と似たような、もしくは同じシステムや管理が必要になってきます。

例えば、ECサイトの管理と同じような、

・顧客情報の管理
・メールの送受信
・在庫管理
・商品の発送手配
・決済手続きの管理

などが、サブスクリプション事業でも必要不可欠になります。

そこで今回は、サブスクリプションを展開する上でおすすめの管理方法を3種類ご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

おすすめ管理方法1:顧客情報の一元化

サブスクリプションサービスでは、多くの顧客情報を扱うため顧客情報の一元化出来るシステムは最も取り組むべき管理方法になります。

顧客情報を管理するシステムとしては、CRMツールやERPなどが有名ですが、それぞれが独立してしまっていては、データの照合を行う際のロスタイムや食い違いが起こってしまう可能性があります。

そういったロスタイムを無くすためにも、顧客情報の一元化はサブスクリプションを展開する上で必須事項だと思っておいた方がよいと思います。

おすすめ管理方法2:決済手段の充実と連携

次に重要なのがサブスクリプションを展開する際の決済手段の充実と連携・管理になります。

サブスクリプションサービスは、継続的に課金していくシステムになるので、利用者がくり返し支払いをしやすいようにしておくことが非常に重要です。

また、様々な決済方法が使えるように、口座振替・代引き・クレジット決済・コンビニ決済など決済手段を充実させることもサブスクリプションを展開する上では、非常に大切です。

中には、決済代行サービスと決済管理システムの両方を提供しているサービスなどもあるので、その場合、決済情報と決済管理を一気に行うことが出来るため、作業の効率化にも繋がります。

このように経理業務を省きたい場合は、初めから決済代行サービスと決済管理システムが両方備わっているシステムを採用しても良いと思います。

おすすめ管理方法3:請求書のデジタル化

サブスクリプションサービスの中には、ネット内で完結するサービスがたくさんあります。

そして、サブスクリプションサービスは月額や年間で利用料金を継続的に支払うため、自然と請求書を送付する機会も多いです。

そのため、作業効率の面から請求書も必然的にデジタル化が推奨されていることが多いです。

また紙の請求書の場合、経費が掛かったり資源の無駄遣いにも繋がるため極力オンライン上で完結するようなシステムを構築しておくことをおすすめします。

オンライン上で請求書をデジタル化しておけば、システム内であらかじめ請求書の自動発行や内容の設定も可能になるので、いちいち請求書の作成に手間を取られる必要もありません。

このように、サブスクリプションを展開する際には、いかに作業を効率化することが出来るかが大切になります。

サブスクリプションは、デジタルとの相性が非常に良いため便利な管理システムもたくさんあるので、上手に活用すると良いと思います。

まとめ

今回は、サブスクリプションを展開する上でおすすめの管理方法として、以下の3つの管理方法をご紹介してきました。

・顧客情報の一元化
・決済手段の充実と連携
・請求書のデジタル化

サブスクリプションサービスは、利用者にいかに長く利用してもらうかが重要になるので、管理する側も迅速な対応を行うことが出来るようなシステムを構築しておいた方が良いと思います。

幸い、サブスクリプションサービスはECサイト管理とも似ているため、ECサイト運営で利用しているシステムを応用することも可能だと思います。

ただ、ECサイトと異なる箇所もあるので、全く同じようにはいかないと思っておいた方が良いと思います。

もちろん、今回ご紹介している3種類の管理方法の他にもサブスクリプションを展開する際には様々なシステムを管理する必要があります。

一括で全てを管理するシステムもありますし、個別で充実したシステムもあるので、自分の展開するサブスクリプションサービスに合わせたシステムを導入することをおすすめします。

例えば、一括で管理する事が出来る方法は、作業効率は非常に上がりますが、万が一データが飛んでしまった場合は、全て無くなってしまうため都度バックアップなどの手間が必要にはなってくると思います。

一方の個別で充実したシステムの場合、個々で管理する必要があるためリスク分散は出来ますが、一括管理よりは作業効率は落ちると考えておいた方が良いと思います。

このように、導入するシステムによってメリットデメリットはあるので、サブスクリプションを展開する際には、どのようにシステムを管理するかはしっかりと考えて導入することをおすすめします。

まずは気軽に問合せ