サブスクリプション

サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマー育成のため、業種別O2Oアプリ活用方法

今、日本の企業ではサブスクリプションというビジネスモデルが導入され始めています。

サブスクリプションビジネスは、商品を購入するよりも、体験することを優先している消費者に向けたビジネスであり、サブスクリプションサービスが提供され始めた当初はデジタル分野から始まったのですが、今では車やファッション、美容品、家具など多種多様にサブスクリプションサービスが提供され始めています。

また、店舗として運営しているビジネスであっても、サブスクリプションサービスが提供されていることもあり、年々注目度が高まっているのです。

サブスクリプションビジネスは、消費者のスマートフォンの普及により、拡大したビジネスモデルとも言われており、世の中が便利になったからこそ、店舗型サブスクリプションビジネスは、集客や売り上げに伸び悩んでいる場合も多いのではないでしょうか。

そんな時の救世主ともなるものがO2Oアプリです。

O2Oアプリを有効活用することで、サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマーを育成することができるのです。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマー育成のため、業種別O2Oアプリの活用方法をお教えしたいと思います。

サブスクリプションビジネスにて、集客や売り上げに課題を感じられている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

「O2Oアプリ」とは

O2Oとは、Online to Offlineの頭文字を取った略称であり、インターネットが当てはまるオンラインから実店舗であるオフラインへ顧客を誘導し、集客を行う手法です。

O2Oは主に、SNSや自社Webサイトにて行われることが多いのですが、アプリを活用することで、より顧客管理に繋がり、リピーターの育成に効果的なのです。

ッシュ通知を行うことで、店舗の存在をしっかりアピールし、顧客に忘れられないようにすることができますし、もし店舗でスタンプカードやポイントカードを活用している場合は、それらもすべてO2Oアプリに集約することができます。

また、O2Oアプリを活用することで、より顧客に合わせたアプローチを行うことができるので、ロイヤルカスタマーを育成することにも繋がるのです。

業種別O2Oアプリ活用方法

美容系サブスクリプション

美容系サブスクリプションの場合、通常であれば折込チラシを投函したり、リーフレットを配布したり、DMやWebサイト、ホットペッパー、SNSなどを販促活動に活用することが多いかと思いますが、O2Oアプリを導入することで、これらすべてが連携することで互いの相乗効果を期待することができ、SNSのフォロワーの増加、Webサイトへの流入数の増加に期待することができます。

アプリを活用することで効果的なターゲットユーザーに対しては、しっかりアプリでアプローチをし、アプリを活用できないユーザーに対してはオフラインでの施策を検討するなど、両方からのアプローチをすることができるようになったのです。

スマートフォンからの見栄えをしっかり意識して、配信時間にも配慮することが大切です。

飲食系サブスクリプション

飲食の場合、食券を購入することもあるかと思いますが、それぞれの顧客の来店頻度や利用回数までも詳細に把握することは難しかったのです。

ですがO2Oアプリを導入し、数値化することで、顧客データを把握することができ、常連の方に対し還元する機会ができることでしょう。

また特に飲食店ではスタンプカードシステムを導入することが多いのですが、これをアプリ化することで、スタッフの負担を削減することができますし、顧客のお財布がかさばることも無くなります。

POPなどを活用して店舗に来られた顧客に対し、アプリを導入することでこのような特典がありますよ、ということを積極的にアピールしていきましょう。

小売店サブスクリプション

小売店でのサブスクリプションでは、基本的に来店頻度を高めることが重要です。

来店頻度の低い顧客に、サブスクリプションとして契約してもらい、日頃店舗へ足を運ぶきっかけを作りましょう。

スタンプ機能を活用することで、顧客にも忘れられることはできませんし、アナログでのポイントカードと併用することができれば、より多くの顧客に喜んでもらえるでしょう。

また、紹介機能も活用することで、知り合いの方に自社サービスを紹介してもらうことができ、新規顧客獲得にも繋がります。

店舗に訪れた顧客に対し、積極的に紹介機能を説明していきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプションビジネスに重要なロイヤルカスタマー育成のため、業種別O2Oアプリ活用方法についてお話させていただきました。

O2Oアプリを上手くサブスクリプションビジネスに活用することで、より幅広い集客活動を行うことができ、自社の認知度を向上させることができます。

集客にも非常に効果的ですので、まだO2Oアプリを導入していない場合は、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ