サブスクリプション

サブスクリプション動画マーケティング「HHH戦略」とは

従来より長く続いていた大量生産型モデルが、大きく変わろうとしています。

ここ数年、消費者の意識がモノを「所有」するのではなく「利用」することに大きく価値観が変化しており、この変化に応じたビジネスモデルこそ「サブスクリプション」なのです。

また、新型コロナウイルスの影響により、動画マーケティングに取り組む企業が増加しており、多くの消費者がお家時間を楽しむために、動画コンテンツを積極的に日常生活に取り入れるようになってきました。

動画サブスクリプションの代表である「Netflix」は、2020年最初の四半期で有料会員が1,500万人も増加し、YouTubeは急激に利用者が増加したため標準画質の低下措置が取られました。

今、多くの著名人や芸能人が積極的にYouTubeなどの動画配信に取り組んでいるため、サブスクリプション動画マーケティングの知識は必要不可欠になっているのです。

だからこそ、企業として動画マーケティングを取り入れ成果を伸ばそうと考える方もきっと多いことでしょう。

そこで今回は、サブスクリプション動画マーケティングの基礎である「HHH戦略」について詳しくお話ししていきたいと思います。

動画マーケティングの知識を付けたい方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「HHH戦略」とは

HHH(スリーエイチ)戦略とは、Googleが提唱している動画マーケティングのための戦略です。

「Hero」「Hub」「Help(Hygine)」の頭文字から成る言葉であり、動画マーケティングには非常に有効な戦略であると考えられているのです。

企業が顧客を獲得するためには、提供したい商材のターゲット層を明確にし、そのターゲットとなるユーザーの興味や関心を正確に把握した上で、購入に至る様に消費活動や購買意欲を促さなければなりません。

サブスクリプションとして提供する動画にも十分に活用することができ、特に今注目されている「YouTube」では、ファンとの継続的な接触チャンネルを構築するべくアカウントを開設することで、新規顧客獲得はもちろん既存顧客のファン化を狙うことができますよね。

このようなサブスクリプションを提供する場合であれば、ぜひHHH戦略を覚えておきましょう。

Hero

まず第一の「H」は「Hero」です。

Heroコンテンツとは、多くの人を惹きつけるようなヒーロー的動画であり、自社の存在を知らないユーザーに認知をしてもらうことを目的としています。

テレビCMなどもHero動画と言われており、たとえばある企業は、普段見ることのできない映像などを配信したところ、SNSに拡散され多くの人の注目が集まり、認知度が高まりました。

「面白い」「感動的」「可愛い」などのユーザーの感情を動かせるような動画を制作し、より多くの人に視聴してもらい、さらにシェアをされるということが目的です。

このように「バズ」を生んで認知拡大させることができる動画こそ「Hero」なのです。

量より質にこだわった動画が良いでしょう。

Hub

二つ目の「H」は「Hub」です。

ユーザーをコンバージョンさせる動画であり、人が「こんなの知らなかった」「良く分からないけどすごそう」と思った時に、もっと他の動画を見てみたい、この動画をシェアしたい、という感情にアクションをかけるのです。

上記のHeroで認知した後、その次の段階として具体的な行動として、動画でコンバージョンをしてもらう、という流れを目指しています。

Heroで漠然としたイメージを伝え、Hubで具体的なニーズに応えることで、購入行動へと繋げることができるのです。

動画を視聴したユーザーが「もっと動画を見たい」「もっと商品やサービスについて知りたい」「実際に使用してみたい」と思ってもらうためのプッシュ型コンテンツでありますので、定期配信を行い視聴者をリピーターにすることが大切です。

Help

三つ目の「H」は「Help」です。

上記で説明した通り、Heroで動画を認知し、Hubで行動に結び付けますが、それだけではマーケティング施策としては不十分です。

それに「バズる動画」はそう簡単に作れることもありません。

だからこそ、Help動画として動画マーケティングの軸になる動画を用意することが重要なのです。

Help動画は顧客視点に立って役に立つ動画であり、クオリティよりも継続して配信することが大切です。

ハウツー動画でユーザーの「知りたい」という検索ニーズに応え、情報を提供していきます。

潜在顧客とのファーストコンタクトにもなるコンテンツです。

まとめ

以上、サブスクリプション動画マーケティング「HHH戦略」とは何か、ということについてお話しさせていただきました。

まとめてみると、「Hero」はかっこよさや面白さ、感動などで多くの人の興味を惹き、認知拡大を目的としている動画で、「Hub」は認知したユーザーにより具体的な情報を届け、企業とユーザーを繋ぎ、「Help」はユーザーの課題や悩みを解決する動画で、継続的にファンの方との関係を構築していきます。

これらを上手く活用することで、今重要視されているサブスクリプション動画マーケティングの成功に近づくことができますので、ぜひこの機会にしっかり理解してくださいね。

まずは気軽に問合せ