サブスクリプション

サブスクリプション業種別、最適なSNSとは

今、デジタル領域だけでなく非デジタル領域においても、サブスクリプションビジネスを採用する企業が多くなっています。

大手企業をはじめ、続々とサブスクリプションビジネスを展開しており、まさに今の時代はサブスクリプションビジネスが大流行の兆しを見せているでしょう。

サブスクリプションビジネスの拡大当初は、デジタル商材こそサブスクリプションビジネスにふさわしいと考えられていたのですが、今ではどの業界でもサブスクリプションサービスを提供することが出来ると考えられていますので、サブスクリプションビジネスの注目度が高まってきているのです。

サブスクリプションビジネスを展開し、集客やマーケティングを行う際、SNSを活用する企業が多いですよね。

特に今の時代はSNSの利用者が非常に多くなっていますので、SNSは重要な宣伝ツール、そして集客ツールと考えられるでしょう。

ですが、実際に正しい活用方法をしていなければ、理想的な宣伝効果や集客効果を得ることが難しく、ただの手間になってしまうこともあるのです。

そこで今回は、サブスクリプション業種別の最適なSNSについてご説明させて頂きたいと思います。

サブスクリプションビジネスを展開し、SNSを効率よく活用したいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

各SNSの特徴を理解する

自社にとって最適なSNSを見つけるためには、まずそれぞれのSNSの特徴を知ることが大切です。

宣伝や集客に期待してSNSを活用している場合、複数のSNSを併用していることが多いですよね。

ですが実際には、複数のSNSを運用していたとしても、それを上手く活用できている場合は少なく、面倒な更新を続けていることが多いことがあります。

SNSはそれぞれに特徴がありますので、企業はそれぞれのSNSの特徴をしっかり理解し、そして自社の商品やサービスを利用するユーザーの年齢層を分析し、好まれるSNSはどれなのかを知って、SNSを選定することが大切です。

また、そのブランドのコンセプトによっても、宣伝効果の高いSNSは異なってきますので、より適したSNSを選定することが重要なのです。

業種別の最適なSNS

デジタル業界

音楽や動画、電子書籍などは今サブスクリプションとして利用することが主流になってきています。

デジタル業界に関しては、AppleAmazonがそのシェアの大半を占めていますので、挑むことは少し難しいのですが、それでもその市場に挑む場合には、自社の認知度を向上させることが第一優先になりますので、Twitterを活用することをおすすめします。

Twitterは非常に拡散力が強いSNSですので、まずは魅力的なサービスを積極的にアプローチをし、ユーザーがシェアしたくなるような投稿を行いましょう。

アパレル業界

アパレル業界も、最近はサブスクリプションサービスを提供する企業が多くなってきました。

アパレル業界と最も相性が良いと考えられるSNSは、Instagramでしょう。

Instagramユーザーの多くは、お洒落や流行に敏感な若い世代であり、特に女性ユーザーが多いです。

Instagramで実際に着用した画像を載せることで、よりブランドイメージを伝えやすくなるでしょう。

ブランドイメージを伝えることで、実際に着てみたいと思うユーザーが多くなり、販促効果も向上します。

ですが特にアパレルとしてInstagramを活用する場合、ショップ独自の世界観が仕上がりますので、そのメリットを崩さないようにすることが大切です。

Twitterも併用して活用する場合は、セールの宣伝として活用することをおすすめします。

Twitterは、Instagramほど世界観が重視されませんし、Twitterユーザーは、今現在の情報を求めているユーザーが多いので、主にセールの宣伝をするようにしましょう。

美容室やネイルサロン

最近では美容室やネイルサロンでも、サブスクリプションサービスを提供する店舗が多くなってきました。

美容室やネイルサロンの場合、企業や店舗として活用するのか、それとも個人として活用するのかによって異なっています。

企業や店舗としてSNSを活用する場合、その店舗の雰囲気や情報などを投稿し、集客活動を行わなければなりませんので、FacebookやInstagramを活用しましょう。

そしてスタイリストやネイリスト個人で運用する場合には、Instagramがおすすめです。

魅力的な作品を積極的に投稿することで、技術力やセンスが伝わりやすいでしょう。

さらにこの場合、少しプライベートな部分も発信することで、見ている人に親しみを持ってもらいやすく、固定客に繋がりやすいのです。

企業や店舗としてSNSを運用する場合と、個人で運用する場合では目的が異なってくることを理解しておきましょう。

また個人店の運営においても同じことが言え、お客様に親近感を持ってもらい距離を縮めることができますので、お客様の数を増やすことができます。

美容室やネイルサロンに関しては、FacebookとInstagramが非常に相性が良いので、ぜひ活用していきましょう。

まとめ

以上、サブスクリプション業種別の最適なSNSについてお話させていただきました。

サブスクリプションビジネスとして、SNSを効果的に活用するためには、各SNSの特徴をしっかり理解し、自社のターゲットユーザーはどのSNSを頻繁に利用しているのか、自社を宣伝するためにはどのSNSが適しているのか、ということをしっかり把握することが重要です。

ぜひこれらを参考に、効率よくSNSを活用してくださいね。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ