サブスクリプション

サブスクリプションで導入すべき決済方法

サブスクリプションビジネスにご興味のあるみなさま。

今サブスクリプションを導入する企業が、次から次へと多くなってきています。

まだまだま浸透しきっていないビジネスモデルとは言えど、日本でも成功を納める企業が目立つようになってきました。

今では、企業のビジネス計画によってはさまざまなビジネスモデルに合うサービスこそ、サブスクリプションだと言われていますので、今まさにサブスクリプション化を図ろうと思われている方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションビジネス開始準備を行っているとき、悩みとなる問題はさまざまにありますが、その中でも特に多い問題が「決済手段」に関することですよね。

サブスクリプションビジネスでは、顧客により長くサービスを利用し続けてもらうことが目的であるからこそ、スムーズに決済処理を行うことが非常に重要になってくるのです。

そこで今回は、サブスクリプションで導入すべき決済手段についてお話しさせていただきたいと思います。

これからサブスクリプションビジネスを開始しようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

クレジットカード決済

まず、必須導入手段としては、「クレジットカード」が挙げられるでしょう。

今、オンライン決済では最も多く利用されている決済手段であり、現金以外の第二の支払い方法として非常に人気の決済手段です。

今ではクレジットカードを所持していることが珍しくはありませんので、社会人であれば一人一枚はクレジットカードを所持していると考えられます。

ですのでクレジットカード決済を導入しておくことで、多くの人に好まれて利用されやすくなるのです。

クレジットカード決済では、入出金の明細や効率良く買い物をすることができることが、顧客に支持されているところです。

ですが、カード入力を面倒に思う顧客もいるため、購入意思があってもカード番号の入力画面にて離脱してしまう顧客も少なくはありません。

キャリア決済

クレジットカード決済に次いで人気が高い決済手段は、「キャリア決済」です。

クレジットカードを所持していない、若い年齢層がターゲットとなる場合であれば、キャリア決済は必須導入手段でしょう。

携帯電話料金とあわせて支払うことができますので、非常に利便性が高い決済手段です。

クレジットカードの場合であれば、用意するまでに手間がかかってしまいますが、キャリア決済では、携帯電話さえあれば決済をすることができますので、ユーザーは気軽に利用することができます。

ですが、キャリア決済には限度額が設けられているため、その範囲内でしかショッピングをすることができないという点ではデメリットとなるでしょう。

ID決済

ID決済というと、Apple PayやGoogle Payなどを用いられた決済手段です。

サブスクリプションビジネスでは、重要視しなければならない決済手段だと言えるでしょう。

スマートフォンを専用のリーダーにかざすだけで支払いを完了させることができるシステムで、スマートフォンなどの端末を、まるでお財布かのように気軽に使用することができるので、今利用者が急増しているのです。

多くのID決済ではクレジットカードと連携していますので、入出金も分かりやすく理解できることが特徴ですね。

また、このID決済に関しては、デジタルコンテンツと非常に相性が良いと言われていますので、デジタル系サブスクリプションビジネスでは、必ず導入しておきたい決済手段です。

口座振替

ID決済と同じように、サブスクリプションビジネスとの相性が良い決済手段は、「口座振替」が挙げられます。

銀行やゆうちょ銀行などのさまざまな金融機関に対応しておくことで、ユーザーにとって非常に利便性が高い決済手段になると言えるでしょう。

また、口座振替はクレジットカードを所持していなくても、口座さえあれば誰でも利用することができますので、幅広い顧客に受け入れられやすい決済手段であると言えるでしょう。

また、顧客に口座振替を選定してもらうことで、購入者の支払い忘れを防ぐことができますので、提供企業としても安心して運営を行うことができるのです。

コンビニ決済

コンビニを利用して料金を支払う、コンビニ決済も非常に有名な決済手段であると言えるでしょう。

今では顧客の生活圏内にコンビニが設置されている場合が多くなってきているので、24時間いつでも支払をすることができることが魅力ですよね。

さらに顧客にとっては、前払いと後払いを選定することができますので、後払いを選定することで、商品を確認してから料金を支払うことができる安心感があります。

今では、物販においてもデジタルコンテンツにおいても幅広くコンビニ決済対応が可能になってきているので、顧客は安心して便利に支払をすることができます。

まとめ

以上、サブスクリプションで導入すべき決済手段についてお話しさせていただきました。

サブスクリプションでは相性の良い決済手段がありますので、人気の決済手段と合わせて選定してみてください。

決済手段は顧客に選ばれるための重要な理由になりますので、しっかり検討した後の導入を行って下さいね。

まずは気軽に問合せ