サブスクリプション

サブスクリプション市場の現状と今後

今や世界中に広がり続けるサブスクリプションビジネスは、日本国内でも著しい成長を続けています。

今後もサブスクリプション市場は拡大化していくと考えられていますが、拡大化に伴い失敗し撤退する事例も増えていくと予想されます。このような状況の中で成功するためには、独自性のあるサービスを提供し続けることが必要です。

そこで今回の記事では、サブスクリプション市場の現状と今後について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションの市場規模

近年、日本国内のサブスクリプション市場は拡大化を続けており、2018年の市場規模は消費者支払額ベースで約5.627億円に達し、2019年には約6.485億円、2023年には約8.623億円にまで達すると予想されています。

このようにサブスクリプションは、今後も更なる成長が見込まれていることから、参入する企業が後を絶たないというのが現状です。

サブスクリプションこのような急激な成長を遂げた背景には、スマートフォンなどの携帯端末の普及が挙げられます。

これらは現在では生活に不可欠なものとなっており、さらに発展していくと考えられることから、それに伴いサブスクリプションも、今後ますます成長を続けていくことが予想されます。

また、サブスクリプションが注目を集めているもう一つの理由として、ユーザーのニーズの大きな変化が理由として挙げられます。

従来のサービスでは、商品やサービスを代金を支払って購入し所有するのが一般的でした。

それが現在では物を所有するのではなく、必要な分だけ利用すると言う考えが一般的となってきているのです。

具体的に言うと、音楽を聴きたいときにCDを購入して所有するのではなく、月額の使用料を支払い好みの音楽を好きな時に聞く、映画を見たいときにDVDを購入するのではなく、好みの映画を観たいときに観ると言うことになってきているのです。

この定額制の音楽や動画の配信は、サブスクリプションが広く認知されるきっかけとなったサービスですが、現在はこの定額制の配信サービスの他にも、様々な形態のサブスクリプションが登場しています。

この流れはあらゆるジャンルの業界に及んでおり、従来ECと相性が悪いと言われていたアパレル業界や食品業界も様々なサブスクリプションサービスを展開しています。

ただし、サブスクリプションに参入する企業が増加しているからと言ってその全てが成功しているわけではありません。

サブスクリプションの成功例・失敗例

サブスクリプションの成功例はと言うと、まず挙げられるのが音楽配信や動画配信ですが、これらは国内のサブスクリプションを牽引する代表的なサービスであり、現在においてもその人気は健在です。

同様に商品ではなくサービスを提供するサブスクリプションでは、オンラインニュースやオンライン学習サービスなどが人気を集めており、中でも大量のコンテンツを利用でき、なおかつ低価格と言うお得感のあるサービスが成功しています。

商品を扱うサブスクリプションでは、月額利用料を支払うとアパレルやブランドバックなどを借りることができるサービスなどが人気を集めていますが、その中でも豊富に商品を用意しているサービスが支持されています。

また、定額制のサブスクリプションサービスだけでなく、ユーザーに合わせた商品をサイト側がセレクトするサブスクリプションコマース(キュレーションサービス)も人気です。

このサービスでは、ユーザー側が商品を選ぶ手間がなく、また、アパレルであればスタイリストといった専門家によるセレクトを付加価値としているサービスも多く見られ、顧客満足度を高めているようです。

サブスクリプションサービスは、上記のような成功例ばかりが注目を集めていますが、その一方で失敗例や苦戦例も数多く存在します。

代表的な失敗例としては、アパレル大手のZOZOやAOKIが参入後短期間で撤退をしています。

市場の規模が大きくなれば、失敗する企業も増加するのは当然の流れではありますが、目新しさに気を取られ安易に参入してもユーザーの支持を得ることはできないのです。

競合も増加しているのですから、その中で生き残っていくためには、事前にしっかりと戦略を立てることが必要であり、さらには競合との差別化を図るオリジナリティが必要となるのです。

サブスクリプションの今後

現在は目新しさによってユーザーの関心を引くことができていても、それを続けていくことは非常に困難です。

これからさらに、様々サービスが提供されていくわけですから、その中でユーザーの支持を得るためには、ユーザーに対してどのような付加価値を与えることができるかが問題となります。

これは、提供するのがサービスであっても、商品であっても同様で、このサイトでしか手に入らないというような独自の商品やサービスを提供していくことが重要となります。

また、ユーザーの関心は移りやすいものですから、常に新しいサービスや商品を提供していく、スピード感もサブスクリプションを成功させるためには欠かせない要素であると言えます。

まとめ

サブスクリプション市場は、規模が拡大し、競争もし烈となっているのが現状です。

そして、市場規模の拡大は今後も続くと予想されており、競争も現在よりもさらに厳しくなってくると考えられます。

こうした状況の中で、成功を収めるためには、他とは違う独自のサービスが必要であり、またそれを常に進化させていくことが必要となるのです。

まずは気軽に問合せ