サブスクリプション

サブスクリプションに必要となるリテンションマーケティングとは?

今、新たな販売手法として注目を集めている「サブスクリプションビジネス」。

ユーザーに商品やサービスを販売、提供している企業であれば、サブスクリプションの導入を考えている方も多いのではないでしょうか。

サブスクリプションとは、顧客が商品やサービスを購入し「所有」するのではなく、その商品やサービスを利用する「権利」を購入するビジネスです。

ユーザーがモノを利用しやすい環境を求めるという、今の時代の背景があってこそ、このサブスクリプションはどんどんシェアを広めています。

そしてそんなサブスクリプションは、映画やドラマを観るとき、音楽を聴くときといったデジタルのものだけでなく、洋服や車などにもサブスクリプションの需要は高まってきているのです。

このようなサブスクリプションビジネスを成功させるには、「リテンションマーケティング」というものがとても大切なポイントになることをご存知でしょうか?

そこで今回は、サブスクリプションビジネスには欠かせない「リテンションマーケティング」を、詳しくご説明していきたいと思います。

これからサブスクリプションビジネスに挑戦しようと思われている方は、ぜひこの記事を最後までお読みになって、今後の参考になさってくださいね。

なお、単品リピート通販についての基礎知識等はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ読んでみて下さい。

単品リピート通販とは?ビジネスモデルや市場規模、メリットなどを1から解説 通販業界で現在最も注目を集めているのが、「単品リピート通販」というビジネスモデルです。この記事では単品リピート通販が注目を集めている...

リテンションマーケティングとは

リテンションマーケティングについてお話していきたいと思います。

サブスクリプションは、一度商品、もしくはサービスを購入したユーザーが再度商品やサービスを利用することで成り立ちます。

サブスクリプションは企業とユーザーが信頼関係を作ることに意味があり、ユーザーが商品を購入後、どのように信頼関係を築いていくか、ということが重要になります。

サブスクリプションはユーザーが繰り返し同じ商品を購入し続けたり、同じサービスを利用してもらうという、継続した利用により、大きな利益を生むというシステムです。

こういったシステムを成り立たせるには「リテンションマーケティング」が有効です。

「リテンション(retention)」とは、「維持」という意味があり、新規顧客集客を行う際のマーケティング活動とはまったく異なり、顧客満足度を高めるためのアフターフォローや、顧客への次回購入を促したりといったことをメインとして活動していきます。

より安定した売り上げのためにも、サブスクリプションビジネスには必要不可欠なものであると言えるでしょう。

リテンションマーケティング効果

リテンションマーケティングを行うことによる効果は、「必要経費」に大きく現れます。

マーケティング活動を行うコストを考えてみましょう。

新規顧客の集客経費、そして既存顧客を維持する経費を比べると、その差はおよそ5倍になるとも言われているのです。

新規顧客に対するマーケティング活動は、ターゲット層を設定し、それに合う数々の広告を配信して集客を図るのですが、既存ユーザーとの関係を維持する場合、既存ユーザーは既に商品を一度購入し使用しているので、良さや魅力、特徴などを把握しています。

ですので企業としては少ないコストで、商品を購入してもらうことができるので、利益率の向上にも期待することができますよね。

商品やサービスをより多く販売しようと、新規の顧客集客を目的としたマーケティングに時間を費やしてしまいがちですが、意識してこのリテンションマーケティング行い、新規集客マーケティングと同じように進めていくことで、より効率よくマーケティング活動を行うことができますし、低コストで安定した売り上げを見込むことができるのです。

既存顧客維持の重要性

顧客の目的が、商品を購入することであれば、商品購入後には企業と顧客の関係が終了してしまいます。

ですがサブスクリプションビジネスであれば、商品やサービスを繰り返し使用し続けてもらうことで、その価値が生まれます。

ですので企業は、商品やサービスが継続して利用する価値があるもの、そしてコンテンツ内容の豊富さ、使い続ける価値のある機能性などの施策を図る必要があります。

そうすると顧客は継続して利用することを選びますよね。

既に商品を購入し、利用した経験がある個客だからこそ、販売企業はそこに重点を置き、重要性を認識する必要があるのです。

正しい施策を図り、日々変わりゆく顧客のニーズに応え、顧客満足度を高めていくことができれば、継続的な売り上げを見込むことができるのです。

まとめ

以上、サブスクリプションに必要となるリテンションマーケティングとは何か、ということについてお話させていただきました。

お分かりいただけたかと思いますが、サブスクリプションビジネスを行う上で、リテンションマーケティングは必要不可欠なのです。

リテンションマーケティングの知識を付けることこそ、サブスクリプションビジネスを成功へと導く第一歩となりますので、ぜひこの機会にしっかり学んでくださいね。

まずは気軽に問合せ