単品リピート通販

単品リピート通販のサブスクリプション化が進む音楽業界の現状

音楽業界では、年々サブスクリプション化が進んでいます。

もともと、日本にサブスクリプションサービスが浸透した内容も、デジタルサービスが主となっており、中でも特に音楽サブスクリプションサービスがユーザーからの人気を集めているのです。

音楽サブスクリプションサービスと言えば、「Apple Music」「Spotify」「LINE MUSIC」などが挙げられますよね。

これらのサービスは、毎月定額を支払うことで、いつでもどこでも音楽を楽しむことができ、今ではかなり利用ユーザーが多くなってきているのですので、ほとんどの場合が成功すると思われますが、その結果今現在の音楽業界はどのような状況になっているのでしょうか。

そこで今回は、サブスクリプション化が進む音楽業界の現状について、詳しくお話ししていきたいと思います。

サブスクリプションビジネスにご興味のある方、もしくは音楽業界に携わっている方はぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

1:手法の変化

従来までの音楽業界でのマーケティング手法は、「音楽を買わせる」ということが目的であったため、CD発売の発表を行い、プロモーションを終え、受注期間の後、CDを発売、そしてオリコンチャートランクインという流れになっております。

プロモーションまではしっかり時間をかけて仕組み、そして発売日がピークとなるように操作そ、約1週間で狩りとる「狩猟型」が取られていました。

サブスクリプションでは回収期間が長くなってしまいますので、音楽配信を開始してから、いかに長く愛用してもらえるか、ということが重要で、適切なブランディングが必要になるのです。

どちらであっても、音楽業界のマーケティングゴールは「ユーザーに音楽を届けること」ですよね。

CDマーケティングにおいては、1990年がピークであったものの、徐々に下がって来ています。

ですが、少し世界より遅れているものの、日本でもサブスクリプションサービスの普及し、また右肩上がりになってきているため、近年中にも日本ではサブスクリプションサービスが全盛になるといわれているので、マーケティング手法にも変化が見られるのです。

2:問題点がある

サブスクリプションサービスは、どのサービスを選んだとしても、必ずしも自分の希望の音楽があるとは限りません。

サービス提供l企業と、楽曲提供企業双方の同意のもと配信されるのですが、CDが売れなくなってしまったり、プロモーション体制が整っていないこと、さらにアーティスト自身のブランドイメージに合わないなどの理由から、そのサービスでは楽しむことができない音楽もあるのです。

特に近年では、全ての音楽を聴くことができる、無料の音楽ストリーミングサービスの違法アプリの存在により、正規のサブスクリプションサービスが利用されないということも問題点として上げられるでしょう。

3:利益が伸びにくい

サブスクリプションサービスの提供が増えていくことによって、CDの売り上げの減少に繋がることが予想されるでしょう。

単純な理屈としては、CDが売れなくなった分の利益は、サブスクリプションサービスへと流れているのでから、その分担保できれば問題はない、ということでしょう。

ですが、ストリーミングサービス自体からは収益が少ないですよね。

ストリーミングからの収益配分の割合の増加、もしくはユーザーを増やすことで改善が見られるでしょう。

ですが実際には、サブスクリプションサービスこそ、音楽やアーティストの認知度の向上に非常に役に立っていることが考えられますので、サブスクリプション自体の利益は伸びにくいものの、全体的に見ると非常に大きな影響を与えているのです。

4:音質問題

サブスクリプション提供当初から「音質問題」が挙げられています。

もちろん、何と比べるかにもよりますが、音楽サブスクリプション利用端末の多くはスマートフォンであるため、もちろんCDより音質が悪くなってしまいます。

ですがこれは音楽を聴いてもらう「機会」だと捉えることが正解です。

どうしても音質の良い音源を聴かせたい、と考えるのであれば、今現状のサブスクリプションを利用すべきではないでしょう。

音質に関しては、二次的な問題でありますので、まずは音楽業界の配信現状を見るべきなのです。

まとめ

以上、サブスクリプション化が進む音楽業界の現状についてお話しさせていただきました。

音楽業界では、サブスクリプション化がどんどん進行しており、次々と成功例を多く生み出しています。

ですがそれでいても、まだまだ問題点や改善点は多く、さまざまな課題が多く残っていると考えられるでしょう。

ですが、サブスクリプションビジネスは、今後も拡大するであろうビジネスモデルであるため、音楽業界にもさらに大きな変化が見られることが予想されます。

今後の音楽業界に期待しながら、動向を追っていきたいですね。

まずは気軽に問合せ