サブスクリプション

サブスクリプションビジネスを成功させるポイント

サブスクリプションビジネスは、現在多くの企業が実践している主流の一つとも言えるビジネスです。

商品を購入するのではなく、商品を利用する権利を購入するという方法は、流行り廃りに敏感なジャンルはもちろん、常に成長し続ける子供向けの商品などとも相性が良いことから様々なジャンルの企業が導入しています。

そんなサブスクリプションビジネスですが、実際に成功している企業や事業主にはいくつかの共通点があります。

そこで今回は、サブスクリプションビジネスを成功させるためのポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイント1:ユーザーにお得だと思わせる

サブスクリプションビジネスを成功させるためには、ユーザーにサブスクリプションを使った方がお得だと思ってもらう必要があります。

既に、顧客になっているユーザーにサブスクを利用してもらうことはさほどハードルは高くありませんが、サブスクビジネスの障壁の一つと言われているのが、新規顧客の獲得の難易度が若干高いと言う点です。

ですので、新規顧客を獲得するためにも「トライアル期間」を設けたり、お得だと思ってもらうようなキャンペーンを定期的に打ち出す必要があります。

実際に使ってみるだけでも、商品の使い心地や使い勝手使用感など様々な情報を消費者側は得ることが出来るため、新規顧客獲得には非常に有効だと思います。

そこでユーザーに、「この価格でこの商品を継続的に使うことが出来ればお得だな」と思わせることが出来れば、サブスクビジネスとしては成功したと言えると思います。

ポイント2:顧客データをフル活用する

サブスクビジネスは、顧客との距離が他のネット通販などよりも近いため、より身近なユーザーの声を集めることが可能です。

そのため、膨大な顧客データやユーザーの声などをしっかりと商品やサービスに反映させ改善を続けることが成功するポイントの1つになります。

現代は、似たり寄ったりの商品やサービスなどがたくさんあるので、他社との差別化やより充実したラインナップを揃えることが出来なければ顧客はすぐに離れていってしまいます。

そうならないためにも、常にお客様の声を真摯に受け止め商品やサービスの改善をすることが非常に重要になります。

耳の痛い声もあるとは思いますが、サブスクビジネスを成功させるためにもしっかりと顧客データは活かすことをおすすめします。

ポイント3:サブスク自体を使いやすくかつ継続しやすいと思ってもらう

これは、サブスクビジネスに限らず言えることですが、サービス自体をユーザーに使いやすいと思ってもらうことは、ユーザーの解約阻止に繋がります。

ですので、新規顧客獲得だけに注力するのではなく、しっかりと既存顧客にも定期的なアプローチが大切になります。

そのため、様々なニーズに合わせたプランやサービスを提供することが出来るように、ユーザーがお得と感じてもらえるようなプランやサービスを用意しておく必要があります。

もちろんサービスやプラン自体も、ユーザーの声に合わせて随時改善していくことも忘れてはいけないと思います。

長期的に利用している顧客は、周りにもおすすめとして紹介してくれるケースも多いため、そういった常連客とも言えるユーザーがいかに使いやすいサービスや商品を提供することもサブスクビジネスを成功させるためには必要なポイントだと思います。

まとめ

今回は、サブスクリプションビジネスを成功させるためのポイントとして以下の3つのポイントをご紹介してきました。

・ユーザーにお得であると思わせること
・顧客データをフル活用し常に改良改善を行う
・サブスク自体を使いやすいサービスであると認識させる

上記の3つのポイントは、サブスクリプションビジネスを成功させるためには、非常に重要なポイントになります。

実際に、サブスクビジネスを成功させている企業やサイトの多くは、上記の3つのポイントは最低限押さえていると思います。

もちろん他にも、様々なポイントやコツなどがあります。

また、扱う商品やサービスによってもやり方は異なってくると思います。

しかし、今回ご紹介している3つのポイントは、サブスクリプションビジネスにおいて非常に重要なポイントなので、ぜひ押さえておくことをおすすめします。

様々な企業や事業主が参入しているサブスクリプションビジネスは、現在飽和状態でレッドオーシャンとも言われていますが、まだまだやり方次第では参入できる余地はあると思いますし、ジャンルによってはいくらでも工夫を凝らすことが出来ると思います。

ですので、今後サブスクリプションビジネスの展開を考えているのであれば、しっかりと今回ご紹介しているポイントはもちろん、計画ビジョンやメリットデメリットなどを把握した上で、取り組めばまだまだ成功する可能性はありますし、利益を上げることは十分可能だと思います。

まずは気軽に問合せ