サブスクリプション

ペットサロンにサブスクリプションを導入すべき理由と顧客を囲い込むコツ

私たちの生活にすっかり溶け込んでいるビジネスモデルと言えば、サブスクリプションビジネスでしょう。

若者を中心に、サブスクリプションサービスの需要が年々増加しており、最近ではデジタルサービスだけでなく、多種多様に面白いサービスが多くなってきています。

サブスクリプションとは、消費者が企業に対し料金を支払うことで、一定期間サービスを受けることが出来るビジネスモデルのことであり、消費者は定額料金を支払うことで、自由にサービスやコンテンツを楽しむことが出来る仕組みになっているのです。

また、企業にとってもサブスクリプションビジネスを導入することで、従来までのビジネスモデルよりもはるかに、売り上げの見通しが立てやすく、そしてより詳細な顧客データを得ることができるようになりますので、効率よくビジネスを行うことができるのです。

さまざまなサブスクリプションサービスで溢れているのですが、最近はトリミングサービスもサブスクリプションとして提供することは例外では無くなっており、サブスクリプションビジネスを導入するサロンが多くなっていることをご存知でしょうか。

そこで今回は、ペットサロンにサブスクリプションビジネスを導入すべき理由と、顧客を囲い込むコツについて、詳しくお話させていただきたいと思います。

今後ペットサロンへサブスクリプションビジネスの導入を検討されている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ペットサロンサブスクリプションビジネス

年々ペットホテルやトリミングサロン、ペットシッターが多くなる現在、トリミングサロンやペットホテルビジネスの競合も非常に多くなっています。

だからこそ、新規顧客獲得だけでなく、競合との差別化を図りながら、経営戦略を確定し、新規顧客をいかにリピーターにし、囲い込み、ロイヤルカスタマーを育成していくことが重要になってきます。

ペットサロンサブスクリプションビジネスとは、例えば3ヵ月定額料金で、シャンプー通い放題、同じメニューであれば1ヶ月利用し放題、爪切りなどの単品メニューをお得に利用することができるなど、さまざまなメニューがあります。

現状、ペットサロンにサブスクリプションビジネスを導入している店舗は少ないので事例が少ないのですが、今後はどんどん増えていくことが予想されているのです。

ペットサロンにサブスクリプションを導入すべき理由

ペットサロンにサブスクリプションを導入すべき最大の理由は、顧客の固定化でしょう。

顧客にとっても定額で、先に支払いが済んでいることは気持ち的にも非常に楽だと感じますし、愛犬の匂いや抜け毛が気になった時に、いつでも気軽に来店することができます。

このような安心感を与え、来店頻度を高めてもらうことで、顧客の好みや希望のカットスタイルを把握しやすいですし、トリマーがペットと顧客との信頼関係も築きやすくなり、ロイヤルカスタマーになりやすいのです。

また、安定した売り上げを見込んで仕事に取り組むことができますので、翌月の売り上げに不安に感じながら働くことがなくなることも、大きなメリットではないでしょうか。

顧客を囲い込むコツ

顧客をロイヤルカスタマーに育成するためには、まずは顧客がお帰りの際に、次回予約を入れてもらうことが有効でしょう。

この際、予約をして頂いたお客様に対して何かプレゼントを用意したり、割引サービスを付けることで、顧客に喜んでもらうことができ、顧客離れを防ぐことができます。

また、サブスクリプションサービスをして利用するからこそ、得られる特典を用意しておくこともおすすめです。

便利で居心地が良いということは大前提として、通うことによって具体的なメリットを作っておくと良いでしょう。

たとえばスタンプカードやポイントカードシステムを導入し、利用頻度や契約内容によって顧客をランク分けし、そのランクに応じたサービスを提供するなど、新規顧客と差別化を図ることが大切です。

そしてもし、店舗を開店したばかりであまりコストをかけることが出来ない場合は、紙やExcelなどを活用し、顧客カルテを作成することもおすすめです。

今ではオンライン上で管理をすることができる、ペットサロン用の電子カルテもありますので、これの無料体験を試してみることもおすすめです。

複数のトリマーやスタッフがいる場合には特に、情報を共有しやすいような仕組みが大切です。

そしてもし、顧客数が多くなってカルテだけでは間に合わなくなってしまった場合は、顧客管理システムであるCRMを活用すると良いでしょう。

最後のコツとして、新規顧客に対し口コミやお友達紹介制度の活用もおすすめです。

ペットを飼っている人は、散歩中などで自然とコミュニティが出来上がることが多いので、良い口コミを聞けば「一度お試しで行ってみようかな」と思う人も多いでしょう。

色々なペットサロンを点々としている飼い主の方は特に、口コミやお友だち紹介制度の効果を発揮しやすいと考えられます。

紹介する側、そして紹介された側、両方に喜んでもらえる特典を考えてみましょう。

まとめ

以上、ペットサロンにサブスクリプションを導入すべき理由と顧客を囲い込むコツについてお話させていただきました。

今現状は、ペットサロンサブスクリプションの事例はそれほど多くないものの、ペットを飼う人数と第一種動物取扱保管業者が増加していることは事実であり、サブスクリプションの需要が増してくることが考えられます。

今現在ペットサロンを運営している人は、ぜひこの機会にサブスクリプションビジネスを導入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • おすすめの投稿がありません
まずは気軽に問合せ