サブスクリプション

サブスクリプションに関するプラットフォームの重要性

今話題を集めているビジネスモデル、「サブスクリプション」に注目されている方も多いことでしょう。

消費者が商品を購入することよりも、利用することに価値を感じるようになり、この価値観の変化と、モノを持たないほうがスマートである、という若者の流行的な考えから、このサブスクリプションサービスは徐々に拡大を見せているのです。

今ではデジタルサービスや、非デジタルサービスなど、さまざまなサブスクリプションサービスが存在しており、多くの業種がサブスクリプションビジネスへ参入しているのです。

サブスクリプションをビジネスとして成功させるには、顧客ひとりひとりへの対応が非常に重要になってきます。

その対応のための業務が多く、つい煩雑になってしまいがち、ということがサブスクリプションビジネスのよくある問題点ではないでしょうか。

この問題を解決するものこそ、「プラットフォーム」なのです。

そこで今回は、サブスクリプションに関する「プラットフォーム」の重要性について、詳しくお話ししていきたいと思います。

これからサブスクリプションビジネスを開始された方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

サブスクリプションとプラットフォームの重要性

サブスクリプションビジネスでは、顧客数が増加するにつれて、その増加した顧客に対応するため、「プラットフォーム」を構築しなければなりません。

プラットフォームとは、関連性の高い商品やサービスを、一つに集め纏めたものであり、プラットフォームビジネスの代表格としては、ECサイトが挙げられるでしょう。

大きな意味で捉えると、WindowsなどのOSもプラットフォームであり、このようなプラットフォームを用いる必要があります。

このような大きなプラットフォームを開発するには、多くのコストが必要になり、大変な作業になってしまいますが、既存のプラットフォームを利用する場合にはそれほどのコストは必要ありませんし、サービス面や機能性に関しても充実しているものが多いので、安心して有効的に活用することができるのです。

サブスクリプションビジネスを進めていくにつれて、顧客の情報をより細かに分析するためにも、プラットフォームを構築させることは必要不可欠なことなのです。

プラットフォームを選定するポイント

顧客情報をしっかり分析できるか

サブスクリプションビジネスを成功させるには、顧客の利用状況を細かく分析し、そのデータに基づいたサービス改善を行わなければなりません。

ですので、プラットフォームを選定する段階で、より細かに顧客分析をすることができるか、ということがひとつめのポイントになることでしょう。

重要となることは、顧客個人のサービス利用時間や利用料金のデータが収集できるかということ、また顧客動向に応じた利用料金やプランなどの変更を行えるか、ということです。

また優れたプラットフォームであっても、利用料金が高額であれば現実的に運用は不可能ですよね。

高機能なものは利用料金も高額になってしまうので、コストを考慮しながら選びましょう。

利用目的に合っているか

プラットフォームそのものが、自社の利用目的に合っているか、その目的を満たすようなスペックを持っているか、ということもチェックしておきましょう。

数あるプラットフォームは、それぞれに機能や対応業務が違いますし、提供されているサービスも異なります。

サービスにおいても、レンタル、代行、定期配送、オンラインサロンなど、それぞれのプラットフォームにオリジナル性があるので、自社にとってどのサービスが有効的であり、売り上げを向上をさせるための機能や顧客増加に繋がるか、ということを考慮し、それらすべてが揃っているプラットフォームを選び、活用していきましょう。

初期トラブルのリスクは少ないか

プラットフォームを選ぶときは、できるだけ初期トラブルが少ないものを選ぶことをおすすめします。

たとえば顧客がサブスクリプションサービスを利用した初期段階で、トラブルが起きてしまえば、そのトラブルがマイナスのイメージを与えてしまい、サービスから解約されてしまうリスクが高くなってしまいます。

このリスクを少なくするためには、実績があるプラットフォームを選ぶことでしょう。

実績があるプラットフォームでは、数多くのトラブルを解決することができるので、大きな問題になることはないと思われます。

実際にプラットフォームの使い勝手を確認し、そのプラットフォームでサブスクリプションをビジネス展開することができるか、ということを判断してください。

まとめ

以上、サブスクリプションに関する「プラットフォーム」の重要性についてお話しさせていただきました。

現代ビジネスのトレンドとも言えるサブスクリプションビジネスを成功させるには、顧客の需要を知り、意識の変化を常に気付くことが重要です。

その上でプラットフォームを有効的に活用することで、バックオフィス業務の効率化を図ることができるのです。

この流れこそ、サブスクリプションビジネスを成功へと導くポイントになりますので、ぜひさっそくプラットフォームを活用してくださいね。

まずは気軽に問合せ