サブスクリプション

サブスクリプションコンテンツマーケティングのよくある課題

従来までの売り切り型ビジネスとは異なり、利用した量や期間に対して対価を支払う課金提供型のビジネスであるサブスクリプションビジネスモデルが多くなってきています。

国内においても、大手企業をはじめ続々とサブスクリプションビジネスの導入を始めており、まさにサブスクリプションビジネスが国内で大流行の兆しを見せていることでしょう。

今までであれば、商品やサービスその都度毎に売り切るビジネスモデルが中心であったのですが、サブスクリプションビジネスを展開することで、継続的な売り上げを作ることができるようになりました。

そしてこのサブスクリプションに、Webサイトを活用する方が多くなってきましたね。

ですが発信者からしてみると、価値のある情報を提供しているつもりであっても、なぜかなかなか集客に繋がらない、と悩まれている方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、サブスクリプションコンテンツマーケティングのよくある課題についてお話させていただきたいと思います。

課題による対策も合わせてお教えしていきますので、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

コンテンツマーケティングとは

Web集客を行っている場合であれば、一度はコンテンツマーケティングという言葉を耳にしたことがあるでしょう。

そもそもコンテンツマーケティングとは、コンテンツを作成し、それを提供して顧客を獲得するという活動です。

特定のターゲット層や多くのターゲットユーザーからの興味や関心を得るため、魅力的で価値の高いコンテンツを制作する必要があります。

マーケティングとして考えた場合、もちろん自社で取り扱う商品やサービスに関連した情報を発信しなければならないものの、商品やサービスそのものの販売行為を行わない、ということが特徴です。

従来までのマーケティングでは企業が顧客に対し一方的に発信していたのですが、コンテンツマーケティングでは、興味や関心を惹き信頼関係を築いて購入に繋げるというような、コミュニケーション手段のひとつとして考えられています。

コンテンツは信頼こそ価値となる

たとえば世の中の多くの人は、行きつけの八百屋におすすめされた果物、かかりつけ医師からのリハビリの提案など、普段から信頼をおいている人の意見に耳を傾ける傾向があります。

オンラインの世界であってもそれは同じことです。

今、インターネットを調べれば多くの情報を得ることが出来ると言われている時代、1人がひとつの情報が欲しい場合は8つ以上のWebサイトを訪れると言われており、自身で信頼できる情報を集める人が非常に多くなってきているのです。

サブスクリプションとして継続利用してもらうためには、専門性を追求することも重要であり、信頼を獲得することでサービスの利用に繋がるのです。

サブスクリプションコンテンツマーケティングのよくある課題

SEO対策のための運用が難しい

一昔前までであれば、基本的なマーケティング戦略というと、ポスティングやコマーシャル、DMなどが圧倒的に多かったのですが、不特定多数のユーザーに大量の広告を出稿することは非常に効率が悪いと考えられていました。

ですがコンテンツマーケティングでは、その商品やサービスが欲しいと思うユーザーだけに対して伝えることができるので、売り手と買い手がマッチングすることができ、費用対効果が高くなるのです。

この手法の発展は、GoogleのSEO対策の変化が大きく影響しており、コンテンツマーケティングにおいてもSEO対策は外すことができません。

ですがこのSEO対策がなかなか上手くいかず、検索結果でなかなか上位に上がらない、顧客の目に留まらない、と課題に感じられている方も多いでしょう。

これを成功させるには、SEO対策をしっかり行った上で、Webサイトにコンテンツを追加し続けることこそ、マーケティングとして継続的な効果を生むのです。

そして、複数のチャネルを活用している場合も多いかと思いますが、必ずしも複数のチャネルを運用しなければならないか、というとそうではありません。

訪れた人にしっかり魅力を伝えるためにも、まずはひとつのコンテンツを選び、それをじっくり育てていきましょう。

顧客が定着しない

サブスクリプションビジネスとして、継続利用の顧客が増えないとなると、致命的な問題になってくるでしょう。

コンテンツマーケティングにおいては、ターゲットユーザーをしっかり分析することは非常に重要なことでありますので、そのためにも「ペルソナ」を設定することをおすすめします。

ペルソナとは、最も重要で象徴的な自社の利用者像のことを言います。

ペルソナを設定することでより顧客の特徴を細部にわたって浮彫にすることができ、より顧客視点にたったコンテンツの作成を行うことができるのです。

また、インターネットであるからこそ誰に向けたコンテンツであるのか分からない、ただコンテンツを量産しているだけというようにもなってしまいやすいのですが、ペルソナを設定することでこのような労力の無駄を省くことができるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションコンテンツマーケティングのよくある課題についてお話させていただきました。

今多くのサブスクリプション企業が、コンテンツマーケティングに注力しているかと思いますが、せっかく行うからには成果を出さなければ意味がありません。

コンテンツマーケティングを行っていると上がりやすい課題ですので、ぜひこの解決策を参考に、コンテンツマーケティングを成功させてくださいね。

まずは気軽に問合せ