サブスクリプション

店舗型サブスクリプションビジネスにポイントシステムを導入すべき理由

ビジネスとして、いかに効率良く利益を生むことができるか、ということは重要なことになってきますよね。

数年前と比較すると、消費者の消費形態も大きく異なってきていますので、従来までの売り切り型ビジネスモデルではなかなか上手く利益を生み出すことができなくなっています。

そんな中で注目されているものが、サブスクリプションビジネスモデルです。

サブスクリプションとは、商品やサービスを利用した期間、もしくは利用した量に対し料金を支払う仕組みであり、企業としては継続的で安定的な売り上げを見込むことができると、今多くの企業がサブスクリプションビジネスの導入を始めています。

特にここ数年では、デジタル領域だけでなく、非デジタル領域までもサブスクリプションビジネスの余波が広がっており、店舗でもサブスクリプションサービスを提供する企業が多くなってきました。

店舗型サブスクリプションを行う際、顧客管理とマーケティングこそ非常に重要であり、それぞれを効率よく行わなければならにないのですが、
この場合非常におすすめなものが、「ポイントシステム」なのです。

そこで今回は、店舗型サブスクリプションビジネスにポイントシステムを導入すべき理由について、詳しくお話させていただきたいと思います。

サブスクリプションビジネスを行っており、ポイントシステムを導入するメリットを知りたい、活用方法を知りたいと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

ポイントシステムを導入すべき理由

店舗型サブスクリプションビジネスにポイントシステムを導入する、最大のメリットは、「ロイヤルカスタマーを増やすことができる」ということでしょう。

ロイヤルカスタマーとは、長期間自社商品やサービスを愛用し、人におすすめし、広げてくれるほど愛着を感じてくれている顧客のことです。

自社そのものや商品、サービスの熱狂的なファンですので、競合他社に乗り換える可能性も低く、自社のみを利用してくれますので、非常に重要な存在になるのです。

ポイントシステムを導入することで一般顧客の好みや利用データを収集し、分析することで、より明確にアプローチをするこができ、リピート率を高めることができます。

もちろん、顧客数が少ない状況では、アナログな方法で管理することができるのですが、今後顧客数の増加に期待したい場合は、データ管理システムを導入することで、利便性が向上するでしょう。

一般顧客からロイヤルカスタマーを育成することで、サブスクリプションとしての売り上げも安定しますし、ロイヤルカスタマーがいるかいないかによって、ビジネスの明暗が分かれます。

基本的にサービス業は、全体の8割の利益は顧客の上位2割が生み出すと考えられていますし、ロイヤルカスタマーは顧客自らが宣伝をしてくれることもありますので、自然に新規顧客の集客にも繋がります。

ロイヤルカスタマーを持つことで多くのメリットがあるので、そのロイヤルカスタマーを生むためにもポイントシステムを導入することが重要なのです。

自社に合ったポイントシステムを導入する

ここ数年でポイントシステムを導入する店舗が多くなっていますので、それに伴いポイントシステムを提供する企業が多くなってきています。

自社に合ったポイントシステムを導入するためには、まず自社に必要な機能を明確に把握しておくことが重要です。

商品やサービスによって、どの機能が必要であるかが変わってきますので、しっかり希望を伝え、それが実現できるかできないかを判断しましょう。

また、もし同業者がポイントシステムを導入している場合は、その事例を参考に、利用実績を確認することで、導入後のリスクを軽減することができます。

たとえばもし、美容業界向けのポイントシステムを、飲食業界が導入すると、過去の重要なデータなどが正しく残せない場合があります。

販促機能による顧客管理数も異なってきますので、店舗の規模に合ったシステムを選定しましょう。

ポイントシステムをアプリ化する

ポイントシステムが非常にメリットが多いことはお分かりいただけたかと思いますが、実際導入するとなると、発行や印刷コスト、またカードを持ちたくない人には断られるというデメリットがあります。

このデメリットを解消するためには、「ポイントシステムのアプリ化」が良いでしょう。

スマートフォンの専用アプリを制作し、ポイントを貯めることで、財布の中にポイントカードが多くなることもなく、ポイントカードを忘れることも減りますよね。

店舗にとっても顧客データをより正確に得ることができますので、非常に良いメリットがあるのです。

まとめ

以上、店舗型サブスクリプションビジネスにポイントシステムを導入すべき理由について、お話させていただきました。

ポイントシステムを導入することは、企業にとっても顧客にとっても良い形になり、継続利用者を増加させ、ロイヤルカスタマーの育成にも繋がります。

特に店舗型のサブスクリプションビジネスを行われている方は、ぜひこの機会にポイントシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

まずは気軽に問合せ