サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに動画マーケティングを導入するメリット

昨今、さまざまな業界にて、サブスクリプション型のビジネスモデルが増加しています。

サブスクリプションとは、商品やサービスの購入に対する代金を支払うのではなく、商品やサービスを利用した期間に対して料金を支払う仕組みのことを言います。

いわゆる定額サービスとも言われるものなのですが、以前までは音楽や映像関連が多かったものの、最近では飲食やアパレル分野においてもサブスクリプションビジネスの手法が導入されているのです。

サブスクリプションビジネスを展開することで、まずはどのようなプロモーションを行おうか、悩むことがあるでしょう。

どのプロモーションが効果的であるのか、さまざまな手法に悩まれるかと思いますが、今中小企業でも増加しつつある、「動画」を用いたマーケティングを試してみてはいかがでしょうか。

サブスクリプションビジネス企業が動画マーケティングを導入することで、企業に多くのメリットをもたらします。

まずはその動画マーケティングのメリットをしっかり理解して、サブスクリプションビジネスの売り上げ向上に繋がるような、効率の良いマーケティングを行いましょう。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに動画マーケティングを導入するメリットについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後効率よく集客を行い、サブスクリプションビジネスの売り上げに繋げたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、顧客が商品やサービスへの興味や関心を高めるための手段として、動画を活用することです。

今この動画マーケティングが非常に多くの注目を集めていますが、なぜここまで多くの注目を集めているのかご存知でしょうか。

その答えは、企業にとって売り上げを向上させやすい広告こそ、効果が出やすい広告ということです。

動画マーケティングの代表例としては、YouTubeでプロモーション活動を行うYouTuberがいますよね。

この方々は、個人や複数人で行っている場合が多いのですが、再生数に応じて提携企業から利益を大きく得ていることです。

また、最近ではSNSでも動画マーケティングを見かけることが多くなったでしょう。

なぜこれほどまでに動画マーケティングが増えたのか、その理由は、

  • スマートフォンが普及したことによって、動画を気軽に見ることが出来る環境が整ってきたこと
  • 人は静止しているものよりも動いているものに目が行きやすいこと

  • が挙げられ、動画自体が広告としての力が高まってきており、マーケティングの効果も高いことが考えられます。

    サブスクリプションビジネスに動画マーケティングを導入するメリット

    圧倒的に多くの情報を伝えることができる

    企業が顧客に対して伝えたい情報は非常に多くあるかと思いますが、動画に関しては、豊富な情報量を多く提供することができることが第一のメリットでしょう。

    動画と言っても、数秒の動画や数時間までの動画など幅広くありますが、それであっても顧客に伝えることが出来る情報量の多さは圧倒的です。

    静止画の広告や文章の広告とは違い、商品やサービスの内容と同時に抽象的なイメージも伝えることができます。

    もちろん更新の手間はかかってしまうのですが、それを補うほどのメリットだと考えられるでしょう。

    記憶に残りやすい

    たとえば、あなた自身も印象的な映画やドラマの1シーンを思い出すことがあるでしょう。

    ですが、そのセリフなどを細かく覚えているというわけではありませんよね。

    つまり静的なコンテンツと比較すると、動的なコンテンツは人の脳に記憶されやすいのです。

    動画には多くの情報が詰まっており、何となく見ていただけでも強いイメージが残ることがあり、そのイメージから商品やサービスを思い出してもらいやすく、顧客の記憶に残りやすいので、忘れにくいのです。

    広告でのこの優位性は非常に大きいと言えるでしょう。

    拡散が成功すれば宣伝効果が高い

    動画コンテンツは顧客がクリックしやすく、そして拡散されやすいコンテンツです。

    特に面白く魅力的な動画は、あっという間に1万人に広がっていくこともあり、爆発的な広がりを期待することができるでしょう。

    また、Twitterなどの拡散力の強いSNSを活用すれば、一気に拡散が広がることがあり、そうなると非常に高い宣伝効果が期待できるのです。

    今の時代はスマートフォンが非常に普及していますので、拡散方法も容易になっています。

    動画マーケティングのデメリット

    上記の様に非常に大きなメリットがある動画マーケティングですが、もちろんデメリットがあることも理解しておかなければなりません。

    動画マーケティングのデメリットは、

  • 撮影と準備に時間とコストがかかってしまい、より魅力的な動画を求めれば求めるほど時間とコストが高くなってしまうこと
  • 顧客の閲覧状況や環境によっては、100%の宣伝効果を期待することができない

  • ことでしょう。

    たとえば、本来であれば音もすべて含めて見てもらうことを前提に動画を作成している場合、顧客が音量を消してしまっていると、映像だけで伝えることができる情報量は減ってしまいます。

    これらのデメリットを減らすには、いかにメリットを強く活かすことができるか、ということが重要なポイントになってくるのです。

    まとめ

    以上、サブスクリプションビジネスに動画マーケティングを導入するメリットについて、お話させていただきました。

    動画マーケティングは非常にメリットが多いので、ぜひサブスクリプションビジネスに導入すべきだと考えられるでしょう。

    動画マーケティングを導入する際は、コストを出来るだけ削減し、目的を明確にすること、動画の尺の長さに注意し、広告掲載場所をしっかり選定することで、成功する可能性はぐんと上がります。

    動画マーケティングを導入していない場合は、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    • おすすめの投稿がありません
    まずは気軽に問合せ