サブスクリプション

サブスクリプション集客に効果的、マイクロインフルエンサーとは

今の世の中では、商品を購入して自分のものとして所有するのではなく、ものやサービスを利用したいときに利用したい分だけ料金を支払う「サブスクリプション」が主流になりつつあります。

サブスクリプションが拡大し始めたころは、デジタルコンテンツやソフトウェアが中心だったのですが、今では自動車やファッション関連などの非デジタル領域にまで広がりを見せています。

年々サブスクリプションを導入する企業が多くなっていますので、競合となる企業も多くなり、集客に関する課題を抱える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、近年話題になっている広告宣伝手法「マイクロインフルエンサー」についてお話していきたいと思います。

もともとはインフルエンサーマーケティングと呼ばれていた広告手法ですが、そこから派生して新たに生まれ、今マイクロインフルエンサーを取り入れる企業が多くなっているのです。

サブスクリプションビジネスにも非常に有効な手法と考えられていますので、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の集客の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

マイクロインフルエンサーとは

まずはマイクロインフルエンサーについてご説明していきます。

マイクロインフルエンサーとは、インフルエンサーという言葉から派生した言葉であり、インフルエンサーは「世間に与える影響が大きい行動を行う人」という意味を持っていることに対し、マイクロインフルエンサーはそのインフルエンサーの中でも特に一部の狭い領域で活躍している人のことを言います。

インフルエンサーは業種や分野にとらわれず、幅広い影響力を持っていますが、マイクロインフルエンサーは比較的小さな分野に限定して強い影響力を持っている人ということなのです。

このインフルエンサーとマイクロインフルエンサーに関しては明らかな違いというものはありませんが、おおよその目安としては、マイクロインフルエンサーはフォロワー数が数千人から10万人以下のことを指します。

マイクロインフルエンサーマーケティング

数年前からインフルエンサーマーケティングが多く取り入れられており、今はブームになっていますが、マイクロインフルエンサーマーケティングもその名の通り、マイクロインフルエンサーを起用したマーケティング手法です。

自社で販売する商品やサービスを、マイクロインフルエンサーにSNSやブログなどで紹介してもらい、そのフォロワーへ購買行動を促すということを目的としています。

通常の広告であればそれを見た人はどうしても「広告」と意識してしまい、嫌悪感を抱いてしまいますが、マイクロインフルエンサーマーケティングも場合は、ユーザーからすると、自身が好んでフォローしているユーザーがおすすめをしているという認識になりますので、その商品やサービスを認知しやすくなり、心理的な障壁がなくなりやすいと考えられているのです。

メリット

マイクロインフルエンサーを起用してマーケティングを行うことのメリットとしてはまず、「エンゲージメント率が高い」という事が挙げられます。

マイクロインフルエンサーは、フォロワー数が比較的少なく、影響力を持つ領域が狭いのですが、その代わりに通常のインフルエンサーよりもフォロワーとの強い繋がりを持っており、フォロワー一人一人に対する影響力がかなり強いことが言えるでしょう。

だからこそ、何らかの反応を返すユーザーが多く、エンゲージメント率が高くなり、費用対効果も高くなるのです。

また、「ターゲットに確実に届く」ということもメリットですね。

例えばインフルエンサーとマイクロインフルエンサーが同じ商品を紹介したとしても、通常のインフルエンサーではターゲットを絞り切れませんのでどうしてもマス広告のようになってしまいますが、マイクロインフルエンサーの場合では、インフルエンサーの選定時点である程度自社商品との相性を考慮しますので、ターゲットを絞った広告を配信することと同じ効果を期待することができるでしょう。

インフルエンサーを「浅く広く」と例えるのであれば、マイクロインフルエンサーは「深く狭く」ということです。

自社商品が特定のターゲットユーザーに向けた商品なのであれば、マイクロインフルエンサーをを起用する方が効果的だと言えるでしょう。

そして「費用が安い」ことも大きなメリットですね。

どうしてもマイクロインフルエンサーはインフルエンサーよりも総合的な影響力は弱くなってしまいますので、依頼価格もインフルエンサーより低い傾向にあります。

マイクロインフルエンサーは事務所などに所属せず、個人で活動している人も多いのでさらに安く依頼を引き受けてもらえることがありますので、活用しやすいのです。

まとめ

以上、サブスクリプション集客に効果的、マイクロインフルエンサーとは何かということについて説明させていただきました。

サブスクリプションビジネスにおいて集客施策は必要不可欠であり、新たなビジネスとして展開するときは、まず商品やサービスの認知度を向上させなければなりません。

ぜひ自社と相性の合ったマイクロインフルエンサーを起用し、効率的に集客を行ってくださいね。

まずは気軽に問合せ