サブスクリプション

サブスク成功のポイントは価格設定にある!

近年大流行しているサブスクリプションは、現在も多くのサービスが誕生し、市場は拡大化を続けています。

そのため、サブスクサービス間の競争も激しくなっており、顧客の奪い合いとなっています。

このような状況の中で、生き残っていくためには、多くのサービスの中から選ばれることが必要であり、そのポイントなるのがサービスの価格なのです。

そこで今回の記事では、サブスクサービスの価格設定について説明したいと思います。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

現在のサブスクサービス

サブスクリプション(サブスク)は、近年異常とも言えるような盛り上がりを見せていましたが、現在では、その盛り上がりも落ち着きを見せています。

しかし、それは、サブスクサービスが減っているということではありません。

現在でも、新規に参入する企業は後を絶たず、あらゆる分野から新しいサブスクサービスが誕生しているのです。

それにもかかわらず、サブスクへの注目度がそれほど高まっていないのは、サブスクサービスが増えすぎているということも原因と考えられます。

サブスクと言う名前を聞かない日は無いというほど、あらゆるメディアでサブスクが取り上げられた結果、消費者は新しいサブスクが登場してもそれほど驚かなくなってしまったのです。

このような理由によって、サブスクが注目されているときには、サブスクと言うだけで集客ができたものが、現在ではそれだけでは消費者の関心を引くことができなくなっているのです。

この状況の中で、サブスクサービスを成功させるためには、消費者にとって利便性の高いサービスであることを強調し、自社のサービスを選択してもらうことが必要になります。

そのためには、消費者のニーズに合わせることが重要であり、長期的にその関係性を継続できる仕組みを提供していくことが必要となるのです。

サブスクをただの定額制モデルにしない!

サブスクとは、一定の料金を支払うことにより、一定の期間商品やサービスを利用できる権利を得ることができるというビジネスとして認知されています。

しかし、定額制モデルと言ったサブスクと同じようなビジネスは以前より存在しており、消費者にとってはサブスクはそれほど目新しいサービスとは言えないのです。

それにもかかわらず、サブスクが注目されるのは、従来のビジネスとは異なり、サブスクが消費者のニーズに合わせたサービスであるからです。

現代の消費者の多様化したニーズに対応するために、消費者のあらゆる情報を収集、分析し、消費者一人一人に最適なサービスを提供することが、サブスクに求められていることなのです。

一般的には、サブスクは定額課金と捉えられていますが、それ以外にも様々な料金体系が存在しています。

具体的には、定額課金のほかに、利用した分だけの料金を支払う従量課金、基本料と従量課金を合わせた定額従量課金などがあります。

これらの課金体系だけを見れば、従来のビジネスと変わりがないように思えますが、サブスクで成功するためには、この基本的な課金体系に、消費者が利用しやすい仕組みを取り入れていくことが必要なのです。

その仕組みの具体的な例として挙げられるのが、料金プランを複数用意するということです。

消費者にはそれぞれの事情があり、サブスクサービスに対しての予算もそれぞれ異なります。

そのため、1つの料金プランだけでは、多様化したニーズに応えることができません。

消費者にサービスを選択してもらい、継続して利用してもらうためには、消費者それぞれの状況に応じた柔軟性のある料金プランを設定することが必要なのです。

例えば、消費者の利用頻度によって3段階に分けた料金プランを用意するなどの対応が重要となるのです。

また、ライフスタイルの変化などにより、消費者の置かれた状況に変化が生じる場合があります。

これは良くあることですので、ここでも、料金プランの変更、サービスの休止や解約といった契約の変更を容易に行えるような体制を整えておくことが必要です。

消費者の負担にならない価格設定が必要!

先程も述べたように、現在サブスクサービスは増えすぎている状況であり、その中から消費者に選択してもらうということが難しくなっています。

そして、さらに問題となるのは、消費者に選ばれたサービスの中でも、競争が激しくなっているということです。

消費者がサブスクに使用できる金額は状況によって変動することがあるため、選ばれたサブスクの中でさらに選ばれる必要があるのです。

そのためには、上記のように、消費者のニーズに合った料金プランの設定が重要となりますが、その際に注意しなければならないのが、価格の設定です。

サブスクサービスの中で、消費者からの支持の高いサービスは、デジタルコンテンツなどの比較的低価格のサービスです。

新しいサービスが登場すれば、価格が多少高くても飛びつく消費者は多いですが、その価格は消費者の負担となるため、継続して利用してくれる可能性は低いのです。

生活に欠かせない商品やサービスでない限り、消費者は自身に負担となるような価格を継続して支払い続けてはくれないのです。

消費者から選ばれ、継続して利用してもらうサービスになるためには、可能な限り価格を下げることも必要なのです。

まとめ

サブスク市場が拡大化し、サービスが増えている中で、消費者に選ばれ、継続して利用してもらうためには、今回説明したように、サービスの価格が問題となります。

もちろん、サービスの内容も大切ですが、いくら良いサービスであっても、その価格が消費者にとって負担になるようであれば、継続して利用してくれる可能性は低いのです。

サブスクは継続利用が前提となるビジネスであり、長期的に継続して利用してもらえなければ利益を出すことができません。

そして、継続して利用してもらうためには、消費者が毎月支払うことができる価格設定をすることが重要なのです。

まずは気軽に問合せ